心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    YUSEI_9V9A5412_TP_V

    別に怖い話ではないんですが、私が就職活動の時(4年前)にあった話。 

    某有名ブランドメーカーの就職面接に行った子いました。
    面接官が
    「あなたはどんな事が起きても冷静に仕事をこなせますか?」 
    と、聞いてきたそうです。
    その子が 
    「はい、臨機応変に対処する事ができます。」 
    とか何とか言った途端、
    面接官が一言、「これでも・・?」といって、 
    目の前でその子の履歴書をビリビリに破いた。 

    その子は案の定動揺してしまい面接で落ちた・・・というもの。 
    そのブランドメーカーはそれでどれだけ根性の座っているか見るらしいです。 

    これから面接を受ける学生さん、頑張ってくださいね。

    shiosio_dakdjadafwe_TP_V

    会社の同僚の話。

    会社の同僚は戸建てに一人暮らしをしている。
    もともとは祖父母の住んでいた家で空き家になっていたのだが、就職を機に住むことにした。
    一人で暮らすにはかなり広い二階建ての家だったので、上は物置として使い、一階だけで生活をしていた。

    そんなある日。
    ビールなどを飲んでくつろいでいた時のこと。夜も9時をすぎていたが呼び鈴をならす者がいる。
    誰だろうと思って玄関を開けると、隣に住む60代のおばあさんであった。

    何かあったんですか?と訪ねると、
    「あんたの家の2階に知らない人がいる。」
    という。

    【【恐怖人間】あんたの家の2階に知らない人がいる】の続きを読む

    PPS_yamanonakanominka_TP_V

    小学校に上がりたてだった俺はさっそく出来た友達と毎日のように遊んでた 
    その友達の家は学校から見て山の間反対側にあって小学生の足じゃ1時間ぐらいかかるようなところにあった。 
    で、その友達の家の周りには田んぼしかなかったんだけど、友達の家の向かい側に一件だけ家があった。いかにも昭和初期に出来たようなボロクサイ家で住んでいるのも腰が曲がった小汚いじーさん一人だった。

    【【恐怖体験】昭和初期に出来たようなボロ家】の続きを読む

    erry15051929_TP_V

    これはある検索大手の質問箱に寄せられた質問です。

    ちょっと質問させてくれ。
    M県にある有名な観光名所の滝であったことなんだけど。

    近くには吊り橋とか神社とかあってなかなかの観光スポットなんだ。
    でも最近自殺者が増えて、一部の遊歩道が立ち入り禁止になってしまった。

    でもそういうのが逆に受けて、俺たちの中で格好の肝試しスポットになっていて。

    んでこの前友達の男と二人で、なんとなくそこに行ってみようぜってことになった。
    そのときは肝試しとかじゃなく、本当にただの暇つぶし。

    現地についてぶらぶらしてたら、観光にきていた女の子二人組に道を尋ねられた。
    案内しますよって、観光ガイドのまねごとみたいなまねをやってたらめっちゃ意気投合。
    地元のおいしい晩飯をごちそうするのを条件にこのあとも一緒に観光地を周ることになった。

    もうおもいがけないナンパに成功した俺らはうかれちゃって
    「お前、A美ちゃんとB子ちゃんどっちにする?」なんてひそひそ話とかしてた。

    【【都市伝説】検索大手の質問箱】の続きを読む

    MIYAZAKIDSC_2423_TP_V

    この前家族で、久しぶりに昔撮ったホームビデオでも見ようかということになった。 
    私がまだ5歳ぐらいのころのビデオを見ることになった。 
    ビデオの内容は叔母夫婦とその子ども3人が遊びに来た時に一緒に海へ行った時のものだ。
    とても楽しかったのでいまだに記憶にも残っている出来事だった。 

    みんなで仲良く砂の城を作ったり、妹が転んで泣いたりしている様子を
    「なつかしいねぇ」なんていいながら家族四人で見ていた。 
    しかし、しばらくすると父が黙って映像を巻き戻す。みんなが映っているところで一時停止をかけた。
    その部分は激しく手ぶれして映像や音が乱れている。まあ昔のビデオテープなのでそういうこともあるだろう。
    父はみんなが映る静止したその場面を見ながら首を傾げる。
    どうしたの?と聞くと、不思議そうな顔で言った。 
    「これ・・・誰が撮っているんだ?」 

    PAK86_taxinaka15075427_TP_V

    オービスとは自動速度違反取り締まり装置の総称。
    スピード違反をした車のナンバープレートや車両・運転者を自動で撮影し、後日検挙するための装置だ。

    N県警のとあるオービスには、頻繁に奇怪なものが写り込む事があるそうだ。 
    霧のような黒い影や、謎の光源、中にはぼんやりと人間らしき白い顔まで写るらしい。 

    その為に無用な噂や職務に支障が出ないように、問題部分を目隠しシールで貼り 
    違反者にはその写真を見せる事にしている。 

    【【都市伝説】N県警のとあるオービス】の続きを読む

    sora0I9A4468_TP_V

    飛行機に乗っていて、一番事故に遭遇しやすい時間というものがある。
    それは、離陸時の6分間と着陸時の5分間。
    関係者はそれを「魔の11分間」と呼ぶ。

    離陸、着陸時には必ずシートベルトを締めて、リクライニングを戻し、テーブルも元に戻さなくてはならない。
    これも魔の11分間に対する対策といえよう。

    さらに夜間飛行をするときだけ行われる対策がある。
    おわかりだろうか?

    飛行機に乗ったことがある人ならわかると思うが、夜間飛行の離陸・着陸の際は必ず室内の照明が落とされる。
    これは墜落した際、速やかに避難できるように暗闇に目を慣れさせるためである。

    一般的に言って飛行機事故に遭遇する確率は交通事故に遭う確率よりも低いとされている。
    滅多に起きない事故ではあるが、飛行機に乗る際は死が真横に乗り合わせていることも忘れてはいけない事実である。

    KAI428015_TP_V

    こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃けっこう可愛かった。 
    今はどうかってのは喪女だということでお察しください。 
    でも、小さい時の写真を見れば、髪も肩でまっすぐに切りそろえてたから、 
    着物着たらマジ市松人形 。 
    が、そのせいで怖い目にあったことがある。 
    先に言っとくと、変なオッサンに追いかけられたとかじゃない。 

    【【不思議体験】私は小さい頃けっこう可愛かった】の続きを読む

    XEN7615001_TP_V

    小学生の時、遠足などの学校行事にいつもついてくるスガワラさんというおじさんがいた。
    なぜそのおじさんがついてきているのか、当時の私はそんなに疑問を抱いていなかった。
    しかし最近になってあのスガワラさんというおじさんが何者なのかが気になって仕方がない。
    そこで、幸いにもスガワラさんが写った集合写真が残っていたので、同窓会で聞いてみることにした。

    「昔スガワラさんというおじさんが〜」
    と、同級生と先生に聞いてみるが、皆「?」という感じであった。
    それならばと、集合写真を見せてみると、皆、口を揃えて
    「これ、お前の父ちゃんじゃん!」と、言い出したのである。

    私は衝撃を受けた。私の父親は健在だが、写真の人物とは全くの別人である。
    私だけが、そのおじさんをスガワラさんだと思っていて、クラスの皆は私の父が毎回きていると認識していたらしい。

    それ以降私は何か怖くなってしまい、この話が出来なくなってしまいました。

    あのおじさんは本当はなんだったのでしょう・・・

    このページのトップヘ