網走の道端に囚人がたくさん埋まってる

67 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/01 22:00:00
旅行に行った時網走の道端に囚人がたくさん埋まってると聞かされて 
すげ-いやだった。 
あそこ夜でないの? 
供養塔みたいなのがあったが。 



68 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/03/02 15:02:00
>>67 
網走のどこのこと? 

確かに昔は網走刑務所の囚人を使って鉄道工事などをしていたわけだが 
(そもそも何故網走に刑務所ができたかというと、工事に使うため 
だからできた当時は釧路刑務所の別鑑というカタチでできた。今はどう表現されてる 
のか知らないけど) 
あの周辺の主な幹線道路は囚人が作ったわけだし、劣悪な環境だったので 
途中でお亡くなりになった人を埋めていたのも本当らしい 

供養塔とは、どこにあるものをさしていっているのかわからないが 
刑務所関係の墓地ではかならず奇怪な現象が起きており 
坊主と一緒に自分がいったときは何もなかったが、普段はヘビが出るらしい 

実際霊に関しては○ーの、心霊マップだかなんだかってやつにも記されていたが 
どんなやつが出るのかは不明である 

でもまぁ、出る場所には出るな 
67さん、もちょっと詳しく教えてくれれば、わからんこともない 



69 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/02 16:18:00
幹線道路沿いでした。 
場所に関しては私はほとんど覚えてないんですが 
おおきな土まんじゅうがあったような・・・ 
非常に過酷な労働だったようで(寒いし殆ど手作業だったとか) 
バスガイドさんの話に囚人とはいえ涙が出てきたのを覚えています。 



70 : 68[sage] : 投稿日:2003/03/02 17:38:00
>>69 
場所がハッキリしないからよくわからんが 

ガイドさんがしゃべったろうけど、土掘るのは道具ナシ 
手で掘ってたんだよな 
死んでなくても病気や怪我の人はそのまま埋めたって話もある 

今ふっと思ったけど、そこ、北見=網走 間の、道路の脇にある 
鎖塚じゃないかい? 
まわりはなんもなくてさ、かの宜○○子すら近づけないほどの場所らしいし 
自分の友人もあそこで嫌な目にあったやつもいる 
土まんじゅうを置くような場所といったらそこぐらいしか見当がつかないな 

ちなみに自分が幼稚園児のときに刑務所から脱走があったんだが 
戒厳令みたいなのがひかれて、警察が巡回しててうちにも来た 
「お宅の物置はいつも鍵かかってますか?注意してくださいね、あ、あと念のため 
中見せてください」って 
結局鏡橋(刑務所へ渡る橋)の下に落ちて冬だったから溺死だか凍死だか 
わかんないけど死んでたらしい 
今の刑務所は刑期の少ない人を入れてるからそういうことも起きないようだ 



71 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/03/02 18:19:00
そうまわりには何もありませんでした。 
よく外国にあるようなくるくる回る供養等のようなものだったように記憶 
しています。 
なんとも言えぬ嫌な雰囲気でこわくて正視出来ませんでした。 
あんなところ夜中に1人で行ったらどうなるんだろうね。 
網走刑務所自体は天気も良い日で外から見たら割合明るい雰囲気で 
なんとも思いませんでしたが。 
68さんのお友達はどんな目にあったんでしょうか。 
レスありがとうございました。 



72 : 68[sage] : 投稿日:2003/03/02 18:32:00
ん?くるくる回る? 
なんか鎖塚じゃないかもしんない・・・ 
どうだろ? 

ちなみに自分の友人の体験では、妙な発光体に追われたわけで 
「人らしきもの」に追われたことはないんだよな 
まーたいしたことはないな 

スレ違いだが刑務所は昭和の終わりぐらいに今の建物になって 
刑期の軽い人になったが 
その前の放射状の建物の時代は死刑囚こそいないものの、かなりのDQNが 
入っていた、その建物は 
現在「監獄博物館」として、天都山の中腹にそっくりそのまま移転されている 
五寸釘がついた板を踏み抜いたまま逃げた五寸釘寅吉や、脱走常習犯の 
白鳥ナントカ(名前失念、スマソ)などの勇猛伝が聞ける 

仏ヶ浦

海に面した洞穴があり水死者の遺体が多く流れ着く。

昭和29年、函館発の青函連絡船・洞爺丸が、台風15号の強風により転覆。

乗員乗客1300名が海に投げ出され、津軽海峡を渡った多数の水死体が、ここ仏ヶ浦に流れ付いた。

自然の神が造形したとしか考えられぬ、不気味な奇岩織り成す景観が、人間の前に立ちはだかる。吸い込まれるように、水死者の遺体が多く流れ着いたのか?

洞穴内部には、鎮魂のための碑がある。そこでは水死した人々の無念や、悲しみの念が渦巻き、うめき声や泣き声などが、波を砕く岸壁の音とともに聞こえるのだという。

付近での霊の目撃情報も多数。

糠平の旧トンネル。やばいみたい

60 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/27 22:23:00
糠平の旧トンネル。やばいみたい 
誰か行ったことある人いますか? 



61 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/02/27 22:34:00
糠平はよくないと聞きますね。ダム湖があるんでしたっけ? 
あそこを通りかかったバスに観光中のお坊さん団体が、一斉に 
拝んだとか、お経を唱えたとか聞きますた。 



62 : 60[sage] : 投稿日:2003/02/28 03:24:00
実際、ダムから赤ちゃん抱きかかえて飛び降りた人もいるしそれこそ旧道のトンネル 
なんか人柱だらけ。昔はあのダムの上が道路として使われていてバスの窓に血の手形 
が沢山ついてたとか聞きました。 
観光バスのガイドさんなんかも、怖いから乗客が残ってるか確認しにいかない 
みたいなこと聞きました。 
旧トンネルに入ってみたよって方いますか? 

やっぱり雄別にはどこもかなわないと思う

17 : 108[sage] : 投稿日:2003/02/13 23:05:00
帯広北高の側の話は知らないけど、チョ○トーの側にガスで一家心中した家があって 
外の車庫には当時の車がとまったままだとか。家の中もそのままで、 
見に行ったひとの話だと家の窓からそこに住んでた人が覗いてるって話です。 
私は、事故とかに巻き込まれたら嫌なので行ってませんが(取り憑かれて) 
あと、○陵高校の側に火事で全焼した家があってそこも出るらしいです。 
「老婆の館」というのを捜してるのですがどこにあるか知ってる方いますか? 
帯広の西の方の農家の家だったとこなのですが。 
あと、やっぱり雄別にはどこもかなわないと思う 



26 : 17[sage] : 投稿日:2003/02/15 23:05:00
あそこはとんでもない場所。 
幽霊の住んでる街といってもいいと思う。 
宜保愛子が病院まで行くどころか、街の入り口で断念したのは有名な話。 
一軒の家がどうのこうのという場所と違ってあの場所全体が危険地帯。 
友達は、あそこに肝試しに行き、病院に入ろうとしたら沢山のひとの足音が 
聞こえ(地鳴りのように)病院の玄関から沢山のツルハシを持った作業員が 
出てきて急いで車に戻った。あせりながら車を発進させるも何人かは追ってきた 
ようだ。それがあってから友達はそういう場所には二度と行かなくなった。 
病院の地下室にいたずらで女が一晩閉じ込められ髪の毛が真っ白になり気が狂った 
状態で発見され、ある街の精神病院に入院していたが1年くらいで死んでしまった。 
現在はシャッターが下ろされ地下室(霊安室)には入れなくなっているらしい。 
高い山と水がある場所というのは、霊が溜まりやすいという。糠平もそう。 
漏れも一度肝試し企画の下見として昼間に友達と行ったが、病院の手前の 
通称映画館と呼ばれる建物(雄別商社)の中に入ろうと思い入り口まで行ったところ 
入り口を境にまったく違う空気だった。 
そのうち、銭湯で桶を使って水を掛けるような音が聞こえ、最初は空耳だろう 
と思ったが2回も3回も聞こえたので友達と2人で気づいたら車まで全速力で 
逃げていた。友達も幽霊なんてまったく信じてなくて怖がらない性格なのだが・・・。 
煙突や病院の地下室に水が溜まっているときは、危険らしい。 
幽霊を運良く見なかったとしても連れて帰って来たらまずいから逝かない方がいい 

慰霊の森

友達から聞いた話。

そこに肝試しに行ったバカな人がいたんですって。

そこで慰霊碑までいってみようっていう話になって、行くまでは何にも無かったらしいんだけど、慰霊碑を確かめて帰ろうとして何気に慰霊碑のほうを振り返ったんだって。

そうしたら、慰霊碑の上に生首がズラって並んでこっちをにらんでいたんだって。

怖くなって逃げ出したんだけど、いくら走っても自分の車は見えてこない。ようやく車にたどり着いてもエンジンはかからない。

車に手形はついてるし、その人気絶したんだそうです。

で、朝さめてみると白い車にはべったりと血のりの手形があったらしくて・・・

遊びで行くモンでないです。遊びで行ったら、まじめに死にます。・・・

でもどうしたらあそこに居る人たちはうかばれるんでしょうかねぇ・・・ 

あなたのお母様には何があっても逆らいません

950 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/12 04:47:00
身内に起こった恐い話というか・・ 

うちの母と何らかの形でトラブルを起こした人 
(と言ってもオバチャンなので、悪口を言った言わないとかそういうレベル) 
は、その多くが不幸な目にあっているらしい。 

ある人は交通事故で半身不随に。ある人は脳出血で倒れ、言葉がうまく喋れなくなり。 
ある人は事業が傾き会社を畳むことに(単にバブルが弾けただけとも言えるが)。 
ある人は自宅でボヤをおこし大火傷。 

マジです。。 



951 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/12 04:50:00
>>950 
あなたのお母様には何があっても逆らいません 
むしろ敬う 


最強やね 



954 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/12 16:51:00
950の母ちゃんと似たような話、うちの母にもあるよ。 
以前の職場で、しょっちゅう母を虐めていた上司は、ガンで 
亡くなったらしい。それも、一年間くらい、苦しみ抜いて。 
凄まじい死相になっていたとか。 
 「イジメ」といっても悪質なものが多くて、ロッカーに置いていた 
服が切り刻まれたり、物が盗まれたりということはしょっちゅうだったらしい。 
(母もそれで、一時期ノイローゼのようになっていたし) 

 職場の皆で一応お葬式には出たらしいが、誰も泣かなかったそうだ。 



955 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/12 20:27:00
>>950 
うちの母と私もそうだったりします。 
「あの人ムカつくよね~。」程度の悪口を言うと(主に親戚ですが) 
ほとんど事故起こしてます。 

また弟が「まずい。」と言った飲食店はすぐさまつぶれます。 
(これはおそらくみんなマズイと思ってるんだろうけどw) 

モニターの中の窓の外に突然人影が表れました

934 : 924 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 21:54:00
厨房の時の体験。この頃学校に行ってなくて 
僕の部屋は友達の溜り場になってました。 
今でも忘れない午前11時18分。 
年上の友達からの電話で起こされる。 
「一時頃行くね」それだけの電話でした。 
前の日に獅子座流星群を見て明け方に寝たので 
まだ眠くて布団に入ってぼーっと 
スイッチの入ってないテレビのモニターを 
見つめていました。 
(配置は四畳半で布団の足元左にテレビ、 
足元に廊下に出る引き戸、頭の後ろに曇り窓) 
電源が入っていないモニターって 
薄暗い鏡みたいな感じで部屋の中が反射しますよね? 



935 : その2 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 21:56:00
続き 
電源の切れたテレビのモニターに反射する、 
部屋の中をぼーっと見つめていたその時! 
モニターの中の窓の外に突然人影が表れました 
部屋は三階だし窓の外に人の立てる場所なんて 
当然ありません。 
「なんだなんだ!?」と布団に入ったまま 
パニックになっていると 
その瞬間金縛り!体が動かない! 
窓の外の人影が物凄い勢いで窓を叩き始めました 
「ドンドンドン!ドンドンドン!」 
窓が割れるんじゃないかというくらいの勢いです 
窓を叩く勢いが強くなってくると 
今度は部屋までが揺れ始めました。 



936 : その3 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 21:57:00
続き 
窓の外の人影は狂った様に窓を叩き続け 
本棚の上に置いてあった物が落ちて来る程の 
信じられない勢いで部屋が揺れています。 
「まじヤバイ!殺される!殺される!」 
と金縛りにあったままの僕は大パニック、 
そのうちカーテンをつけていなかった 
カーテンレールまでが「シャー!シャー!」 
と凄い勢いで左右に動き始め、 
僕は布団の中で怯えたまま薄目を開けて 
反射で部屋の異常な光景を映し出す 
テレビのモニターを見つめていました 



937 : その4 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 21:58:00
続き 
ふと気が付くと、窓の外の人影が消えています 
しかし窓は「ドンドンドン!」と揺れ、 
部屋もカーテンレールも騒がしいまま。 
すると突然!窓の外を周りが茶色で中の白い 
長方形の物、茶色の額に紙の入ったような物が 
ピュンピュンと左右に飛び始めました。 
それも凄い量が。 
完全に理解を越えた事態に僕は怯え切って、 
でもかその窓の外の狂った世界を映し出す 
電源の切れたテレビのモニターから 
何故か目を離す事が出来ませんでした 
その状態が何分か続いた後、突然窓が 
「ガラッ!」と一瞬だけ開いてまた閉じました。 



938 : その5 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 21:59:00
続き 
窓が開いて閉じると、部屋の揺れが治まり 
静かになり、窓の外を飛び回っていた板? 
もなくなりました。 
でも金縛りはとけないまま。 
するとゆっくり階段を昇って来る足音が… 
「パタッ、パタッ」とスリッパを 
履いているような足音です。 
一瞬本気で恐怖を感じました。何故か 
「今度こそ本当に殺される」と思ったからです 
でもすぐ、我が家でスリッパを履いてるのは 
母だけだし、さっきの揺れと音を 
おかしく思った母が様子を見にきたのかとも 
考えました。 
足音は僕の部屋の前まで近づいて来ます。 



939 : その6 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 22:00:00
続き 
ゆっくりと進んで来た足音が、 
僕の部屋の前で止まりました。 
僕は金縛りの解けないまま、心臓バクバクです 
引き戸がゆっくりと、少しだけ開きました。 
廊下は暗くてよくは見えなかったけど 
薄目を開けている僕と 
引き戸の向こうから覗いている「何か」 
の目が合っているのはわかりました。 
何故かその時僕は母だと思い安心しました 
母は日本人にしては珍しい程 
目がパッチリしているんですけど、 
その「何か」も、とても目が大きかった 
のが分かったからです。 



940 : その7 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 22:01:00
続き 
その「何か」と一分程目が合っていたでしょうか 
スーッと引き戸が閉じると、またゆっくりと 
足音が遠ざかって行きました 
「パタッ、パタッ…」と階段を降りていった 
足音が聞こえなくなると、金縛りが解けました 
その瞬間飛び起きて、「お母さん!」 
と叫んでしまいました。普段は「お母さん」 
なんて呼ばないのに、そんな時は…w 
PHSの時計を見ると11時20分、 
あれだけ色々な事があって時間も長く感じたのに 
起きてから2分しか経っていませんでした 



941 : その8 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 22:02:00
続き 
夢かとも思いましたが、本棚から 
色々な物が落ちて、荒れた部屋の中が 
夢じゃない事を物語っていました。 
何が起きたのかわからないまま、 
大慌てで下の階に降りて行くと 
台所で母が昼食を作っていました。 
今起きた事を一通り説明すると、 
最初こそ笑って相手にしませんでしたが、 
僕の必死な様子を見て信じてくれました。 
そして、 
僕「騒がしかったから様子見にきたんでしょ?」 
母「ねえ、真面目に言うから怒らないで 
聞いてね。お母さん、あんたの部屋なんて 
言ってないわよ?ずっとご飯作ってたもの」… 



942 : その9 ◆OLv0mH654E [sage] : 投稿日:2003/05/10 22:03:00
母は僕の部屋には来ていませんでした。 
スリッパも履いていなかったし… 
あの窓を叩き、部屋を揺らし、 
カーテンレールまで動かした窓の外の人影、 
窓の外を飛んでいた長方形の「何か」、 
僕の部屋を一分以上覗いていた「何か」、 
あれはなんだったんでしょうか? 
今でも理解できません。 
この話が生まれて初めての霊体験?で 
僕はこの後から様々な体験をする事になります 
それは今でも続いていますが… 


下手な文章で怖くもない話を、 
長々と読んで頂いてすいませんでした。 

誰かもう一人いるような気がしてしまう時があるのです

926 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/08 23:21:00
 ちょっと最近の気になること。 
私はレジのバイトをしているのですが、どうも最近、見間違いが多くて、、。 
例えば、レジに並んだお客の後ろに、誰かもう一人いるような気がしてしまう時があるのです。 
あれ、と思ってよくよく確認してみると、お客は一人しか並んでいません。 
 お箸をもうひとつお付けしますか?とお尋ねしてしまい、 
お客様に変な顔をされることもあります。 
 いつもお店に来るあのお客さんの後ろにべたーっと張り付くようにしている、 
黒っぽい影のようなヒトは何なんでしょう、、? 



927 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/09 00:12:00
>>926 
ほんのりと怖さが伝わってきて、イイっすねぇー 
漏れは時々、マンションの入り口に人のいる気配がするときがあるよ 
「ん?」と思い直してもう一度見ると、誰もいないんだけど 

ブルーと白のストライプのパジャマを着ていて、頭に包帯がグルグル巻いてあった

922 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2003/05/08 14:09:00
いつも(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしながら読んでいます。 
読みっぱなしではアレなんで、私が体験したお話を。 

10年程前に帰省先から兄と一緒に車で戻る時の事です。 
深夜に私の運転で箱根の山を上っていると、 
ちょうどカーブのふくらんだ所に空き地(?)みたいなのがありまして、 
いつも通る時には全然気にしないでいたのですが、 
その時には「あ、人がいるなぁ」とチラっと見たんです。 
その人は車椅子に乗っていて、ブルーと白のストライプのパジャマを着ていて、 
頭に包帯がグルグル巻いてあったんで、ちょっと不思議な感じがしましたが、 
そのカーブの上段には確か養護施設の様な物があるので、 
そこの人が車でも見に来ているのかなぁ?と思った程度だったんです。 
箱根ですし、走り屋も多くてギャラリーも沢山居るので。 
通り過ぎてから兄に、 
「今、人居たよね?車椅子の?」 
と聞くと、兄も同じ物を見ていたのでちょっと安心したのですが。 

でも、よく考えたらちょっとおかしいかな?と思ったんですよ。 



923 : 922[sage] : 投稿日:2003/05/08 14:16:00
上段にある養護施設からですと、けっこうな坂道になっていて、 
深夜に1人で車椅子で、というのはちょっと危険かな、と。 
雑草が物凄く生えていて、わざわざその中に車椅子で入って行くというのも。 
それに、車道側を見ていたのでは無く、反対側の雑木林の方を見ていたんです。 
車椅子の人は何を見ていたんでしょうか? 

1ヶ月後くらいにまたそこを通ったんですが、 
車椅子の人を見た場所よりちょっと先の所に慰霊碑が建ってました。 
恐くて確認はしてませんけど。(´Д`;) 

わたしの頬にくっきりと赤い線が出るようになりました

890 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/02 15:29:00
7年間付き合っていた人がいて、物凄く大好きだったんだけど 
どうしても別れるしかなくなってしまって、別れたことがありました。 
(自分にとっては、自分の生き方が変るほどすごく辛いことでした) 
そして、別れた後に仕事で知り合った人がいて、その人とは 
会った瞬間にお互い「この人と結婚する事になるのでは・・・?」 
という感覚があり、結局結婚したんです。 

結婚後半年ほどした頃に、家に無言電話がかかるようになり、 
私はとっさに、前の彼では?と感じました。 
何回か無言電話があって暫くした頃から、わたしの頬に 
くっきりと赤い線が出るようになりました。 
口の両端から両耳にかけて、痛くも痒くもない赤い線が。 
痛くも痒くもないんだけどすごく目立つし、触るとそこだけ凄く熱いんです。 
病院に行っても解らないと言われ、気味が悪くて、、、 



891 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2003/05/02 15:31:00
しかもその頃にこんな夢を見ました。 
誰か若い僧侶のようないでたちの人(物凄く孤独そうな)が私たち夫婦の家を訪れてきて 
「入れてくれ!!」と必死の形相で扉をドンドンとすごい勢いで叩くのです。 
夢の中で私は何かその人に惹かれるような感じで思わすドアを開けてしまいそうになるんですが、 
それを「いけない!」と引き止める私もいて、ドアの外の人がどんどん迫ってくるのが怖くて 
自分で自分の均衡が保てないような感じになり、 
自分でもよく解らないままに私は夫に「助けて~!!」と 
助けを求めていました。 
(助けを求めた時には「元の彼では??」と感じていた気がします。 
大好きだった彼なのに、、、) 
そしたら夢の中で、夫が出てきてドアのこちら側から「出て行け!帰れ!」と 
叫んでくれて、暗い僧侶のような人はいなくなりました。 
・・・というところでハッと夢から覚めたのですが、その時同時に夫も夢から覚めて 
二人同時にガバット起き上がりました(4時頃でした) 
夫が言うには「今、○○(私)が助けを求めていたので助けた夢を見ていた」 
「誰か男がドアの所にいてすごい勢いでドアを叩いていたけど 
自分が帰れと言ったらスッといなくなった」 
とのことでした。 
こんなふうに同じ夢を見るなんて初めてだったので、お互いすごくビックリしましたし 
夢に現れた人はやっぱり彼だったのかもしれないと思いました。 

結局赤い線も消えなくて困っていたので霊能者の方の所に行ったら、 
やはり元の彼の生霊だということでした。 
生霊の方が亡くなった霊よりも怖いのだと言われました。 
霊能者の方にお払いをして貰った翌日には、もう赤い線は消えていました。 

夫には元の彼の事は話してあったので全く問題にはなりませんでしたが 
とても複雑な気持ちでしたし、元の彼には幸せになって欲しいと心から願っています。 

長々と書いてしまってごめんなさい。 

スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
怖い話の投稿等、その他何かありましたら下記まで連絡下さい

名前
メール
本文