【心霊不思議な話】コンビニで見た少年

P1030288-Edit_TP_V

当時、アルバイトをしていたコンビニの話。 

夜勤の方が時給が高いため、俺は夜勤だったんだが、その日も先輩と二人だったんだ。 
生鮮食品やらの検品と品出しを終え、まったりタイムに突入した。 

2時を過ぎると、極端にお客が少なくなる。俺がバックヤードでマンガ読みながら休憩をしてると、先輩もタバコを吸いたいらしく、二人してバックヤードに。 

で、ふと先輩とモニターを見あげると、お店の入り口付近に人影があった。 
続きを読む

【人間の怖い話】ブルーシートを広げてる男

ELL86_tuchinotex20140402_TP_V

場所は埼玉東部 
高校の卒業式が終わった後、チャリで帰宅中のこと。 

中学校と空き地に挟まれた人気の無い細道を通っていたところ、 
進行方向にブルーシートを広げてる男がいた。 
ブルーシートには毛布だか衣類だかの荷物があり 
男はブルーシートの上に乗った砂なんかを払ってる感じだった。 
続きを読む

【心霊不思議な話】鏡の中から出てきたフランス人形

MAX77_gomibakokuma20141025153806_TP_V

高校2年の夏、実家ですごく怖い体験をしました。私は寝ていたのですが、ふと目が覚めました。 

体は横向けの状態で目の前には目覚まし時計がありました。時間は午前2時ちょうど。秒針までぴったりでした。 

その目覚まし時計へ向けた視線の奥に壁があり鏡をかけていました。なぜか私はその鏡に釘付けになりました。 
すると鏡から、クマのぬいぐるみが出てきて浮きながら私のほうに近づいてきました。 
続きを読む

【心霊不思議な話】言霊てやつなんでしょうか?

PPW_yousuiro_TP_V

学生時代友達と喧嘩?みたいなのした 
まぁ喧嘩というか 部活終わって教室片づけてた時 
友達が暗所恐怖症だったの忘れてて私がふざけて電気消したんだ 

そしたらその子泣いちゃって でも自分はどっきり成功くらいにしか思ってなかったから笑ってしまった 
で友達がかなり怒って泣きながら「もうホントお前氏ねよ!」て泣きながら言われた 
続きを読む

【心霊不思議な話】首吊り縄がするするーっと降りてくる夢

KAI428034_TP_V

私のお茶の先生が体験した話。 

首吊り縄がするするーっと降りてくる夢をみて目が覚めた。 
ずいぶんきみの悪い夢で嫌なことがおこらないといいけれどと思った。 

その日のお昼過ぎ自分の部屋でうつらうつらしていたら何だか騒がしい。 
息子夫婦が真っ青な顔をして出かけるしたくをしている。 

先生「どうしたの?」 

嫁「いえ、ちょっと。実は弟が急に倒れて。」 

息子「とにかく今から二人で○○町(嫁の実家のある町)にいくから」 

夜になって息子から電話がかかってきた。Aさん(嫁の弟)が心臓麻痺で亡くなったという報告だった。 
続きを読む

【心霊怖い話】もうテントでは寝れない

YAMASHA85s009_TP_V

ニューヨークにいた頃スリフトショップと呼ばれるリサイクル 
ショップによくいってた。日本でアホみたいに高く売られてる 
テントが20ドルで売られていたので即購入した。 
購入して家に帰る時、アパートの下で一階の住人の犬に噛まれ 
そうになった。
続きを読む

【心霊怖い話】ニューヨークの悪魔

UNIDSC05275_TP_V

大学卒業してすぐにニューヨークへ留学した。 
語学学校に二年いってから専門学校に入校。 
仲の良い友達も出来た。 向こうにいてビックリしたのは 
引越しをすることがイベントみたいになってて仲間で終わらせること。 

同じクラスのヴェネズエラ人の引越しを手伝うことになり 
日本人二人とトルコ人、プエルトリコ人でスタートした。 
元の家から荷物を運び出してアストリアてエリアまでレンタカー。 

新居についてドア開けるなり ツーンと土の匂い。 
ニューヨークで三回目の経験。
続きを読む

【心霊怖い話】友人Fは胸に小さなお守りをぶら下げてた 後編

FSC_bo-runishikihebi_TP_V

民宿到着して30分後ぐらいに食堂でFが大真面目な顔で話し始めた。 
ランニング中みんなが動物の骨を踏んでたのに気付いていたけど、 
注意しなかったのは自分の責任。 
自分のお札で抑えようとするも数が多すぎて皆に迷惑をかけた。 
さっき玄関に盛り塩をしたやつがいるけど、霊道ができるから 
すぐに崩した。祓ってもらった霊が戻ってきてるかもしれない。
続きを読む

【心霊怖い話】友人Fは胸に小さなお守りをぶら下げてた 前編

FSC_bo-runishikihebi_TP_V

Fの実家は寺。 バイクに乗ってたし気もあった。 
大学2年の時まで突っ込まなかったけど、胸に小さなお守りをぶら下げてた。 
サークルの合宿でグラウンドが併設された民宿みたいなところに行った時の話し。
続きを読む

【心霊怖い話】謎のシャッター

ISG106150841_TP_V

忘れないのはジョンレノンの命日で自分の命日になりそうな日だったから。 
バイトが終わってバイクで帰る時に自分のアパート近辺が工事してるのを思い出し 
商店街を抜けて帰ろうと思い、脇道に入った。 商店街に合流する4つ角に差し掛かった時 
メットの中が土の匂いで充満。。。
続きを読む
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
怖い話の投稿等、その他何かありましたら下記まで連絡下さい

名前
メール
本文