心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    YUKISDIM3392_TP_V

    今年の夏に旧由良トンネル行ってきました! 

    なかなか雰囲気は怖かったですが、なんで心霊スポットって言われるんですかね 

    トンネルの中でクラクションを鳴らすと、車の空いてる席に何かが乗ってくるらしいです。 

    びびりやったんで結局試しませんでしたけどねw 

    誰かやったら、報告お願いします・・・

    COW135112421_TP_V

    和歌山の加太の淡嶋神社の人形の大群が不気味。 

    地下には曰く付き人形がたくさんあるみたいね。 

    参道の店には稲川淳二のサイン色紙もあった。 

    その近くの友ヶ島も心霊スポット? 

    ナックルズ系の雑誌に載ってた。 

    でも今じゃコスプレのメッカになりつつあるみたいだけど。

    YAMAyamasha-07_TP_V

    心霊スポットっていうか神聖な場所だけど 

    1回しか行ったことないけど 

    和歌山の橋本の奥にある不動山の巨石って 

    ところいろんな意味で凄い 

    昼にいったんだけど巨石の洞窟?に 

    着物来た真っ白な人見たし 

    心霊写真がたくさんガチで撮れた 

    *訪れた記念に景色を残しておこうと思って写メを撮ったら

    あまりにも写りすぎて怖くなって写メは全部消してしまった・・・ 

    でも、消さなきゃ良かったかなってちょっと後悔してる 

    階段が500か800段あってキツイけど 

    いい所だからまたいきたいなぁ

    AME863_kouzan75_TP_V

    香芝のどんづるぼう近所だ。

    学校の行事で中に入ったけど、暗いしけっこう湿っぽくて怖かった。
     
    ご近所さんは何かしら見聞きしてるみたいだって聞いた。
     
    防空壕もとい陸軍の司令塔予定地だったみたいだけど、

    落盤で掘ってた人がめっちゃ死んで使えなくなったとか? 

    掘り出されないままの人も多いので、みんなが立ってる一枚岩の下とかには多分まだ埋まってるで。

    って言われてヒエエエってなったな。 

    冗談かと思いきや本当の話らしく・・・。 

    PPP_supi-ka-_TP_V

    7年か8年くらい前の話 

    今も親交のある友達二人+私で、県内でも有名な城下町に遊びに行った 

    旅行の目的は城+足湯…………と思ってたのは私だけだった 

    友達二人は私に内緒で、心霊スポットに行く予定を立てていたらしい 

    私は霊的なものは信じている方なので、遊び半分でそういうところにいくのはものすごく嫌だった 

    が、数の暴力とはよく言ったもので、

    私の反対など気にも留められず心霊スポットめぐりが始まってしまった
    【【恐怖体験】スピーカーから聞こえてきた音】の続きを読む

    bitcoinPAKU6034_TP_V

    高校生の頃、道端で金を拾った。
     
    それも10円とか100円ではなく、500円玉を4~50枚ほど。 

    バッグに入っていたわけではない。 

    自宅近くの交差点から川沿いの道を通り、 

    公園に行き着くまで直線にして大体2kmぐらいの範囲の道に、 

    ところどころ散らばっていたのだ。 

    貧乏学生だった俺にとって臨時収入といえるこの金は、 

    まさに渡りに船。今なら何らかの事件性も考えて、 

    警察に連絡するのかも知れないが、 

    当時の俺はそんなに生真面目な学生でもなかったので、ゲームを買ったり、 

    友達との交友資金に使ったりと、大切に使わせてもらったわけだ。 

    拾った金を使い切った次の日。 
     
    【【恐怖体験】高校時代に拾ったお金が・・】の続きを読む

    BUKIMIs0I9A5158_TP_V

    友達四人をうちのアパートに招待した 

    馬鹿な話しながら、コタツでまったりしていた 

    そしたら真夜中過ぎに、隣人の部屋から女の声 

    毎日なんだけど、「うふふっ」て声が聞こえてて、

    いちゃつくならホテル行けや、って思ってた 

    その声が聞こえた途端、四人が黙ってしまったのに笑った 

    静かにしたってエロいのなんて聞けねーし、と思いながら四人を見ると、

    隣じゃなくて俺を見てる 

    なんだ?、と聞こうとしたらまた女の声 

    同時に四人がドアへダッシュ、俺もわけがわからないけど、後に続いた 

    四人がアパートの入口で足を止めたので追いついたけど、

    すぐにお祓いしろとか言われて呆然とした 

    どうやら女の声は隣人の部屋からではなく俺の部屋

    というか俺の背後から聞こえてたらしい 

    声がした先をみたら、肩くらいまでの髪の女が俺の耳元で笑っていたらしい
     
    二年気づかなかった…… 

    NAT88_aoiyaminisakumannjysyage_TP_V

    犬が亡くなった後気持ちが落ち着いて、愛犬が骨になったのが単純に不思議で 

    家に置いてある骨壺をたまに覗いてみたりしていた俺は、

    ためらいなくそれを前の方に出してきて開けた。 

    犬の骨壺と違って、結構重さがあった。

    何と説明すればいいのか分からないけど、イカの塩辛っていうの? 

    あれだと思った。臭いし、親戚の家で食べたことがあったから。 

    すげえくせえなあと思いながら、家の中が薄暗いせいで、形はすぐはっきり分かったんだけど、

    色が分かるまで少し時間がかかった。 

    腐った血だった。何か混ぜてあるのか、本当に塩辛っぽいような状態(液体じゃない)だった。
     
    そこにイカみたいな白いものが浮いてる。 

    この悪臭は塩辛の臭いじゃないんだと思った瞬間えずきそうになったが 

    水面に所々固まった血の上のぶつぶつが動いてるように見えて思わず目を凝らした。 

    よく見たら虫のようだった。多分ウジ。それが無数に小さく蠢いてる。 
     
    【【恐怖体験】一族の"業" 後編】の続きを読む

    NAT88_aoiyaminisakumannjysyage_TP_V

    どの一族にも大なり小なり"業"というものがある。 

    祖父の建てた家はまだ新しいが、業というのは血につきまとうんだと。

    (詳しく言えば物質的に離れれば多少緩和される類いのものもある。) 

    俺の一族が何をしてきたかそんな大昔のことは、

    昔から地位があったり歴史のあるような家ではないので分からない。 

    だが、祖父の知る限り祖父や祖母や親類も、男親に縁の薄い業の元に生まれているという。 

    それも結構強いものらしく、

    祖父の父の何代か前の人が寺に入ってからというもの

    少しでも業を軽くするために、
    代々努めていると。 

    俺の両親は離婚して、よく覚えてはいるけれど俺に父親はいない。 

    その父親だった人の父は幼い頃に見た額縁に入った白黒写真でしか顔を知らない。病死だったと聞いた。 

    その人は、父が物心ついた時にはもう亡くなっていて 

    父もまた母子家庭で、お金がなく苦労したと昔聞いたことがある。 

    そういえば祖母の実家も父がおらず(精神病による自殺らしい) 

    祖母の兄(祖母の兄弟の中でただ一人の男)も鬱病で家の中にこもりっきりらしい。 

    親類もみな、父親がいなかったり 

    いても精神を病んでいたり、人格破綻者。 
     
    【【恐怖体験】一族の"業" 中編】の続きを読む

    NAT88_aoiyaminisakumannjysyage_TP_V

    まず、今回の話に関係のある人間を簡単にまとめておく。
     
    [本家I] 

    祖父 叔父(母の弟) 叔父妻 叔父息子(Sとする) 

    [分家B](俺の実家) 

    俺母 俺 俺妹 

    それと、A村、そしてとり敢えずはK町のすべての人間。 

    事の発端は約20年前、叔父妻が叔父に嫁いだことから始まった。 

    祖父と今は亡き祖母、当時20代後半だった俺の母までもが猛反対したが

    そもそもが叔父のほとんど一方通行な一目惚れ。
     
    叔父がこの人以外には考えられない、

    叔父妻との結婚を認めてくれないなら一生結婚しない、

    というのでほとんど強行突破というか、
     
    叔父が我を通す形で祖父母と母としては泣く泣く縁談がまとまったらしい。 
     
    【【恐怖体験】一族の"業" 前編】の続きを読む

    このページのトップヘ