心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    sopuIMG_3321_TP_V

    今から7年ほど前の話です 

    その時行ったのは 俺・友人1・後輩男1女2 の計5人でした 

    いつもは時計回りだったんですが、その時は偶々反時計回りで歩いていきました 

    歩き方は先頭を男が2人歩き、2人目(俺)の後ろに女の子が2人でその片方の後ろを 
    男が歩く形でした 

    図 うまく表現できてませんが、先頭男2人は並んで歩いてる女の間前方を歩いてる感じです 

    後ろの男は進行方向左側の女の後ろを歩いていました 

    ←進行方向 

           ○ 
     ●  ●  
           ○  ●   (男黒丸・女白丸) 

    といった感じで、俺は前から2番目を歩いていました 

    ほぼ中間地点になる奥の駐車場を過ぎ、懐中電灯を持っていって無かったので 
    暗闇を黙々と歩いていました 

    【【関東の恐怖体験】雄蛇ヶ池での恐怖体験】の続きを読む

    25NJ_kuraikumorizoratohuruigaitou_TP_V

    酒々井の東関道沿い。墨っていうところでおおよそ生きてない感じの男が出たと聞いた。 

    白いセーターと黒いズボン、というか白い上半身と黒い下半身だったそうだ。 

    今思えば、男のような気がしただけだと言っている。体格と髪型から。 

    目撃者は残業上がりで深夜1:30ごろに、そのあたりを通過。 

    道が狭く、カーブで対向車に気を使っていたら、曲がり終わりのあたりに立っていたという。 

    酔っ払いか犬の散歩かと思い、時間が時間だけに気持ち悪くも少し驚かされたことに腹を立て、 どんなヤツかバックミラーで確認しようとしたら、変わらずぼーっと突っ立っていたそうだ。 

    だが、どうしても違和感があったそうだ。わかるだろうか。わかる人にはわかると思う。 

    話を聞いたとき、私にもなんとなくだけれど、わかった。 
    生きてない感じがしたのだそうだ。 

    ブレーキ踏んでまで、確かめに戻る勇気はなかったという。 

    ここにはそのあたりに詳しい人もいるだろう。あそこは、出るのか? 

    kazukihiro512154_TP_V

    一昨年の今頃、麻綿原に紫陽花を見にいった。 

    牛久から養老渓谷抜けて、途中から徒歩で行った。 

    いやぁ、あの景観は感動もんで、なんでカメラ持たなかったのかと 今だに後悔している。
     
    あの紫陽花の妖艶さは異状なくらい神秘的で、この世のものとは思えない代物だ。 

    知り合いに会う度、スゲースゲーを連発したんだが 一人だけ変なことを言う奴がいた。 
    写真は撮らないでよかった。 紫陽花は女の血の色だから。 

    なんて無気味なことを言いやがって。。。 

    そいつの話では、紫陽花の中に女が写るってんだけどね。 

    現物を見たのか?って聞いたら、お前について来てる。。。 
    騙されてるんだろうが、ビビった。 

    確かに、帰り道で事故ったんだが。 
    というわけで、ヘタレなんで恐くて行けないんだよ~。 

    GAK85_yorunominato_TP_V

    数年前の晩夏に私は釣行を計画していた・・・、めぼしい釣果を得ないクロダ 
    イ狙いを一番簡単な夜釣りで釣上げようと画策し天気予報を眺めていた。 

    台風が今夜通過するはずだ、こんな日は大きな漁港に非難している筈と台風 通過を待って出掛けた、当日蘇我駅で先に来た電車に乗って釣場を決める事 にしていたら外房線が来たので、迷わず大型漁港の和田浦を目指す。 

    港の外側の堤防は余波を被り徒歩では先端迄行けない様だ、大概こんな日は 港内に非難している筈と一番奥の護岸で寄せ餌(コマセ)を作る、暫くする と一人の釣人が車から降りてこちらに来て『ここでやるんですか?』と。 

    「ええ、今日は港内が狙いですよ」、『一緒にやっていいですか?』「どう ぞ」2人で釣を始めた、と、突然彼はこの周辺のポイントを色々と訊ね始め た・・・、実は彼、休暇を利用して神奈川から遠征して来たらしい。 

    そこは港の外側の堤防先端が大型の実績が有るポイント、そんな事を話てい ると彼はいきなり『じゃあ彼は良いポイント入ったんだ』俺は「エッ!」と 言うしかない、「でも俺が来た時は確か波が・・・」言いかけて止め「じゃあ 彼は良いポイントに入れたんだ」と誤魔化して前方を凝視すると彼はユルユ ルと立上がり丁度背伸びをする様にしてフッと消えた。
     
    偶然見掛けた俺達は「消えましたね?」と声を掛合い『逃げましょう!』と 
    言って千倉迄逃げたのである。 

    goldIMGL0950_TP_V

    大栄とはちと離れているが成田における伝説 

    「朝日さす夕日輝くその下に 銭と金との十億万貫」 

    名称は金塚。成田市に、南羽鳥、小菅、江弁須の3ケ所にこの地名がある。 
    何処かは定かではないらしい。 

    ある武将(豪族)が財宝を埋蔵したおり 秘密保持のため人夫たちを殺害し 
    財宝の近くに埋めた、という話。 

    似たような話は、いくつもありそうです。 

    ちなみに、この金塚を堀起こすと3年後に死んじゃうそうです。 

    shige0713051_TP_V

    山田郡大間々町高津戸の高津戸峡(渡良瀬川)にかかる吊り橋『はねたき橋』。歩行者と軽車両専用の橋。 

    昔、『はねたき橋』の近くの要害山の高津戸城主の山田家の姫が異様な死に方をした。 

    近くの高津戸ダムの建設中にも、作業員が5人も事故死した。 

    10年以上前(橋がワイヤー式の吊り橋だった頃)、3日置きに4人が連続して投身自殺し、3週間で13人が自殺した。 

    たった40日の間に15人もの投身自殺者が相次いだ、 呪われた橋だという。 
    地元で古くから農業を営む神山タキさんは、当時を振り返って 忌まわしい事件をこう語る。 

    「あれは・・・わしが娘の時分に起きたことでなぁ・・・。 哀れな母親と赤ん坊じゃった・・・。 この、はねたき橋から真っ逆様に身を投げてなぁ・・・。」   
               
    町の人総出で捜索したにもかかわらず、 母子の遺体は結局見つからず、数十年経った今も、 この渡良瀬川の川底に沈んだままだという。 

    「それからじゃ・・・恐ろしいことが起きるようになったのは・・・。」 

    夜になると、どこからともなく赤ん坊の泣く声がする・・・。 

    「おぎゃぁ・・・おぎゃぁ・・・。」 

    母親の悲しげなすすり泣きが聞こえる・・・。 

    【【関東の恐怖体験】はねたき橋】の続きを読む

    KAZTDSCF8777_TP_V

    雨降り地蔵 
    群馬県桐生市梅田町 県道66号線近く。 
    地蔵は、弥勒菩薩が現れるまでの間、人々を救うことを使命としてこの世に降り立った菩薩である。 
    雨でもないのに、地蔵が常に濡れているので、この名がついた。 
    地蔵が濡れているのは、湿度の影響や、近くを流れる川の水飛沫によるものだとか、 
    地下水による影響などとも言われている。 
    地蔵の涙ではないかとも言われている。 
    この地蔵に病気が治るように祈願すると、治ると言われている。 

    【【関東の恐怖体験】雨降り地蔵 、梅田町の城山、菱町の心霊旅館】の続きを読む

    naganoharatenne_TP_V

    桐生市梅田4丁目『梅田湖』『桐生川ダム』。 

    自殺のメッカとなっているらしい。 正式名称は、桐生川ダム。 

    数年前、栃木県足利市で、子供2人を乗せたままのRV車が盗まれ、 中にいた子供がダムに突き落とされたという事件がこの場所で起こった。 

    犯人が子供を突き落とした理由は、 逃走するのに子供が邪魔だったからと言う理由だった。 

    【【関東の恐怖体験】桐生川ダムと馬立トンネル】の続きを読む

    kemuriIMGL7015_TP_V

    母から聞いた昔の話です。 

    高崎城跡地なんですが、戦時中は軍隊の駐屯地でしたよね。 

    そこで、野外訓練に出かけた際に飯盒をなくした若い兵隊さんが、 上官に大変叱られ、駐屯地内の木で首を吊って自殺したそうなんです。 

    それ以来、お堀端を通ると「はんごう~はんごう~」と飯盒を探しながら 泣く声がすると、言われていたそうです。 

    うちの母は、あそこから張り出している木の枝に、おばあさんが首吊りして ぶら下がっているのを見たことがあるそうですし、やはり公園内で、服毒自殺 かなにかの男女の心中死体も見たことがあるそうです。 

    このページのトップヘ