心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    meganeIMG_8425_TP_V

    現在は閉鎖されている観音隧道が心霊スポット。

    映画などでも使われ、県内で最も有名な幽霊トンネル。

    観音表参道にある脇道から徒歩でトンネルまで行ける。

    通行可能な頃は、白い車でクラクションを3回鳴らすと車体にべっとりと赤い手形が付くと言う噂があった。

    車では行けなくなった。

    kazukihiro512015_TP_V

    東京・四谷にある上智小劇場は、上智大学の中にある小さな劇場です。

    大学の中でも一番古い建物である、一号館のどんづまりにあるこの劇場は、かつてチャペルとして用いられていたのですが、大学紛争時に、学生が演劇活動をするための場所が必要であると、先日退官されたある神父様が意を決して黒塗りにしてしまったという、いわくつきの場所です。

    【【関東の恐怖体験】東京・四谷にある上智小劇場】の続きを読む

    PAK77_konbininobinirugasa_TP_V

    伯父さんから聞いた話です。

    私の伯父さんは昔、東京でタクシーの運転手をしていました。。

    伯父さんは体格もよく、心霊現象などは信じていなかったそうです。それは今でも変わっていません。

    ただ一度だけ怖い思いをしたそうです。

    以下伯父さん曰く、
    タクシーの仕事で深夜お客さんを乗せて走っていた。そして、降ろした所が青山墓地の近くだった。

    【【関東の恐怖体験】青山墓地】の続きを読む

    P1030708-Edit_TP_V

    数年前、まだ学生だった僕は24時間営業の、某弁当屋の深夜時間帯(22時~翌6時)でアルバイトをしていました。 

    【【恐怖体験】赤い帽子をかぶった子供】の続きを読む

    URASHIBAPAKU2309_TP_V

    今はもう高架になっちゃったけど、小田急線梅丘駅の近くの踏み切りでの実話。

    昔配達のバイトしてた時、車でそこを通ろうとしたら目の前で遮断機が下りてしまった。

    そこは一度閉まると夕方とかなかなか開かないんだよね。

    2本くらい電車が通り過ぎたあと、ふと見ると向こう側で高校生くらいの女の子がにこにこしながら誰かに手を振ってる。

    その踏み切りは車はよく通るが人はあまり通らないんで、こっち側で待っているのは自転車に乗ったおっさんしかいなかった。

    【【関東の不思議体験】小田急線梅丘駅の近くの踏み切りでの実話】の続きを読む

    013KAI319_TP_V

    1945年7月、ドイツ人実業家ワルデマール・ユルスルート(en:Waldemar Julsrud)がアカンバロの町外れにある通称「牡牛山(ブルマウンテン)」の麓で奇妙な土器を発見。

    考古学マニアであったユルスルートは使用人のティナヘロとその息子に発掘を命じたが、土偶は日々大量に出土しその数は最終的には七年間で32,000体にものぼった。

    2004年現在アカンバロで発掘された土偶は37,000点以上に及ぶ(ただし、その全てが恐竜土偶というわけではない)。

    ユルスルートは考古学的な調査が行われる事を期待していたが、考古学者チャールズ・ディ・ペソ(en:Charles C. Di Peso)によって捏造との指摘を受けた事に落胆し、1952年を境に土偶の収集を中止した。

    【【オーパーツ】恐竜土偶】の続きを読む

    CKL_yorunosenro_TP_V

    昔、栃木にいたころのはなし。

    両毛線という単線があって山前という駅と小俣という駅の間に川があってカーブの鉄橋があったんだ。

    子供だから時刻表なんて知らないわけ、
    ひとり小児麻痺の子がいてさ、いつも一緒に遊んでていつものように鉄橋を渡ったんだ。

    本当にいつも怖くてさ、でも本当に列車が来たんだよ。

    渡りきっていた俺たちは後ろを見て固まったさ。

    【【切ない体験】小児麻痺の子が線路で・・】の続きを読む

    LOK_magamagasiisoratosairen_TP_V

    レイヘイシ街道沿いにあるつるまきの出来損ないみたいなオートスナック
    の近くに横へそれる道があってそこを曲がってひたすら進んでゆく。

    橋を渡り、右手に見える幼稚園らしき施設の前をを通り過ぎさらに進む。

    やがて道は林の中へ入る。するとすぐ右側に小さな鳥居が見えて、直後に右折できる道が現れる。

    しかし、それを通り過ぎ少し進むともう一本
    同じように右折できる道が現れる。そこへ至るころには林を抜けている。

    曲がると畑やビニールハウスなどが連立しているニラくさーいみちになる。

    その道をまたしばらく直進すると、今度は大きな鉄製の鳥居が現れる。

    その場所は十字路になっている。鳥居をくぐり農道を400mほど進むとまた十字路があり街頭のある電柱が立っている。十字路を直進すると山に入るが、そのまま道を進むと右側に神社の建物の一部のような建造物が現れる。

    そしてその反対側にそれはある。

    大きな農家の家。住む人間は居らずまた、訪れる人間もほとんどいない。

    庭に至る道は藪にふさがれ、訪れる人間の進入を拒んでいるような感がある。

    通称 「T島家」

    【【関東の恐怖体験】レイヘイシ街道沿いから行ける「T島家」】の続きを読む

    058horror0523_TP_V

    私の家は、代々霊感強くてさ、知り合いっていうか、親戚にも霊媒師が 
    数人いるんだよ。この話は、私の母から聞いた話なんだ。

    【【切ない体験】私の初めての友達】の続きを読む

    OHT98_rojiuranonekocyan_TP_V

    某あっちの世界・・・に掲載して頂いた話し。

    ユニオン通りの近くにビジデン有りますよね。

    新館の方なんですけど。

    その斜め向かいに細目の路があるのですが、ビジデン側を背にその路を歩いていくと直ぐ、
    左側に大谷石で囲まれたお墓があるんです。

    【【関東の恐怖体験】ビジデン近くのお墓】の続きを読む

    このページのトップヘ