【心霊不思議な話】廊下を誰か通ったような気がしたから

262 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/24(金) 21:10:54.13 ID:2Plo3eRt0 [1/1回(PC)]

今の家は新築で中学2年の時に引っ越してきました。 
夕飯を食べて居間でテレビを見てると2~3日に1度は父と私が同時に居間のドア(磨りガラスが入ってる)を見るのです。 
テレビに夢中ですぐにテレビに視線を戻すんだけど、ある日父に聞いてみました。 

私「なんでドアをみるの?」 
父「いや、廊下を誰か通ったような気がしたから」 
私「やっぱそうよねー」 

家族(5人)みんなでテレビ見ていたから誰も通ることはないのに、玄関から突き当りの階段の方へ黒い影が移動してる気配がしてドアをみていたのです。 
そして感じるのは私と父だけ。 

我が家はお寺の近くに家があって(玄関の方向)家の裏(階段の方向)は墓地を埋め立てて建てた家が建っているので霊の通り道なんだねって笑って話は終わったんだけど、全然霊感のない2人が同時に感じるのが不思議でした。 

大人になった今では全然感じません。

【心霊怖い話】おかあちゃん

256 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/24(金) 15:50:18.31 ID:F1PAzHDP0 [1/3回(PC)]
大学1年(20年ぐらい前)、同じサークルにいた(それまであまり親交もない)同級生 
(I君)から、 
「今日、うち(彼のアパート)に来ない?相談したいことがある」 
と真剣な顔で言われ、彼についてそのアパートへ行った。 
築20年は経ってるかな…6畳一間、風呂なし、共同便所。しかし家賃は2万円。 
(今では文化財級かもw、でも20年前は大学1年なんて半分はそんな感じだった。 

I君の部屋は意外とこざっぱりした感じ。 
俺「で、相談て何なの?」 
I君は言いよどんでいたが、押し入れを指さして、 
「何かおる。見て!」 
正直、I君の必死な顔に笑い出しそうになったけどこらえた。 
俺「何がおるんや?」 
I「毎晩あっちから何かが出てくるんや」 
意味分からんw とりあえず0感な俺は押し入れのふすまを開ける。中身は空。 
(たぶんIは片づけておいたんでしょう 
I君は「そ、そこに何か貼ってるでしょう?見て!見て!」 
言うやいなや彼は部屋を飛び出した。


続きを読む

【心霊不思議な話】23歳の時、バイク事故で死にかけた

204 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/24(金) 00:44:46.44 ID:0uykf/oU0 [1/6回(PC)]

23歳の時、バイク事故で死にかけた(脳挫傷等で全治半年)。 
7年経った今でも事故当日の記憶が戻らないんだけど、 
事故直前、俺は一緒にいた仲間4人に財布、ケータイ、グラサン、タバコをまるで形見みたいに手渡し、 
キョトンとする彼らに「バイバーイ」と笑って手を振って、バイクで走り去ったのだそうだ。 
その場には15,6人いたんだけど、みんなが言うには、 
俺はどういう流れも脈絡もなく、いきなり「コレやる」と言って、4人に所持品を押しつけたのだという。 
もちろん自殺する気など毛頭なく、1000%不慮の事故。 
(目撃者の話では、飛び出した自転車をよけようとしてコンクリ塀に激突したらしい)。 
なのに、なぜ自分がそんな行動を取ったのか、いくら考えても思い出せない。 
その時のメンバーにはマジメな奴が多く、全員で嘘をついてるとはとても思えないんだが。


続きを読む

【心霊怖い話】景色の真ん中に白い女がたっていた

GORIPAKU0I9A4164_TP_V

39 : 白い服を着た女性1 投稿日:2012/02/21(火) 19:06:36.29 ID:DhNG6i6U0 [7/13回(PC)]
ある曇りと晴れ間の日俺は昼間TVを見ていた。 
そしてふと窓の外を見た。 
次の瞬間ごうッと音がなって景色の真ん中に白い女がたっていた 
顔は見えない。 
そしてまるで雨が降っているかの様な景色。 
異様な雰囲気から目をそむけて再度見ると景色は日常に戻っていた。 


続きを読む

【心霊怖い話】急に右足を誰かが引っ張るんよ

N784_kingsuransamuhotel_TP_V

7 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/20(月) 22:53:58.90 ID:p81qlNGb0 [1/4回(PC)]
小学校3年生の頃の話な 
幼稚園の時からスイミングスクールに通ってたんよ。その事件が起きるときまでには50mは泳げるようになってた。 
いつものように10人くらいでクロール25mを何本か泳ぐ練習をしてた。んで俺の番がきて飛び込んで泳いでると、急に右足を誰かが引っ張るんよ。 
最初友達がふざけて引っ張ってるのかと思ったんだけど、コーチが監視してるしそんな馬鹿いねーだろと思って水中を見ても誰もいないの。


続きを読む

【心霊怖い話】祖母は少し頭がおかしい

PAK76_aoihikarito320150218182522_TP_V

958 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/09/15(土) 03:05:16.29 ID:hHAoJexo0 [1/8回(PC)]
祖母は少し頭がおかしい。思い込みと被害妄想が激しい系の人だった。 
父(息子)のことは好きで、母(嫁)のことは嫌っていた。 
祖母達とは一時期同居したんだけど、色々トラブルがあって途中で出て行った。 
祖母的には母にいじめられていたって認識だったらしい。 
それから変なことが起こるようになった。 

 
続きを読む

【心霊怖い話】行きたくない!なんで!?

LOK_nukarundasandou_TP_V

940 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/09/10(月) 15:53:19.38 ID:NAaZDtoX0 [1/9回(PC)]
中学校の時の話。 

林間学校と登山が何故かセットになっていて、体力に全く自信がない私は登山が憂鬱だった。 
登山するって聞かされてたのが、地元でも有名な標高の高い山だったから。

 
続きを読む

【人間の怖い話】新しいゲームを買ったからうちに来ない?

PAK85_rakugaki20141223105016_TP_V

931 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/09/10(月) 06:35:03.16 ID:flyr5cpb0 [1/7回(PC)]
ある日、Tちゃんから、新しいゲームを買ったからうちに来ない?と誘われた。 
Tちゃんと遊ぶのはひさしぶりだったが、お姉さんのこととかクラスの子に見られたらどうしようとか考えて、う~ん…とためらったが、Tちゃんのことが嫌いなわけではないので行くことにした。 
Tちゃんと新しいゲームをしておやつを食べて…楽しくあそんだ。 
トイレに行きたくなり、「Tちゃん、おトイレかしてね!」 
Tちゃんの部屋は2階にあり、トイレは1階の玄関前。 
何度か借りたことがあったから知っていた。 


続きを読む

【人間の怖い話】「死体だ!死体だ!ミイラだ!」

GAS0I9A5168_TP_V

919 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:41:20.20 ID:JQH0VZ0K0 [1/2回(PC)]
実家の近所に超貧乏な母娘家庭があって周りの人達からちょっとハブられてたんだ。 
でもうちの母親はお節介だからたまに様子を見に行ったりしててさ 
そのうち娘さんが体調を崩したとかいう話があって、しばらくしてうちの母親がまた様子を見に行ったんだけど鍵がかかってて誰もいないらしい。 
で、うちの母親は心配になって(田舎もんだから出来る所業なんだけど)庭に回って窓から覗いたらしい。 
そしたら布団が一組ひいてあるだけで誰も寝てないし、人の気配もしないから「入院してるんじゃないか?」って話になったわけ 

入院してるならいっか~って、すっかり忘れてたらその年の夏休みに 
そこの家に救急車やらパトカーやらがきてて大騒ぎになってんだ。 
なにがあったんだ?!ってビビってたらうちの母親が通報者だったらしい。 
母から聞いた話によると家で洗濯してたら小学生が叫びながらうちに来たらしい。 
何事かと思ったら「死体だ!死体だ!ミイラだ!」と言っている。 
その小学生に連れられて来たのがその母娘ん家。ガラスが割れてて(それは小学生がやったらしい)

 
続きを読む

【心霊怖い話】色々噂のある不気味な空家があった

WARETAMADO0I9A4924_TP_V

912 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/09/05(水) 14:48:56.38 ID:J+1Pn3Eq0 [1/1回(PC)]
地元に「一家心中した」とか「夜逃げした」とか色々噂のある不気味な空家があった。 
ある日そこへ友達と侵入した。 

中に入ると、まさにある日突然一家全員が消えたかの様な生活感が残りまくった風景が。 
台所のコンロには鍋が置いてあるしシンクには使った後の皿があるし 
家具も全部あるし子供の部屋には学習机とかジャンプとかおもちゃとかそのまま残ってた。 
それが逆に不気味でもあったけどいかにも荒廃した廃墟って感じでは無かったので 
特に何も思う事なく家中を散策していた。 

でも1Fに一室だけ異様な雰囲気のする座敷の部屋があった。恐らく客間かな。 
異様な雰囲気と云ってもたまたまその部屋だけ陽が差してなくて暗くて怖かったってだけなんだが。 
で、その部屋に入り押入れを開いた。高そうな布団や座布団と小さな箱が入っていた。 

その小さな箱を開けるとここに住んでた家族と思しき人らが写ってる写真の束が入ってた。 
暇だったので一枚一枚見ていく。全部で30枚ぐらいあっただろうか 
写真の束の一番最後に紙があったんだがそこに 
「ごめんなさいわたしはくるってます」 
って書いてあって何だか怖くなって急いで友達と空家を後にした。 
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
メールはこちら

名前
メール
本文