【北海道の心霊スポット】東区の築23年のアパート

nagashiSDIM3457_TP_V

82 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/19(木) 00:48:58.92 ID:g+zp7sjN0 [1/2回(PC)]
心霊スポットかどうか知らないが、東区の築23年のアパート。 
ワンルーム独身用の物件なんだけど、とにかく住人の出入りが激しくて、 
2~3カ月で出て行く人もいる。 
どうやら「出る」らしいんだ。 
中年のおっさんが住んでいる部屋から居るはずもない赤ん坊の泣き声が聞こえると。 
確かに中年女は出入りしているが赤ん坊なんて見た事は無いと。 
その部屋のおっさんはどんどんやつれていって『気が付いている』はず。 
どうして出て行かないのかと思ったら家賃を滞納している雰囲気らしい。 
知人は「ここまじでヤバい」と数カ月で退去したよ。 

 
続きを読む

【北海道の心霊スポット】函館に行く途中にある長いトンネル

ELL85_takaonotonel20140904165524_TP_V

50 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/30(金) 22:18:45.23 ID:I1HnmzLfO [1/2回(携帯)]
この話聞いたことある人いる? 

函館に行く途中にある長いトンネルを真夜中に走っていた時の話。 
トンネルの真ん中辺りで小学校低学年くらいの子供発見! 
磯釣り中の親とはぐれたのか、親に何か事故でもあったのだろうか?とりあえず車を停めて声をかけた 

「坊やどうしたの?お父さんは?」 

「…」 

「迷子かい?」 

「…」 

「トンネルの中は危ないから車に乗りな、外まで載せてあげるから。」 

「…」 

そう言って無言の子供の肩に手を当てて軽く引き寄せようとしたらしい。 
途端に物凄い勢いで振り払い、思い切りビンタされたそうな。 
恐ろしい表情をしていたのでヤバいと思ったらしく焦って車を走らせたら追いかけてきたらしい。 

ただしスピードは遅く、簡単に振り切ったらしい。 

トンネルを出たところに派出所があり、テンパって駐在さんを叩き起こして事情を説明した 

「…今月に入ってから4件目だよ。。。。」 

頬には子供の手のひらの跡がクッキリ。 
10日は残っていた。

【心霊怖い話】その部屋をコンクリートで塞いでしまったらしい

868 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/18(土) 01:28:33.49 ID:ngaFpLS70 [1/2回(PC)]

俺、映像の仕事してるんだけど、あるとき仕事関係の知り合いから 
その人が以前都内の某ホテルで働いていたときの話を聞いた。 
なんでもよく「出る」部屋があって客からのクレームが絶えなかったため 
ホテル側はなんとその部屋をコンクリートで塞いでしまったらしい。 
ところが、そのせいか今度はそのフロア全体に「出る」ようになってしまい 
やむなくホテルは基本的にはそのフロアに客を通さないことにしたという。 
一度クレーマーまがいのヤクザをわざとそのフロアの部屋に案内したら 
翌朝真っ青な顔でチェックアウトしていったみたいなこともあったそうだ。 

当時、ちょうどそのホテルで起きた不可解な飛び降り自殺がニュースに 
なっていたりもしたんだけど、それでもそのときはちょっとした怪談の 
ひとつくらいにしか思わなかった。つづきます。


続きを読む

【心霊不思議な話】黒猫 後編

846 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/17(金) 17:00:30.06 ID:cmJ5xHrv0 [5/7回(PC)]
>>844 
○○町のアパートは自分が高校の時(バブル真っ盛り?)になくなり、あとには 
マンションが建ってました。 
まぁいくら猫が長生きしても、あれから20年以上経ってますから。 
自分の記憶の中に確かにあるのに、もう確かめようもない不思議が一番気持ち 
悪いですね…


続きを読む

【心霊不思議な話】黒猫 中編

843 : 黒猫3/3[sage] 投稿日:2012/02/17(金) 16:45:18.06 ID:cmJ5xHrv0 [4/7回(PC)]
今度は俺と妹が顔を見合わせる番だった。 
「絶対、そんなことない!抱いた感触、喉を鳴らす音、全部覚えてるし!」 
「そうそう!いつもリビングの床で寝てたじゃない!」 
俺と妹が口々に言うと、親父はからかわれてると思ったのかちょっとムッ 
としたような顔をした。お袋が見かねて呆れたように口を挟んだ。 
「○○町のアパートはペット禁止だったよ。飼えるわけないでしょ」 

絶句した。 
両親の顔を見るととてもウソをついているようには思えなかった。 
妹も混乱しているようだったが何かを思いついたように、 
「兄ちゃん、アルバム!昔のアルバム!」 
そうだ、親父は昔からカメラが趣味で、俺と妹の成長記録の写真は山ほど 
実家にある、1枚でも写っていれば勘違いしているのは両親の方とわかる。 
屋外の写真には目もくれず、部屋の中で撮った写真を片っ端からチェック 
した。それでも100枚以上はあったが、全部見終わって背筋が寒くなった。 
本当にくーたんの姿は1枚の写真にも写っていなかった。 
妹も顔色が変わっていたが、それでも自分は小さかったから、何か勘違い 
したんだろう、と自分に言い聞かせているようだった。 

だが俺の方は引っ越し当時10歳を越えていた。 
他の記憶は全部ほぼ正確なのに、なぜ黒猫だけ混乱(?)しているのか? 
(しかも小さい子供とは言え、妹という証言者もいる) 
絶対ぬいぐるみとかじゃない、重み、感触、音、匂いまでリアルに覚えている。 
毎日玄関先まで迎えにきて、遊んでくれた、あの黒猫は何だったんだろう? 

長文申し訳ありませんでした。


続きを読む

【心霊不思議な話】黒猫 前編

841 : 黒猫1/3[sage] 投稿日:2012/02/17(金) 16:43:26.20 ID:cmJ5xHrv0 [2/7回(PC)]

30年近く前…思えば俺が物心ついた時から我が家には黒猫がいた。 
すでに成猫で、目の色はゴールドというか、どこにでもいる黒猫。 
メスで、尻尾が長く、歩くときはそれを立てて優雅に振っていた。 
俺が小学校から戻るといつも玄関先にいる。おかえり、のつもり(?) 
なのかニャ~と短く鳴いて俺の顔を見上げてた。 

黒猫は賢くって人なつっこいとよく言われるけど、例に違わず、人に 
よく慣れていた。それと猫は空気が読めるとも言うけど、人との距離 
の取り方も絶妙だった気がする。 
例えば7、8歳頃の記憶だけど、友達とケンカして機嫌を悪くして帰宅 
すると近寄ってこない。でもアニメか何か見て機嫌が直るといつの間 
にか俺の隣で寝ている。頭をなでてやると俺の膝の上に乗りグルグル 
喉を鳴らす。「くーたん…」と名前を呼んで抱き上げると、俺の耳元を 
ペロペロ舐める。 
グルグル喉を鳴らして、小さな鼻息、ざらざらの舌の感触、リアルに今 
でもはっきり覚えている。 
親から叱られてベソかいてると、微妙な距離をとってそばで心配そうに 
してるとか、覚えているシーンも数年間にわたっていくつもある。 

2つ下の妹も黒猫をかわいがった。何かの包装用の赤いリボンで首輪 
を作り、黒猫につけてあげていた。 
俺「ゆったりめにつけてあげないと、くーたんが苦しいよ」 
妹「うん、わかってる」 
この会話もリアルに覚えている。 

小5の時に親父の仕事の都合で引っ越した。 
ところがこの時期を境に俺の黒猫の記憶が途絶えている。


続きを読む

【心霊不思議な話】悪いものを吸ったんだろ、そうゆう不自然になったなら

824 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/17(金) 13:04:09.43 ID:Q2SsLGwzO [1/3回(携帯)]
小学生の時に家の裏の川で特大の蛙を発見した。どうやって捕まえるかwktkなサイズだった。 
牛蛙とかそんなレベルじゃなくてマンホールの蓋より少し小さいくらいの。 

ちょっと整備された川なんだが、排水が出てくる穴(マンホールくらい)より少し小さいくらいの蛙だった。 

変なのを見つけたらおかんに報告するルールがあったから 
蛙を捕まえて飼って良いか聞いてみた 
「ほんとは見てちゃいかんが、触ったら張り倒すよ、ついてっても張り倒す」 
って言われて残念な気持ちで蛙に水かけたり魚投げたりしてた。 
しばらくしたら横穴(排水口?)みたいな所にノソノソ歩いて消えた


続きを読む

【心霊怖い話】激安の「告知物件」に住んだ

692 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/14(火) 17:16:39.62 ID:TrrZ1gt80 [1/1回(PC)]
 
20年ぐらい前、激安の「告知物件」に住んだことがあんの。 
一人暮らしのお婆さんが孤独死したアパートなんだけど。 
平和な老衰だし、90歳過ぎの大往生で「化けて出ることもねえだろう」って不動産屋と笑ってたんだけど。 
ギブアップして、2か月で部屋を出た。 
ウジと湿気が異様に凄いんだ。床に置いた皮のバックや雑誌にはすぐ青カビ。 
食べ物が腐るのも早くて、クジラのジャーキーなんか3日でウジだらけになる。 
不動産屋に鍵を返しに行ったら、親父のヤツ「やっぱ、人間を食ったウジは威勢がいいのかね」って笑いやがった。 
聞いたら、お婆さんの遺体が発見されたのは死後1カ月後。 
周囲が死臭に気づく時期って、人間の「腐りの盛り」なんだってね。 
畳替えの時には、布団を敷いてた下部分の床にまで油染みべったりだったって言ってた。 
俺、ちょうどそのあたりにテーブルを置いて飲み食いしてたから、なんかゾッとした。 
それだけの話なんだけどさ。



733 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/15(水) 17:03:08.60 ID:k9Acq9i90 [1/1回(PC)]
>>692 
俺以前住んでたボロアパートが、いわく付じゃないけどそんなとこだった 
異常な湿気と隙間からハエが出入りするからすぐにウジがわくんだよ 
ただでさえ不快なのに、そんな過去あったら余計辛い罠

【心霊不思議な話】用水路の向こう側に1メートル弱くらいの黒い塊がある

521 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/07(火) 16:59:24.87 ID:aPlIU21x0 [1/3回(PC)]
小学生の時の話 
俺が友達と下校してて、帰り道にあった用水路の横を通りかかった。 
何の話をしてたかは忘れたが、他愛の無い話で盛り上がってたと思う。 
そんな時、ふと視界の外で用水路の向こう側に1メートル弱くらいの黒い塊があるのに気づいた。 
「ん?何だアレ…」と思って焦点を合わせようとした次の瞬間、その塊は勢いよく用水路に飛び込んだ。 
ジャボン!という音とともに高い水しぶきが上がった。牛蛙とかそんなもんじゃない。 
一緒にいた友達もその黒い塊が視界の端っこで見えてたらしく、二人で驚いて用水路を覗き込んだ。 
その用水路は浅くて、水も綺麗で底までしっかり見えるのだが、その時にはもう何もいなかった。 
別に河童伝説もあるわけじゃ無し、そんな浅い用水路で人が死んだわけでもないだろう 
ただただ自分が不思議だった話


続きを読む

【心霊怖い話】ヘラヘラ笑いながらリズミカルに頭を上下に振っていた

404 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/05(日) 22:31:10.23 ID:F7/0prDu0 [1/1回(PC)]
小学生の低学年だったとき、友達の家に三人で止まりに行ったときの話し。 
一軒家。ご両親、友達の弟の三人もとても歓迎してくれて、 
晩ご飯をご馳走になった後、テレビ見てゲームして、 
友達の部屋で四人でお喋りをしていたんだけど、みんな自然に眠った。 
 
何時間経ったか知らないけど、なんかふと目覚めたとき、 
窓、友、俺、他の三人の順で寝てたんだけど、 
友達の向こう側に白い服着た女の人が正座しているのが見えた。 
目覚めかけだから頭の回転が鈍くてちょっと間があったんだが、 
女の人は友達の顔を、ヘラヘラ笑いながらリズミカルに頭を上下に振っていた。 
 
ようやく俺の頭も動き始めて、枕元に置いておいた眼鏡をかけて、 
もう一度友達の方をみたんだけど、もう何もいなかった。 
そこでようやく、窓の壁と友達の間に人が座れるスペースが無いこと、 
眼鏡をかけてなかったのに女の人の髪の毛がやたらハッキリ見えたことがおかしいことに気がついた。 
夢をみていたのでは無いだろうけど、これが寝ぼけたというやつか?と考えて、 
翌朝みんなが起きてからも何も言わないことにした。 
 
それから日にちが経つにつれ、友達はADHDを発症し、授業をまともに受けることができなくなっていった。 
担任もご両親を呼んでいろいろ話し合ったようだが、成績が下がっていったことで学校を移ってしまった。
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
メールはこちら

名前
メール
本文