心霊-都市伝説ナビ-

2ちゃんねるの心霊体験や怖い話、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説やオーパーツ等も公開しています。

後部座席の奥にすでに女が座っている

PAK86_taxinaka15075427_TP_V

486 : 本当にあった怖い名無し[ ] 投稿日:2011/09/14(水) 00:01:30.33 ID:I0ca8p5S0 [1/1回(PC)]
数年前ある地方の営業所に出張したときの話。 
終業後飲みに連れていってもらい、終電の車内で寝過ごしてしまった。 
宿まで二駅だし、タクシーで帰ることにしたがなかなかつかまらない。 
しばらく歩いていると、空車のタクシーがこちらに走ってくるのが見えた。 
待ってましたとタクシーを停めて乗り込んで気がついた。 
後部座席の奥にすでに女が座っている。 
乗り込むまではまったく気がつかなかった。 
相乗りか?田舎ではそういうこともあるのかな?と自分なりに納得した。 
運転手に聞かれるまま目的地を告げ、タクシーは走り出した。 
横目でチラリと女を見ると、かなりの美人であることに気がついた。 
しかしなぜかニタニタと薄笑いを浮かべており、気味が悪かった。 
運転手は多弁な男であり、いろいろと話題をふられた。 
俺も嫌いではないのでそれにのってとりとめもない会話をした。 
しかし、運転手は女に話をふることはなかった。 
女はやけにタバコ臭かった。 
車内が、ではなく明らかに女がタバコ臭かった。 
若い女にしては珍しく、カバンなどを持っている様子がなく、手ぶらのようだった。 
十五分ほどでホテルに着いたが、女はなにも声を発することなく、俺の方を一度も見ることなく、終始歯茎を見せながらニタニタとしていた。 
降りたあと、閉じたドア越しに車内を見て驚いた。 
そこに座っていたはずの女がいなかった。 
タクシーはしばらく進み、Uターンして道を引き返していった。 
標示はまた空車だった。 

毎日来ていた母親が明日は来れないからと言ってお守りをくれた

PAK26_kumononakanohi20140209_TP_V

484 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/13(火) 23:45:23.75 ID:nGX8OV6a0 [1/1回(PC)]
俺は23歳の時に1度だけ入院をした事がある。詳しい病名は書かないが、 
医者に詳しく検査をする必要があると言われて期限を設けない入院となった。 

1週間後、毎日来ていた母親が明日は来れないからと言ってお守りをくれた。 
俺は体調の悪さもあり、縁起悪いからいらねえよ!と怒って投げ返した。 

次の日、寝苦しくて目が覚めた。寝汗が凄い。一応、体温を測ろうと体温計は、 
と横を見たら、そこに婆さんがいた…子供の頃に脳梗塞で亡くなった婆さん。 

婆さんは、目を閉じて口にタクアンを咥えて、何故か俺の手を握っている。 
怖過ぎて声が出ない。何故?婆さん死んだはず…その時、誰かの大声がした。 

母親だった。俺の肩を揺すっていて、看護婦がそれを止めようとしていた。 
母親と看護婦の顔を見ながら、俺は急婆さんが亡くなった時を思い出した。 

タクアンを口から必死に取りながら、お婆ちゃんと叫ぶしかなかった俺。 
泣きながら母親に電話する俺。救急車を呼び、自室に逃げて震えてた俺。 

今まで忘れていた。何故、忘れていたんだろう。そう思うと涙が出てきた。 
母親が言った。お婆ちゃんはね、アンタに来るな、って言いに来たのよ。 

母親は何故、病室にいたのか?お守りは何だったのか?今でも疑問は沢山ある。 
1番知りたいのは、婆さんは…本当に俺を助ける為に現れたのだろうか? 

聞く度に、何言ってるのよ!アンタのお婆ちゃんじゃない!と怒っていた 
母親も4年前に亡くなった。俺に向けたものなのか、母親の最後の言葉は、 

忘れるんじゃないよ。だった。

おまえらも不用意に箱は開けるな

MIYA16012231DSC_0353_TP_V

462 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/13(火) 17:07:48.28 ID:0GxkDVgM0 [1/3回(PC)]
唐突だけど、俺、箱が怖い。 

大きい、小さい関係なく怖い。 
蓋が開いて中身が見えてればまだいいけど、 
蓋が閉まっているともうだめ。 
恐怖で身がすくむ。 
俺が、中学の時の経験が原因。 

母方の祖母の家に、大きな蔵があった。 
土蔵ってやつ。 
子どもにとっては宝の山じゃん? 
夏休みとか、両親と帰省すると一つ下の弟と 
必ず探検をしに入った。 
古い鎧とか、刃を潰した日本刀とか、 
訳のわからん農機具とか、色々面白いものがわんさか。 

その日は、弟は両親と祖母と買い物に出かけ、 
俺は一人で土蔵で宝捜しをしていた。 
弟の面倒をみなくて良いので、 
俺はいつもは行かない奥へと向かっていった。 

人の形をした木の板とか、 
妙な刺の一杯ついた麻袋とか、 
何かいやな雰囲気の物が所狭しと置いてある。 
ちょっと薄気味悪くなった俺は、 
軽く物色すると、戻ろうと振り返った。


続きを読む

あいつ絶対殺す

DSCF5802_TP_V

456 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/13(火) 14:15:13.89 ID:B/mst03Y0 [1/4回(PC)]
友人の話で1つ 
幽霊とかじゃなくてリアルの人間の話 
小学校の頃にいたAって少年は近所でも評判の悪餓鬼で、いつも学校で問題を起こしては先生たちも困らせてた 
赤信号でトラックに轢かれそうになったり、人のものを盗んでほかの人に売りつけたり正直悪餓鬼を越えてしまった感じはした 
そんなAはある日高校生にケンカを売って大怪我をして帰ってきたことがあってな 
みんなは「ああいつものケンカか」って思ってたけどまさか高校生に小学生がケンカを売るなんて思わなかったから吃驚もした


続きを読む

物凄く低い声で「運のいいやつめ・・・」って聞こえた

PAK85_hasamiippai1252_TP_V

449 : 1/5[sage] 投稿日:2011/09/13(火) 11:56:54.90 ID:B7Bdw9Uy0 [1/7回(PC)]
高校生だった俺は、ボロい学生寮に住んでた。 
先に断っておくが、自殺とか殺人があったって話もなければ、 
建っている場所も昔は畑があっただけっていうオカルト要素ゼロな所だった。 
その日は、深夜までベッドに座り、壁にもたれかかって漫画か何かを読んでいたと思う。


続きを読む

音のする方に近づいていったんだ

P1030623-Edit_TP_V

447 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/13(火) 09:39:09.60 ID:k+yVkxPe0 [1/1回(PC)]
私、不眠症なので一時、良く夜中(深夜1~3時くらい)に散歩に出たりしてたの 
よ。で、大体決まったルートがあって、コンビニに寄って雑誌とか立ち読みして飲み 
物とか買って、帰宅して……って感じだったんだけど、ある日、いつものルートを通 
っていたら、何か、「タタンッ、タタンッ!」ってリズミカルな音が聞こえてきたんだわ。 

こっちは不眠症だから、逆にちょっとハイになってて、そんなに恐いとかその時は感じ 
なくて、「なんの音だろう?」って寧ろ好奇心の方が優って、引き返したりしないで、 
そのままいつものルートを進んで、音のする方に近づいていったんだ。 

で、段々音が近くなって、音の発信源……に着いた、と思ったら、人が居たんだわ。 
なんて云えばいいんだろう。全くの無表情で道路の真ん中で反復横跳びをやって 
る人が居て、その時の靴の音が「タタンッ」って音だったんだ。 

それだけでも、今思い返せば結構恐いんだけど、その人がタタンッって横飛びする 
度に、街灯に照らされて、その人の手元の辺りがキラッと光るんだよね。 
ん? って思ってよくよく見てみたら、その人、出刃包丁を持って反復横跳びをし 
てたんだ。 

無表情で出刃包丁を持って、深夜に反復横跳び……なもんだから、流石に冷 
や汗が出ちゃって、あたかも道を間違えちゃったような体を装って、さりげなーく、そ 
の場から離脱したんだけど、あれは何か呪いの儀式とかなんだろうか……? 
それとも、ちょっとアレな人なんだろうか? 未だに分からない自分の恐い体験で 
す。

あんた憑かれたことあるんよ

NISdee7451_TP_V

395 : 【1】[] 投稿日:2011/09/12(月) 18:45:47.91 ID:b/cXq5yF0 [1/9回(PC)]
これは俺の話です 
母親と姉に霊感があり、俺も小さき時まで霊感があったそうです 
現在俺は31歳で、5年前ぐらいの出来事です 

当時、仕事を辞めるか辞めないかで悩んでた俺は 
地下鉄に乗りながら、一人で家に向かってました 
人も少なかったので、一番端に座ろうと優先座席に座って本を読んでたんです 

途中駅に停車し、発射し始めた時、何か肩が重くなりいきなり肩がこってきました 
それと共に吐き気を感じ、気持ち悪くて本を読むどころではありませんでした 

なんだこの気持ち悪い感覚は、と思いながらも目をつぶって到着まであと10分ほど 
我慢しようと思い、座り続けていました 

ふと周りを見ると、同じ車両には3~4人しか乗っておらず 
隣の車両は、連結部を挟んだ真横に女性が座っているのが確認できただけでした


続きを読む

「……ァ…………」

paku_kfajio_TP_V

378 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/09/12(月) 16:43:33.01 ID:45ZQmBLC0 [1/4回(PC)]
俺の職場には仲の良い先輩がいた。二人で飯を食いに行ったり飲みに言ったりするような仲だ。 
ある時、俺は先輩と連絡先を交換する。仕事帰りにではなく、たまには休日に飲もうという話になったからだ。 
先輩が携帯の番号を聞いてくるので、俺がそれを教えると、先輩は俺に電話をかけて直ぐに切る。赤外線で送ればいいのにと俺が言うと、先輩は機械音痴であることを話して笑っていた。

 
続きを読む

県大会の予選で俺は受け身を失敗して失神したようだった

DSCF2626-Edit_TP_V

368 : 本当にあった怖い名無し[ ] 投稿日:2011/09/12(月) 00:36:50.71 ID:4stZDtNj0 [1/1回(PC)]
柔道部員だった中学のころの話 
県大会の予選で俺は受け身を失敗して失神したようだった。 
技をかけられ、ヤバイと思った瞬間まで覚えている。 
ふと気がつくと、俺は会場の天井近くにふわふわ浮いていて、遥か上から各試合を見ていた。 
いつから見ていたのかわからない、気がついたら試合をじっと見ていた。 
俺の隣にはシミだらけの顔で、Tシャツの下のガリガリの二の腕に入れ墨がのぞいている中年女性が浮いていた。 
俺はゆっくりと思う方向に移動できた。中年女性もそれにあわせてふわふわとついてくる。 
やがて、うちの学校のエースの先輩の試合が始まった。 
先輩は序盤で有効をとられるも、内股で一本勝ちし、格の違いを見せつけた。 
俺は思わず手を叩いて喜んだ。 
その時の思考は何故か冷静で、なんの疑問ももたず、上から試合を見てるといつもと違ってなんだか見易いなあ、とか考えていた。 
中年女性とは何も語らず、虚ろな顔をしていた。 
そして突然強い風が吹き、俺はバランスを崩した。 
今までふわふわ浮いていたのに、突然重力が掛かったかのように、まっ逆さまに下に落ちていった。 

次に気がつくと、畳の上で看病を受けているところだった。 
すぐに担架が来て俺は医務室に運ばれた。 
さっきまで見ていたのは夢だったのかな? 
しかし、先輩の試合が気になり、医務室を抜け出して会場に出ていった。 
先輩の試合はさっき俺が見ていた内容と全く一緒だった。 
隣にいた違う中学の友達は、俺が話す通りに試合が展開するものだから驚いていた。 
その後、通りかかったマネージャーに見つかって怒られた。そのまま俺は近くの病院に行って簡単に検査をした。異常はなかった。 
話を聞くまで知らなかったのだが、技をかけられ畳に強く打ち付けられた俺は泡を吹いて痙攣していたらしい。 
幽体離脱ってやつかな?しかしなぜ未来に? 
気になるのがあのガリガリのおばさんだ。 
結局一言も話さなかったが、俺の隣にふわふわとずっとついてきてた。 

そのじいさんの仕事仲間は海沿いでかなり津波の被害を受けたみたい

PAKU151219200I9A0600_TP_V

354 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 15:50:17.26 ID:oMO5BWOk0 [1/2回(PC)]
母方の実家のじいさんに聞いた話。 
俺の住んでる地域は一応被災地なんだけど、被害は比較的少ない地域だ。 
停電、断水、物が買えない状態が何日も続いたけど、なんとか自分の家にも住めたし、家族にケガ人等もでなかった。 
けど、そのじいさんの仕事仲間は海沿いでかなり津波の被害を受けたみたい。 
そんで、家のあった場所あたりを片づけだかをしててその帰り、薄暗いとこ歩いてたら、ばあさんの声で「すみません。」っていわれたらしい。 
振り返っても誰もいない。 
つづく


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
最新コメント
スポンサードリンク
メールはこちら

名前
メール
本文