【心霊不思議な話】タレント

723 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/06/26(火) 14:26:03 ID:FTFi9Jy0 [1/2] 
昔ドラえもんで気持ち悪い回があった 

題名が「タレント」それ以上何にもなし。 
絵は何か変。ドラエモンだとは認識は完全に 
できるものの、何か引っかかる感じ。 
言うなれば前の絵柄から今の絵柄に急に変わったって感じ。 
普通に色彩もおかしい。のび太がピンク色の 
シャツとズボンが青だった記憶があるところどころ色が通常じゃない。 
BGMは普通。 
内容は意味不明。場面が飛びまくる。 
よくある「ノビタ困る⇒ドラエモンにすがりつく 
⇒道具だす⇒オチ」みたいな感じじゃなく 
「ノビタ&ドラ部屋⇒会話(日常会話)⇒いきなり空き地⇒知らない奴3†4人といる(会話無し) 
⇒場面飛んで商店街⇒また知らん奴現れる 
⇒会話⇒・・・」ってな感じで 
いきなり終わる。知らん奴はただ立ってるのが 
だいたいで、1,2人が喋ってた。 
終わり方は本当にいきなり。会話終了直後 
終わり。なんだったんだろうねあれ。 。 


続きを読む

【心霊怖い話】さっきのありゃじいちゃんの友達だねえ。

292 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/04/23(月) 22:47:30.67 ID:xhj3K7uC0 [1/2回(PC)]
おばあちゃんの家は東北の物凄い山奥にあって、隣の家まで数キロある。 

ひぐらしみたいないい感じの田舎じゃなくて山の斜面にあって、築150年くらい経った屋敷。 
以前は学校として使われていたこともあって、俺は子供の頃から怖くてイヤだった。 
奥の使わない部屋には何故か天照大神の絵とかあったりして。 
俺のおじいちゃんが死んだのがお盆の頃の8月15日なのさ。 
だからウチではお盆と爺ちゃんの命日とを同時に行うのさ。 
もっとも爺ちゃんは俺が生まれた二年後の平成元年に亡くなったから俺は全く記憶にないんだが。 

俺が小学生の頃のお盆、俺は家族とおばあちゃんの家にお盆に参った。 
爺ちゃんの無くなった時間が確か午後八時半くらい。 
晩飯を皆で食べていて、爺ちゃんの分も机に置かれていた。 
 そして、爺ちゃんのなくなった時間になったそのときだった。 
机がガタガタガタガタと物凄い勢いで揺れだした。 
家族全員ビビって、始めは地震かと思ったが他のものは揺れていない。 
俺と姉はマジ泣きし、母さんや親父もビビっていた。 
ふとそのとき、いろりの横にある廊下を、誰かがタタタと走っていく音がした。 
「ケケケッ」とはっきりと高い声が聞こえた。俺大泣き。


続きを読む

【心霊怖い話】血に染まった猫の足跡が一つ

286 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/04/22(日) 13:54:45.91 ID:H+11qpVT0 [1/1回(PC)]
学生の頃の話。友達と4人で深夜ドライブしていた。 
田舎の細い道で周りは民家だったのでカーステの音量を下げて通り過ぎようとしたら、 
運転してたAが急に車を止めた。 

私は助手席にいたのに気付かなかったのだが、「猫を轢いたかもしれない」と言う。 
Aが確認しに行った所やはり死んでいた。 
すると後部座席のBが「猫は祟るから成仏させる為には 
木に吊さないといけない」と言い出した。 
「かわいそうだからやめて、埋めてあげた方がいい」と言っても聞かず、 
結局運転手のAと言い出しっぺのBが実行することになり、 
懐中電灯とビニール袋を持って行った。 
私ともう一人後部座席にいたCは車で待機。 
しばらくして二人は戻ってきた。 

Bがビニール袋に入れて木の枝に吊したそうだ。 
母猫だったようで、終わるまでは子猫が側にいたらしい。 
「気持ちを残すとついてくるから忘れろ」と言われても、 
あんな事しちゃいけないんじゃないかと余計に忘れられない。 

それからしばらくBからの連絡が無く、十日ほどして電話してみると 
熱を出して一週間寝込んでいたそうだ。 
以下Bの話。 

ドライブから帰って玄関のドアを開けると血に染まった猫の足跡が一つあった。 
同棲中の彼女に塩を持ってきて貰い、体に振りかけて盛り塩をした。 
足跡を拭いても擦っても消えない。 
それから一週間彼女も一緒に熱を出して寝込んでいた。 

Bに会ってみるとやつれていたが、その後は何も起こらず 
しばらくして足跡も消えたそうだ。

【心霊不思議な話】「デビル」って映画 見たことある人いる?

277 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/04/17(火) 16:02:44.69 ID:ZsCk6NyxO [1/2回(携帯)] 
映画「シックスセンス」とかの監督で有名なM・ナイト・シャマラン製作の「デビル」って映画 
見たことある人いる?この前DVDをレンタルして見たんだけど 
真っ暗になったエレベーターの中で、警備員の男がかざした携帯の明かりで一瞬明かるくなった時 
男の背後の鏡に、首から上が包帯グルグルのミイラみたいな女の姿が映った。 
 
片目と口が黒く不気味に開いてた。唐突にストーリーとは関係のないものが映りこんだので 
目の錯覚かと思って何度も一時停止して確認したけど、間違いなく映ってた。サブリミナルなのかな?

 

続きを読む

【心霊怖い話】私の家に来なかった?

274 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/04/16(月) 23:04:51.59 ID:pRZ1guVd0 [1/1回(PC)]
私が小学校6年生の時に、大好きな大好きな親友が居て 
土曜日に学校が終わってからその子と遊ぶ約束をしていたんですよ。 

で、土曜日って学校がお昼で終わるじゃないですか、 
1時頃に私の家に来てとその子に告げてお互い自分の家に帰ったわけですよ。 
私は家で一人でお昼ご飯を食べてから寝転んでテレビを見てまして、 
そしたら自分でも気付かない内に眠り込んじゃってたみたいなんです。 
ノックの音で目が覚めて「はっ」っとして起き上がって 
玄関に出るとその子が居て「あぁ、寝ちゃってたよ。ははは」 
なんて話してその子を家に上げたんですが、 
「さっき○○ちゃん(←私の事)私の家に来なかった?」 
って言われたんですよ。 

もちろん寝てたし私が彼女の家に行ける訳がないんですね。 
しかも、私は彼女の家を知らない。。。 
彼女が言うには、私はちゃんと私の自転車に乗って私の着ている服を着て 
彼女の家の前で立っていたそうなのです。 
しかもその「私」は彼女の名前を彼女の家の玄関先で呼んだらしい。 

それに気付いた彼女が窓から私の姿を見て、「今行くー!!」 
と言って玄関に出ると、もう「私」の姿はなかったそうです。 
「私」の姿は彼女のお母さまも見ていますし、あれから6年経った今でも彼女は 
「あれは○○ちゃんだったよ」と言うのです。 

あれは不思議でした。

【心霊怖い話】やっぱ道脇に寝転がってる。赤い服着たまんまで。

9 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/06(月) 02:08:00 ID:88YCqR9e0 
ま、深夜って事で一発いっとこうか。 

以前、深夜ある峠を越えて車で帰宅した時の話だ。 
まー誰もいやしねーとタカくくってちょい飛ばしてたんだわ。 
したらカーブの先にいきなり赤い服着た女が突っ立ってた。 

咄嗟の事だったがギリでかわした。もうスピン寸前って感じ。 
で、慌てて後ろ振り返ったらその女ぶっ倒れてるんだ。 
真っ青になったね。急いで車降りて駆け寄ってみたんだが…。 

マネキンだった。昔の洋品店とかにありそうな、割とリアル系。 
人騒がせだなー!って頭来て道の脇に蹴り飛ばしてやったw 

で、再び車走らせたんだが…もう心臓バックバクよ。 
ガチの事故じゃなくて良かったと。マジ人ひいてたら…ってね。 
が…冷静になって考えると、何故あんな場所にマネキンがある? 
どうにも気になったから引き返してみたんだわ。 

やっぱ道脇に寝転がってる。赤い服着たまんまで。 
なんだこれ?と思って服引っ張ってみたらズルっと脱げた。 
したら…背中に何か書いてあるのが見えたんだ。


続きを読む

【心霊怖い話】あれ以来 我が家は漬物はタブーです

247 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/04/02(月) 22:03:36.59 ID:ayLtjilW0 [1/1回(PC)]
漬物石を探してた祖父が持ち帰ってきたのがブロックの塊 
近くの工事現場に置いてあったからと言う 
バケツのサイズに合わないからと俺に二つに割れと言う 
庭に行きブロックを金属バットで割ったんだ   
男性の叫び声みたいなのが聞こえた 
何か気持ち悪いなーと思いながらも半分の塊を漬物石に 
もう一つは庭の隅に放置してた 
数日経ち 祖父が拾ってきた工事現場で死体が掘り起こされる事件があった 
それと同日の晩 
放置してたブロックに確かにはっきりとした 
驚いたような不気味な男性の顔が浮かんでたのを母が見つける 
いつのまにか白菜漬けも何故だかキムチ色に変化してるし 
死体写真が載る新聞を見たら 浮かんだ顔と同じだった事がある 

あれ以来 我が家は漬物はタブーです 

【人間の怖い話】そっちの車に乗って来たんじゃなかったの……?

241 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/31(土) 12:48:40.88 ID:x/ncoHjf0 [1/1回(PC)]
3年前、父親の田舎へ帰省したときの話です。 

2日目の夜、隣町のレストランまで食事をしに行くことになりました。 
僕らが実家に加わると総勢8人になるので、僕らは祖父の車と伯母の車2台に別れて乗り込みました。 

僕は、昼間はしゃぎ過ぎた疲れで意識朦朧としながら車の外を眺めていた。20分程でレストランに到着し、テーブルへ案内されました。 
僕は車の中にに携帯電話を忘れたことに気付きました。 
「ちょっと車のキー貸してくれる?」 
と僕がみんなに聞くと、母親が伯母に言った。 
「お姉さん(伯母)。ちょっとよしひこ(僕)に車の鍵貸してあげてくれる?」 

しかし、伯母はおかしなことを言った。 

「よっくん(僕)……そっちの車に乗って来たんじゃなかったの……?」 

そう言えば僕はどっちの車に乗ってきたのか覚えていなかった。意識が朦朧としていたから?訳が分からない。頭が真っ白な僕に追い打ちをかけるように皆が口々に言った。 

「こっちの車には乗ってなかったけど。」 

「こっちにも乗ってなかったよ。」 



いったい僕は2台の車のどちらにも乗らずにどうやってここへ来たのだろう。 

ちなみに携帯電話は見つかるわけもないお姉さんの車から見つかった。

【都市伝説】妖精の矢じり

NAT88_aoiyaminisakumannjysyage_TP_V

384 : 粉[] 投稿日:2012/11/15(木) 05:52:17.90 ID:DvqYoIyf0 [1/1回(PC)]
妖精の矢じり 

空から奇妙な細工が落ちてくるということが古くから記録に残されている。 
特に小さな矢じりのような形のものを「エルフ・ショット」と呼び 
これを英国人は得に忌み嫌ったという。 
実際に空から落ちてくるものは様々であり、記録を調べてみると 
金メッキ製品1911年以降、化学製品は1842年以降、 
ボルトやナットは1936年以降、 
プラスチック製品は1955年以降の現象であるとわかる。 
竜巻で巻き上げられたのが原因の一つではないかと言われているのだが、 
1955年インドのビジョリでガラスのビーズ玉が定期的に空から 
降ってくるできごとがあった。 
時には掌ですくえるほど大量に降る事も有ったというのだが、 
それにあわせて在庫が減った工場や倉庫を探したのだが 
一切の手がかりはつかめず、いったいどこで作られたものなのかも 
結局不明なままだったという。

【心霊不思議な話】UFO捕獲事件

LOK_magamagasiisoratosairen_TP_V

383 : 粉[] 投稿日:2012/11/14(水) 01:23:33.93 ID:nXT/m5xN0 [1/1回(PC)]
UFO捕獲事件 

1972年に高知県に住む日本の少年がUFOを捕獲するという事件が起こった。 
夕刻、少年が田んぼの中にふらふらと発光する小さい物体を発見する。 
少年達は、それに対してブロックを投げつけ撃墜。 
観察すると直径15cmほどの銀色の灰皿を裏返しにしたような形状で 
ふるとカラカラと音がしたという。 
少年が持ち帰り大人に見せるも、何かの鋳型だろうといってとりあってくれない。 
そしてタンスにしまっていると翌日消えてしまい、また田んぼに現れたという。 
そして再び少年たちに捕獲される。捕獲されたUFOを少年達は分解しようと試みた。 
まず通気口のような所に水を入れるのだが、UFOの体積以上の水が入ったという。 
何とか周縁部をこじ開けようとしていると、隙間が開き僅かに内部構造をみることが出来たという。 
しかし、少年がひととおり観察すると、また再び閉じてしまったという。 
結局、UFOは少年達が持ち運んでいる途中、逃げてしまう。 

実は私の大学の、卒業生の中にこの事件の少年の一人が居たという話を聞いた。 
大学生になった彼は、みなが忘れかけているこの事件を、 
まだ事実として語っていたという話を聞いた。
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新コメント
メールはこちら

名前
メール
本文