心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    P1000370_TP_V

    それから何か月かして、暗子のことも私の中で整理がついた頃陽子から連絡がきた。 
    電話の内容は「暗子を待っているのだけど、3時間待ってもでてこない」というものだった。 
    暗子は亡くなっているのに何をいっているのだろうと思い「暗子は亡くなったよ?誰と間違えているの?」と聞くと、陽子は「それが亡くなったのは嘘で、暗子は生きとったん。暗子が生きていると証明するために実家に連れて行ったけど、家に入ったっきり暗子が出てこんとよ」と状況を説明してくれた。


    【【恐怖体験】何十人の人間が皆一様に口角を上げ笑いながら並んで正座していた 後編】の続きを読む

    このページのトップヘ