心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    KAI428020_TP_V

    20年程前、友人と連れ立って登山に。 
    福岡のA山へ。 
    登山と言っても、舗装された道路を自転車で登るだけのもので、長い坂道を自転車から降りずに走り抜くという根性見せゲーム。学生時分のことだから、何が楽しいのか分かんないけど数回通った。 
    これは良い思い出。 
    七号目辺りまで登りきると開けて平らになっていて一般的にはここが頂上とされる。駐車スペースと、売店と、綺麗な夜景が見える場所。 
    今回はその先の獣道を進んで見ようという試み。 
    ここに向かう頃にはもう夕方に差し掛かっていて、道中真っ暗闇を歩く事になった。

    当時、携帯電話持ってたろうか忘れた。 
    ともかく視界の頼りは月の光だけだったような。 
    木々に遮られて空の明かりが届かなかった。 
    目が頼りにならないから、枝を投げ、先に道があるかどうか確かめながら進んだ。 
    もちろん怖かったが、興奮と楽しいのが勝った

    【【九州の恐怖体験】福岡のA山へ】の続きを読む

    058horror0523_TP_V

    八王子の散田にある万葉公園って何か事件ありました? 
    いとこがやばい目にあったらしいんですが・・・

    何人かで深夜に屯してたらしいんです。めじろ台の祭りの後だったかな? 

    すると40歳前後のおばさんが歩いて来て子供をみなかったか?と聞いたそうです。 

    【【関東の恐怖人間】八王子の散田にある万葉公園】の続きを読む

    P1000826-Edit_TP_V

    もう20年以上前に近所のおばちゃんから聞いた話。 

    西多摩を流れる川沿いに建つ、地元の所謂「名士」の家に用事があって孫と一緒に行った所 

    孫が部屋の一角を指差して「あの子と遊んでいい?」と言ったので指を指す方を見ると子供など居らず、不思議に思って部屋を見渡しても結果は同じ。 

    【【不思議体験】世間を震撼させた事件の被害者】の続きを読む

    nengetujyumokusone727_TP_V

    昔、山に住んでる親戚のオジサンに舞茸取りに連れて行ってもらった。 
    薮抜けたり川越えたり一時間くらい山の中を歩いてなんとか天然舞茸を GETした帰り、アレに出会った。 
    行きの時にも通った何てことない普通の川、その向こう岸にある木の後ろに。 
    顔の半分だけ出して、じっとこっちを見つめてる。 

    【【不思議体験】山の中を歩いてアレに出会った】の続きを読む

    NKD2017_DSC5445_TP_V

    俺の田舎では、家の仏壇や神棚を粗末に扱う人に対して、『不動さんのリスを見習え』と言う決まり文句がある。この決まり文句の由来はそう古くなく、昭和30年頃だと言う。 
    山の麓には川が流れて橋が架かっており、橋を渡って山に向かうと、大きな岩壁が見えて来る。 
    その岩壁には自然に出来た穴があり、穴の中には『不動さん』と呼ばれる石像が祀ってある。 

    【【切ない体験】不動さんのリスを見習え】の続きを読む

    AME_4533J0A2619_TP_V

    親類が昔、燃料店を営んでいた。 
    今は家長の叔父さんは癌で亡くなり、長男が家を継いでいる。 
    親類の家は山を幾つも持っていた
    山と言っても、頂点を境に斜面を三分割した一部とか、そういう意味での幾つも…だ。 


    【【恐怖体験】親類の家は山を幾つも持っていた】の続きを読む

    KAZDSCF2635_TP_V

    俺が学生時代、リア充じゃないけど男友達なら沢山いた 
    そんな中、クリスマスになってリア充はカップル連れでどっか行ったが、取り残された俺たちは友人の実家でパーティすることになった 
    ただのパーティだとつまらないから、と季節外れの百物語をやることにした 
    よくある、夏の夜中に怪談を話す度にろうそく1本消していく、アレな
    でも、冬だし暖房壊れてるし、こたつだけだと上半身寒いから、ということで 
    逆に怪談1個話終えるたびにろうそく1本ずつ点けて温まろうぜ、って話になった。 
    本来夏にやるものを冬にやるから、逆に点けていくのも一興だろ、ってね。 

    そして出てきたのが、ろうそく100本刺さったクリスマスケーキ。 
    もはやケーキとは言えない、まさに異形だった。 

    酒が入っていたせいかその異形を見てみんなで大爆笑して、 
    一通り笑い転げた後、明かりを消して早速怪談を始めたんだ 

    本当に100話話終えたら幽霊が出てくるのか?と一部の人は怖がって、 一部の人は興味津々で、俺みたいな一部の人はどっちでもいいやって気分でローテーションで怪談をするたびに点火用のろうそくを持って、1本、また1本と火を灯して行った。 

    【【恐怖体験】季節外れの百物語】の続きを読む

    KAI427011_TP_V

    八王子市裏高尾町には「真の道(まことのみち)」という道があり、水子供養のための無数の地蔵が立ち並ぶという。

    国道20号線を高尾山口駅方面へ向い、同駅の1kmほど手前に『西浅川』という交差点がある。

    その交差点を右折し都道516号線で山中に入る。

    【【関東の恐怖体験】真の道(まことのみち)】の続きを読む

    このページのトップヘ