畑トンネル

当該トンネルの噂としては・・・・・

親子の霊が出る。トンネル上部に女性の霊が出る。

トンネル内部に顔が浮き出る。人面犬の噂も?

当該トンネルは、飯能と青梅との経済・文化交流目的として作られた。

以前より交流はあったのだが、飯能から青梅に行くには数本の街道を通らなければならず、それも数カ所の峠や遠回りしなければ行けなかった。

地域の要望もあり、飯能町(当時)と隣接町村長と共同で県に陳情。明治41年に飯能青梅道として着工された。

完成は明治43年の事である。

77年間、県道として利用され昭和62年にバイパスの完成に伴い市道となった。閉鎖は平成に入ってから間もなくの事であった・・・・・。

県内で最も有名と言っていいほど、多くの人々が肝試しに訪れるスポット。

畑トンネル、通称ハタトンは、明治43年に開通した岩をくりぬいた煉瓦巻の古いトンネルですが、昭和62年の新道開通に伴いその役目を終えました。

人面犬の目撃。都市伝説でもある人面犬の噂の発端はこのトンネルであるとかないとか。

このトンネルで犬の散歩をしていた男性が、車にひかれて犬共々命を落としました。そしてその男性の顔をした犬が出るという噂があります。

二つ目は、四つん這いのお婆さんの霊。

トンネルの出口に差し掛かろうとした時に、思い切って振りかえると、交通事故で命を落としたお婆さんの霊が、四つん這いでものすごい形相とスピードで追いかけてくるという話です。

そして三つ目は、天井に浮き出る笑う染みです。

トンネルの中には幾つもの染みが出来ていますが、どれも悲しむ顔や苦しんでいる顔に見えます。

しかし中に笑っているように見える染みがあるらしく、それを見つけてしまった人には、数日後必ず死が訪れるという噂があります。

トンネルは大雨による土砂崩れのせいで、通行止めをされていて、車ではもちろん入れませんし、歩行通路としても役割を果たしていません。

中に入りたい場合は、バリケードとなっているガードレールを越えて、中に入っていくようになります。

あまり(どころかぜんぜん)恐くはないと思うのですが

117 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/08/28 18:40:00
あまり(どころかぜんぜん)恐くはないと思うのですが、
引っ越しにまつわる話と言う事で御容赦下さい。

一昨年、引っ越してすぐの出来事です。

真夏に引っ越した私は、荷物の片付けに追われ遅くまで起きていました(と言っても12時ぐらい)
クーラーが余り好きではないので、窓を空けながらの作業でした。
すると、どこからか女性の怒鳴り声が聞こえてきました。
酔ってる風だったので、「近所で飲んでの帰りがてら喧嘩になったのかな~」ぐらいで
あまり気に止めていませんでした。
しかし、10分…20分……ちっとも声は遠ざからず、喧嘩はヒートアップしていく一方です。
(女性が男性に一方的に怒鳴り散らしている感じ。男性は半呆れで止めている)
「どこで喧嘩してるんだ?」と思いベランダから顔を出してみると………

下の階のカップルでした。

「おいおい、丸聞こえだよ……まあ、そのうち治まるだろう」と、
ベランダから顔を引っ込めようとしたその時!

女「死んでやる~!!飛び下りてやる~!!!」(続く)



118 : 117続き[] : 投稿日:2002/08/28 18:41:00
女性はベランダの柵の外に出てしまいました。
(柵の外に足場があるタイプなのでまだ落ちてません。)
男性は必死になって止めてます(当たり前だ)。
私は「ヤベー引っ越したばっかりなのに」「リアル人死に!死体!死体!(不謹慎……すいません)」
野次馬根性で顔を引っ込められませんでした。
女性は「○○……さよなら……」やら「ほんとに飛び下りるから!」などと言っており
第三者の私にも「ああ、狂言だな」と判るようなな感じにだんだんなってきました。
私は「安心半分残念半分(鬼畜ですね…)」で上のベランダから事の次第を見ておりました。
そして、男性が女性をベランダの向こうから助け出す時に

ベランダの私と、ばっちり目があってしまいました。

「わくわく狂言自殺ショー」を見られてしまった二人は
思いッきり素に戻り、そそくさと家の中に戻っていきました。
私もかなり気まずかったですが。



119 : 117後日談[] : 投稿日:2002/08/28 18:58:00
「わくわく狂言自殺ショー」の次の日、私はベランダに出て洗濯物を干していました。
そして……洗濯物を階下のベランダに落としてしまいました。

「ヤ バ い」

昨日の件の興奮も覚めやらぬ状態で、第一次接触ですか?
(御挨拶にうかがった時はお留守だったので)
なんとも複雑な気持ちで、階下に御挨拶&洗濯物&昨日の件の謝罪にうかがうと……
留守でした。
ほっとしたようながっかりしたような気持ちで家に戻り、落とした者は諦めよう思っていた午後7時、
「ピンポーン」
何だろう?と玄関先に気合いぬけぬけの格好で出てみると……

階下の彼でした。

彼「あの…これ落ちてました……あと……昨日は……うるさくしてすいませんでした……。」
私「あ…有り難うございます……こちらこそ…覗くつもりじゃなかったんです……すいません…。」

お互い目を見てしゃべれませんでした。

そんな彼等も無事結婚した模様で、最近は階下から元気のいい赤ん坊の声が
聞こえてきます。
良かった良かった。

ガタガタ音がするばかりで一向に侵入してこない

121 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/08/28 20:57:00
以前住んでいたボロアパートでの話。田舎から引っ越したばかりで、一階だという
のに鍵もかけずにカーテンもつけずに生活していたが・・・ある日、夜明け前にふ
と目が覚めると、サッシ窓に人影が!「しまった、鍵掛けてない」と気が付いて背
筋が寒くなったが、ガタガタ音がするばかりで一向に侵入してこない。

そういえば、あのサッシ窓は立て付けが悪くて開けるにはコツが要るんだった。と
りあえず侵入するのを待って・・・などと考えているうちに人影は諦めた様で人の
気配が無くなった。

それ以降きちんと戸締りする様になった事は言うまでもない。今考えるとマヌケな
話だが、見知らぬ人影があれほど恐ろしいというのを身をもって知った貴重な体験
であった。



122 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/08/29 03:01:00
全然間抜な話しじゃないよ……
((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
私も気をつけよう…



123 : 121ジャナイケド[sage] : 投稿日:2002/08/29 03:14:00
>>122
気を付けるヨロシ、知人女性はヤハリ田舎出身で夏場に暑いので
網戸にして寝ていたら夜中に何か重くて目が覚めたとな
見知らぬオッチャンが股間出して自分の体の上に中腰で
寝顔を覗き込みながらシコってたそうだ。幸い相手が気が小さかったのか
「ヒィィ」と声を出したら逃げ出して行ったそうだが

「運が悪かったらアタシ殺されてたかも」と後日、青くなって語っていた
オカルトじゃないのでsage



124 : 122知人返し(w[sage] : 投稿日:2002/08/29 03:49:00
>123様
心配していただいてありがとうでつ。・゚・(ノ∀*)・゚・。<嬉し泣き

私の知人も、ボロアパ住まい時に窓全開玄関開けで寝ていて
ふと目を覚ましたら
股間丸出し君が枕元で正座していたそうです。
ビックリして大声だしたら逃げていったと。

ここまでなら同じ話なのですが、
知人は 男 性 。
しかも枕元には御丁寧に財布まで置いてあったのですが、手付かず。
金より体を狙われた事が、男性として情けなかったそうな…
どっとはらい。

ちなみに山手線某駅近辺でのお話ですた。

正丸峠

かつては峠道が国道299号線であったが、1982年(昭和57年)3月の正丸トンネル供用開始とともに国道はトンネルに変更された。

峠道は現在も通年通行可能であり完全舗装されているが、一部狭いところがあり、やや路面が荒れている。

センターラインとキャッツアイ(夜間標識用の鋲)が設置されている所もあるが、狭いカーブや路面状況が著しく悪い場合、軽自動車でもこれらをまたがないと通れない部分もある。

冬期は積雪等による路面凍結もある。

東側は国道299号正丸トンネル正丸側出口(正丸駅付近)、西側は県道53号線に接続する。峠からは奥武蔵の山々を望むことができる。峠には茶店がある。

頭文字Dの舞台ともなった峠だが整備がされていない為、今ではすっかり荒れ果ている。

朽ちた土産屋の廃墟や神社だけが残された峠道で多少不気味。

ここで命を絶ったドライバー達の霊があらわれるらしい。

天井に手形って

128 : となりの名無しさん[] : 投稿日:2002/08/30 22:30:00
いや、此処って結構怖い話多いですね。では私も。

......天井に手形って、如何なものでしょう?

私は以前、不動産会社直属の掃除屋に勤めていたので分かりますが、掃除の際に手形が付くなんてことは
よっぽど原始的な掃除屋でもない限り無理です。
しかもこの手形、見るだに結構古いような。

引っ越してきて間もなく友人が泊まりに来た時、「この部屋、何かいない?」。
この人“見えちゃう人”だったんで、「い、いや、取り敢えず見た覚えはないけど。」と正直に答えたんですが、
「この部屋イヤだわ。あんたもあんまり長くは住まない方がいいよ。」とまで言われる始末。
実際、その夜友人はつきまとうナニモノかのせいで一睡もできなかったです。

手形を見つけたのはそれより後のことです。ある日、何かの拍子に天井を見ていて、妙な染みがあるのに気付きました。
天井の全面に渡ってまばらに点在する、手の跡・指の跡!
色は変にどす黒い、臙脂色とでも言いましょうか、…どうにもイヤな色で、何の染みなのか考えるのも怖かったり。
駅前10分1K、BT別で45000円は安いし、紹介してくれた不動産屋さんも速攻で決めたから「何かあるのか?」などと、
不謹慎にも笑いのネタにした後のことだったので。

そもそもどういう状況で付いたのやら、さっぱりです。
見上げるとすぐそこにあるんですけどね。(笑)



132 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/08/31 15:05:00
>>128
消防の頃、椅子に上っては居間の天井に手形付けて遊んでましたが何か?
ちなみに十年以上そのままになってたんですが、
去年里帰りした際に全部掃除してきました。
横槍スマソ



136 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/09/01 01:40:00
>>128
大工が材木を加工する際、板や柱に手をつくことがある。
長い年月がたつと、手をついたときに付いた手の油が酸化し、
次第に手形が浮かび上がってくることがある。
俺んちを立てたときの話だが、家を建てて数年経った頃、トイレの壁に
血をこすりつけたような跡がたくさん浮かび上がってきた。
気持ち悪かったけど、勇気を出してふき取ることにした。
その時濡れた指でふとその血みたいなモノをさわってみたらヌルヌルしていた。
それで気づいたのだが、それは壁紙を貼るときに使ったノリが酸化したものだった。
内装屋が下手で、壁紙を貼るときにあちこちにノリがついたってわけ。

ちなみに、うちでは以前購入した絵に手形が浮かんできております。
絵を額縁に入れるときに手をついたんだろうな・・・。



137 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/09/01 16:43:00
>>136
うちの和室もそうです。
天井に大工の手形があちらこちらに浮き出てきました。

「実はいたんだよね・・」と言われ

168 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] : 投稿日:2002/09/07 16:05:00
都内某所に住んでます。
先輩が「自分が引っ越すので開くよ」と勧められ決めました。
引っ越しが済んでから「実はいたんだよね・・」と言われ、聞いてみると
先輩が入居した当日、引っ越しの手伝いをしてくれた友人達と部屋で飲んでいたら
誰も入っていないはずのトイレに鍵(プッシュ式)がかかっていたそうな。
何回かは普通に使えていたのに、何かのはずみで鍵が動いてしまったんだろうと
階下の大家さんのトイレを借りてその日はしのいだそうです。
その後も気配を感じていたそうですが、「今はもういないはずだから」と
私には何も言わなかったと笑っていました。(住んでるうちに気配がなくなったらしい)
でも、天井に手形のようなものがあるし、入居してから金縛りにあうし
今でも誰もいない部屋の隅から人の視線を感じる時があります。
立地条件や家賃など考えるといい部屋なのですが、
そういう話は先にしてほしかった。。。



169 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] : 投稿日:2002/09/07 18:44:00
>>168
気にしすぎると柳の木も幽霊に見えちゃうよ。
あまり気にしないのが吉!




といっても居るモンは居るわいな。

白旗塚古墳

白旗塚のある小手指ヶ原は、元弘3年(1333)新田義貞が鎌倉攻めの時に鎌倉幕府軍と激戦を交わした場所であると伝えられている。

白旗塚の名称は、新田義貞が源氏の白旗をここに掲げたことから名づけられたそうである。

その合戦から約700年たった今でも、夜な夜な鎧を身につけた武士の亡霊たちが白旗塚の周りを彷徨っているという目撃談が多く語られている。

白旗塚は八幡太郎義家が奥州討伐の際、塚上に白旗を掲げて戦勝祈願したとも、陣所にしたとも言われている。

すぐそばに、討ち取った敵兵の首を埋葬したと言われる甲塚という塚もあったが、これは開発によって消滅している。

義家伝説とは別に、白旗塚には、「立ち入ると呪われる」といった伝説が江戸時代からあったらしい。余りにも祟りがヒドくて、誰も近寄らなくなったために、塚上にあった神社が廃絶してしまったんだそうな。

あと、足立の入谷にも白幡塚という似た名前の塚があるんだけれど、
こちらは岩槻攻めの際に白旗を掲げた場所と言われている。

岩槻攻めは戦国時代の話しで、岩槻城を攻めたのは、後北条氏か秀吉だけど、
どちらも白旗をシンボルとはしていないし、この塚上には元々八幡神社があった
そうなので、元は白旗塚と同じく、義家関係の伝説だったらしい。

白旗塚も甲塚も白幡塚も正体は古墳らしい。

ドラえもんの最終回・チェーンメール

1990年代の終わりごろから「ドラえもんの最終回」と称する事実無根のチェーンメールが出回り始めた。

その中でも最も有名なのが

「のび太植物人間説」と「ドラえもんの開発者はのび太説」の2つである。

・のび太植物人間説

もとは1986年秋頃に子供たちの間で流行した噂であり、

「ドラえもんは、交通事故にあって植物状態となったのび太が見ていた夢」という内容である。

「この噂は本当か」と、『ドラえもん』連載学年誌の出版元である小学館に問い合わせが相次いだため、作者の藤本弘(当時は藤子不二雄コンビ解消前)が正式に

「ドラえもんはそのような突然で不幸な終わり方にはしない」

とするコメントを発表する事態となった。

藤本がこの年の夏病気で入院したため、このような噂が生まれたと考えられる。

その後出回ったチェーンメールでは内容が追加されており、

「ある日、事故にあって植物人間状態になったのび太を、ドラえもんがどこでもドアを使いのび太をおぶって天国へと連れて行く」

というものや、

「実はのび太は心身障害者で、ドラえもんは彼による作り話(妄想・羨望といった派生型あり)」

といったものもある。

また、同じ植物状態説でも

「動かないのび太にドラえもんが自分の全エネルギーを与え、自身の命と引き換えに助けた。その後、のび太が停止したドラえもんを抱きしめ、泣きながら『ドラえもーん』と叫ぶと、垂れた涙がドラえもんに当たった瞬間にドラえもんが復活し、エンディングテーマが流れスタッフロールが出てきてフィナーレ」

というハッピーエンドになるものもある。

このエピソードは1991年にアニメ化された『丸出だめ夫』の最終回ほぼそのままの話である。

ちなみにこのエピソードに関して作者の娘が作者に訪ねたところ、藤子は

「ドラえもんはそんな終わり方をしない、もっと楽しい終わり方にする」

と、コメントした。

・ドラえもんの開発者はのび太説

これは、1人のドラえもんファンが「自作の最終回」と明記した上で作成したオリジナルストーリーが、チェーンメールなどにより一人歩きしたものである。

「電池切れ説」とも呼ばれる。

ある日突然ドラえもんが動かなくなってしまった。

未来の世界からドラミを呼んで原因を調べたところ、バッテリー切れが原因だと分かった。

のび太はバッテリーを換えてもらおうとするが、このままバッテリーを換えるとドラえもんの記憶が消えてしまうとドラミから聞かされる。

ドラえもんなどの旧式のネコ型ロボットのバックアップ用記憶メモリーは耳に内蔵されているが、ドラえもんは既に耳を失っていたので、バッテリーを交換してしまえばのび太と過ごした日々を完全に消去してしまうことになる。

バックアップを取ろうにも方法が分からず、開発者を呼ぼうとするも設計開発者の情報はわけあって絶対に開示されない超重要機密事項となっていた。

のび太は迷った末、とりあえずドラえもんを押入れにしまい込み、皆には

「ドラえもんは未来へ帰った」と説明。

しかし、ドラえもんのいない生活に耐えられず、猛勉強をしてトップクラスのロボット工学者に成長する。

工学者になってからしずかと結婚したのび太は、ある日妻となったしずかの目の前で、努力の末に記憶メモリーを維持したままで修理完了したドラえもんのスイッチを入れる。

ドラえもんがいつものように

「のび太君、宿題終わったのかい?」と言い復活する。

ドラえもんの製作者が明かされていなかったのは、開発者がのび太自身だからだった。

以上があらすじであるが、

「のび太は15歳で海外に留学した(飛び級で大学に入ったとすることもある)」、「修理には妻となったしずかが立ち会った」などと脚色されている場合もある。

・チェーンメール化・都市伝説化

上記オリジナルストーリーの内容は、その後チェーンメールとして広まった。

オリジナルストーリー作者は、この話がドラえもん最終話として一人歩きすることは全く望んでいなかったらしく、チェーンメール化されていることを知った彼は、自身のページに

「このページの文を勝手に引用しないように」

「私の知らないところで話が一人歩きしていることに恐怖を覚えている」旨のコメントを添えていた。

さらにその後

「チェーンメールはまことしやかに流布され、原作に対する権利の侵害、熱心なファンに対する冒涜であり、このような騒ぎになったのは私の責任」だとし、サイトを閉鎖した。

ただしその後もチェーンメールは真実の確認がなされぬまま流され続けた。

鈴木蘭々などのドラえもんファンのタレントが、深夜番組などで

「最終回は――(のび太発明者説)なんだって」などと語ったこともあり、広範囲に流布した。

一部ではこれを真の最終回だと誤解した人もいたという。

オリジナルストーリー作者は、チェーンメール化により非難を受けるなど、非常にナーバスになっていたこともあったとのことである。

『となりのトトロ』の裏設定

タジオジブリの代表作『となりのトトロ』には数多くの裏設定とされるものが存在する。

・ネコバスが病院へ行くときには既にサツキとメイは死んでいる。

・池で発見されたサンダルは本当にメイの物で、それを信じたくなかったサツキは、違うと嘘をついた。

・サツキとメイは既に死んでいて、お父さんがお母さんの前でそれを小説にした物語が『となりのトトロ』である。

・お母さんが入院している病院のモデルとなった実在の病院は生存率の極めて低い病院なので、お母さんはその後亡くなってしまう。

・エンディングのスタッフロールにおいて描写されている退院・帰宅後は過去の回想である。

この説は、サツキとメイの影が途中から消えている(ように見える)ことを根拠としているが、

実際には影を省略しているだけである。

また、池で発見されたサンダルは、実際にメイが履いていたサンダルとは異なっている。

『ドラえもん』謎の回

2008年頃から同アニメには『タレント』と題された謎の回があった、というもの。

主な噂としては、

・画面および登場キャラクターがぐにゃぐにゃになっていた。

・ストーリーが支離滅裂でセリフも混乱、もしくは無音、通常では考えられない過激な内容。

・「1984年7月20日放送」と明確に語られる場合がある。

・また「1984年9月17日」という場合もある。

・「タレント」というのは最後に出てきた割れた地球のことと思われるが詳しいことは分からない。

・「ノビタレントゲン」という話ではないかという説もあるがそのような話は存在しない。

・また「タレント」とは「死ネ」という文字が歪んだ形であるという説もある。

おおまかなあらすじとして語られているものの一つを挙げると、

「地下世界の商店街へ行きたい」と言うのび太の願いを聞いたドラえもんが通りぬけフープのような道具で地下世界まで行く。

そこで支離滅裂なことを言う謎の人々と出会い、

最終的に大きな地球のミニチュアのある部屋へ案内されると、そのミニチュアが割れ、

中から大量の血があふれ出す。

それを見て驚いたのび太とドラえもんが抱き合って物語は終わる。

「何らかの理由で溶けたビデオテープを誤って流した放送事故」とする説もあるが、実際には考えにくい。

しかし、「実際に見た」の声が多いのも特徴である。

1984年7月20日に実際に放送された回のサブタイトルは第633話『のび太の童話旅行(再放送)』と第773話『四次元ポケットのスペア』であり、『タレント』というサブタイトルではない。

かつて一度だけ脚本もアニメーションの制作も間に合わず声優によるアフレコすら行われず他の回からの流用による作品の放送が行われたことがあるという事実があるらしく、

その回ではないかという話がある。

ただしその出来事自体がテレビ局にとっては恥であることから事実だとしてもテレビ局自体がその事実を隠蔽する可能性は否定できないとされている。

この件については多くのドラえもんファンが検証している。

その検証の中のいくつかを紹介する。またいずれも何らかの電波障害が関与している事が前提である。

何らかの理由で『地球製造法』が放送されたとされる説。

この回には地球が崩壊するといった場面など『タレント』に似た表現がいくつかある。

ただし崩壊の仕方はずいぶんと異なる。

他のアニメと混ざってしまったという説。

『ゆめの町ノビタランド』の再放送が行われていたという説。

先述の何かしら間に合わなっかった時に第1話である『ゆめの町ノビタランド』が再放送されそれが何らかの電波障害により画面が大きくゆがんでしまったり無音になってしまったというもの。

先述のとおり『タレント』は『ビタレント』であったという話がある。

電波障害で画面が大きく歪んでいるのであれば『ゆめの町ノビタランド』の『ビタランド』と『ビタレント』がほぼ同等に見えることからこのような説があがった。

日本各地の極一部の地域でのみ放送されたという説。
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
怖い話の投稿等、その他何かありましたら下記まで連絡下さい

名前
メール
本文