心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    PAK85_harunootozurewomatu20150125110931_TP_V

    中学の時、修学旅行で京都に行った。 
    京都の有名どころをだいたい回って、夕方にはホテルに着いた。 

    私たちの部屋は5、6人が横になって寝れる大部屋で 
    夜には布団を敷いてみんなで雑魚寝の体制になっって雑談してた。 
    まあ例によって恋愛話とか、だれかの愚痴とかだけどw 

    【【恐怖体験】修学旅行で京都に行った】の続きを読む

    SDIM3157_TP_V

    息があがっていた、叫びが止んで廊下に耳を澄ますと音はしてなかった 

    そこへ階段を上がる音が聞こえてくる 
    俺はその音だけで安心していた 

    ガチャと扉が開きそこには怒っている父親が立っていた 
    父親「おまえ何時だと思ってるんだ近所に迷惑だろ」と頭をガツンと叩かれた 

    だがそんな父親の怒りより俺には廊下の音の方が怖かった 
    父親と一緒に1階へと下りる最中、ふと穴の方へと目がいった 

    【【恐怖体験】引越し先の家がおかしい 後編】の続きを読む

    SDIM3157_TP_V

    俺は興味が沸いたので懐中電灯を持って2階へと行って穴の中を覗いて見た 
    一筋の光が真っ暗だった部屋の中を薄く照らす 

    中は荷物やダンボールの箱でいっぱいだった 
    耳を澄ましてみるが弟の聞いたような引きずる音は聞こえなかった 

    ・・・・・ 

    こうしていると不気味な気分になってくる、2階には自分しかいないことを思いだす 

    途端に寒気がした 
    階段から父親が上がってきた 
    【【恐怖体験】引越し先の家がおかしい 中編】の続きを読む

    KAI428027_TP_V

    JR北陸線虎姫-長浜間、長浜市内のJR北陸線虎姫-長浜間で新快速電車が非常ブレーキを かけて停車した。 

    運転士が「線路内に人影を認めた」ためだが、現場に人はいな かった。 

    電車にも線路にも異変は見つからず、関係者は「いったい何があったの か?」と首をひねっている。 

    【【不思議体験】線路内に人影!?新快速「ドン」異変なし】の続きを読む

    SDIM3157_TP_V

    これは2年前、当時、中学3年生だった時の出来事 

    父親の仕事の関係で茨城にある筑波市という所に引っ越した 

    正直3年生のこの時期に転校なんて最悪だと思っていたけど 
    仕事では仕方ないと半分気分は落ち込んでいた 

    そんな俺の気分を更に落としたのがボロクソな引越し先の家 
    初めて訪れた時は長い掃除の幕開けと覚悟をした 

    庭はお菓子やら何かの袋のゴミが散乱していて酷い状況だった 
    更に驚いたのが庭に面している家の窓ガラスが割れていたこと 
    おいおい、ここの管理者は何してるんだと溜め息が出た 

    しばらく庭を見ていると2階から父親の声がした 

    【【恐怖体験】引越し先の家がおかしい 前編】の続きを読む

    PAKU151219170I9A0611_TP_V

    超常現象を取り扱う雑誌や書籍やテレビ番組の報道によると、通過中の船舶や飛行機が突如何の痕跡も残さず消息を絶つ海域とされる。

    消息を絶つ直前にコンパスや計器の異常等の兆候があるとされる。

    100年以上前から100を超える船や飛行機、1000以上の人が消息不明となっているとされる。

    「魔の三角地帯(または三角海域)」とも呼ばれている。

    【【都市伝説】バミューダトライアングル】の続きを読む

    PP_rock02_TP_V

    この呪いは、部族の領土を白人に奪われ1811年にティピカヌーの戦いでウィリアム・ハリソンに殺されたインディアン部族、ショーニー族の酋長テカムセ (あるいは予言者であったテカムセの兄弟テンスクワタワ)によるものとされるという。

    その「呪い」は20年ごとに選ばれる大統領の死を呪ったものといわれる。

    いくつかの資料では、テカムセが死んだとき彼の母親が呪いをかけたとされるが、確固たる証拠はない。

    【【都市伝説】テカムセの呪い】の続きを読む

    XEN7615006_TP_V

    スーパーマン役を演じた俳優ジョージ・リーヴスとクリストファー・リーヴの身の上に起こった有名な災厄により、スーパーマンの呪いはポップ・カルチャーの間である程度広く知られている。

    別の情報源は、バド・コリヤーやテリー・ハッチャーなど複数の俳優がスーパーマン作品と関わった後に成功を収めている事実や、個々の「呪い」はそれが起こった分野で起こりがちな災厄であることを理由に、スーパーマンの呪いの存在を否定している。

    にもかかわらず、このジンクスは多数の映画俳優の間で真剣に受け止められており、幾人かは数百万ドルの出演料を提示されても新作のスーパーマン映画への出演を断った。
    【【都市伝説】スーパーマンの呪い】の続きを読む

    000Yama0629_TP_V

    これは祖父が林業を辞める1週間前の話らしく、さらに手記を読んでみると林業を辞める間接的な要因にもなったようです。 

    祖父はその日、沢の付近にいい犬槐の木が生えておりそれをとってきてほしいと依頼をされました。 

    親方にその場所までの行き方を聞いている時のことです。「沢なりに上る道はあるがその道はあるくな」と、言われました。

    道を外れてあえて歩きにくい森の中をいけというのです。 

    祖父は少し疑問に思いながらも言われた通り森の中を進んでいきました。 

    【【恐怖体験】沢なりの道は歩くな!】の続きを読む

    KAI428027_TP_V

    2歳ころの記憶。 

    そのころ家は貧乏だったそうで、古いアパートに住んでいた。 
    遠くには単線の駅があり、そこからカンカンと踏切の音が良くしていた。 

    ある日曜日の昼、いつものようにアパートの下で砂遊びをしていた。 

    同じアパートに住むお姉ちゃんと、自分の母とお姉ちゃんの母親が立ち話をしてた。 

    座り込んで遊んでいてふと顔をあげると、目の前に小学生くらいの男の子が二人いた。 

    【【不思議体験】引越し先でも現れるお兄ちゃん】の続きを読む

    このページのトップヘ