心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    ZUB_DSC_0300_TP_V

    その時は大して気にしてなかったので詳細な日時は不明だが初夏のこと。7月だったと思う。 

    その日の昼頃、俺は帰宅しようとチャリで家の前を通ったんだ。 
    そしたら家の窓辺に女がいた、、、 

    いかにもアレな顔をしていて只々、恐ろしかった。 

    けれど母親が似てなくもない。「今日は仕事が休みなんだろう。 
    さっき見た顔だって、考えてみれば屋外が明る過ぎて見えるわけない。」 

    そう思いつつ、何処かで恐怖を感じつつ、家のドアを開けたが誰もいない 

    うちはマンションだから隣の家と間違えても不思議じゃない。 
    その日のことはただそれだけ。

    【【不思議体験】九州の「おふどうさん」】の続きを読む

    B102_hassyabell_TP_V

    今から2年くらい前の話。 

    当時俺は若干田舎なとこにあるライブハウスで働いてた。 

    ある日、いつも通り店が終わり、スタッフの子と二人で重いビンごみを捨てにごみ捨て場へ向かった。 

    23時過ぎだった 

    そのライブハウスのすぐ脇には踏切があるんだけど、ゴミを捨てるときはその踏切をわたって50m先くらいにあるゴミ捨て場までいくんだよ 

    二人で話しながら店を出ると、丁度踏切が鳴り出した 

    話しながら踏切に向かって、遮断機が降りたので、踏切の左端のほうに立ち止まった 

    【【恐怖体験】踏切で出会った口裂け女】の続きを読む

    PED_ekinohomemini_TP_V

    お盆前のこと。 

    終電で帰った日、ホームから改札に向かう階段の踊り場で、おばあさんが荷物を2つ持って立ってた。 

    ホームの一番端からノンビリ歩きながらその様子を見てたんだけど、すれ違う人はさっさと階段上がっていってしまって誰も手を貸さない。 

    私が階段を登り始めた頃には、おばあさんの他には誰もいなかった。 おばあさんは小柄で、見るからに力がなさそう。 

    【【不思議体験】お盆に出会ったおばあさん】の続きを読む

    ELF85_senromen20140608151908_TP_V

    つい最近、友人に呼び出されて飲んでいたら、帰る頃になって、そいつが幽霊出る踏み切りがあるらしいから、みんなで行ってみようぜって言い出した。 

    会社の同僚だかが、そこでなんか見たらしい。 

    俺は嫌だったんだけど、他のみんなは酒入ってることもあり乗り気。 
    夜中になんの変鉄もない踏切に連れてこられた。 

    【【恐怖体験】線路の隙間】の続きを読む

    NKD2017_DSC5532_TP_V

    ある山にビバークしてクマを追っていた日のこと。突然、傍らで寝ていた相棒の猟犬が立ち上がり唸りだした 
    「どうした?」と声をかけても、普段ヒグマにさえ怯えない相棒の猟犬が、全身の毛を逆立て、テントの一点を見つめて唸っている 
    これはもしやヒグマの夜襲かと思い、ライフルを構えながらテントを開けると、猟犬はものすごい勢いで飛び出していった 

    【【恐怖体験】北海道で猟師をしている人の話】の続きを読む

    20140208-P2080045_TP_V

    それは私が地方のローカル私鉄で運転士をしていた頃の話です。 

    季節は晩秋の…空には星も月も無く、風も無い暗い晩のことでした。 

    時刻は終電間際、この乗務が終われば本日の勤務も無事終了。 
    ひとつひとつ小駅を拾うように列車は山間の単線を走っています。 

    とある無人駅を過ぎ次の駅も無人駅、ここで車掌が運転台に来ます。 

    次の駅は改札口が前寄りにあるので集札に備えての何時もの慣習。 
    後輩の車掌と遮光幕の下りた暗い乗務員室で軽い雑談を交わします。 

    山合いを抜け田園地帯、前照灯が直線のレールを照らしていました。 

    進行左手には細い生活道路が並走し、右手には枯れた畑と田んぼ。 
    疎らな人家の裏手、線路は緩い上り勾配、あと1分ほどで到着です。 

    ふと進行右手のビニールハウスの辺り、奇妙な人影に気付きました。 
    【【不思議体験】奇妙な人影が線路内に進入】の続きを読む

    このページのトップヘ