心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    PAK885_yumeututu15192521_TP_V

    俺が中学生のころの話しなんだがこの頃に集中して怖いことが結構あった。

    【【不思議体験】中学生の頃結構怖いことがあった】の続きを読む

    KAZTDSCF2538_TP_V

    スペイン語でラス・ボラス・グランデス(大きな玉)。

    石球のほとんどはタラマンカ山地のふもとに産する花崗閃緑岩が素材であるが、貝殻石灰岩によるものも少数存在する。

    大きさは直径2センチの小さなものから直径2メートルを超えるものまでと様々である。

    最大級の石球は重量にして約25トンである。現在、石球の持ち出しや売買は法律で禁じられている。

    誤差数ミリのほぼ真球であるとする主張もあるが、実際にはそのような計測結果は示されていないとする説もある。

    【【オーパーツ】コスタリカの石球】の続きを読む

    KAI428020_TP_V

    ある日、帰りが遅くなりバイクを停めていた駅に着いたのが21時くらいになった。 
    駐輪場へ入っていくと結構遅いから駐輪スペースはガラガラ。(放置自転車があるからそれなりにはあるけど) 
    混雑してる時に停めたので、スペース無くてかなり遠くに置いてあったんだけど、そこへ近付くにつれて違和感を感じた。 
    ガラーンとした駐輪場に残ってる自転車もなんか変な気がした。倒れている物も多い。見られている気配というのか、周りが妙に気になった。

    【【恐怖人間】駐輪場】の続きを読む

    zb1869DSC_8794_TP_V

    コロンビアの首都ボゴタにある、国立銀行付属黄金博物館に展示されている。

    大きさは幅5センチ、高さ1センチほど、手に乗る大きさでペンダントなどの装飾品であったと思われる。

    これを鑑定した動物学者のアイヴァン・T・サンダーソン博士は、他のどの生物とも似ておらず、三角翼と垂直尾翼がありジェット機やスペースシャトルにも見えるといったことから、「ベル・ヘリコプター」の設計者として知られるアーサー・ヤングに検証を依頼した。

    彼の検証の結果は、航空力学の理にかなった形状をしているというものだった。

    これ以外にも、垂直尾翼がないもの、翼が大きく湾曲しているもの、目があるもの、ヒレや羽などの模様がついているものなどがある。

    また、発見場所のコロンビアとナスカの地上絵のあるペルーが場所的に近いことや、黄金スペースシャトルとナスカの地上絵の造られた年代が一致することから、なんらかの関わりがあるのではないかとも言われているが、定かではない。

    OMG150918060I9A6416_TP_V

    現在、十数個が確認されており、そのほとんどがマヤ文明やアステカ文明、インカ帝国といった中南米の考古遺物とされている。

    当時の技術水準から考えてあまりにも精巧に造られているとも思えるためにオーパーツとして取り上げられる。

    イギリス人のF・A・ミッチェル=ヘッジスが1927年にベリーズ南部の古典期の遺跡ルバアントゥンで発見したとされる。
    ミッチェルの養女アナの17歳の誕生日に発見され、彼らが遺跡の調査を中断して水晶髑髏を私蔵したため。

    様々な憶測を呼んだ。このヘッジスの水晶髑髏(ヘッジス・スカル、運命の髑髏などとも呼ばれる)は実物大で、解剖学的にみても精緻に造られている。
    ヘッジスの水晶ドクロは、1個の水晶から造られていて「下顎骨」部分は、取り外し可能である。

    道具による加工痕がない。また、ひびも入っていない。
    水晶の石目を無視して彫られている。

    【【オーパーツ】水晶髑髏】の続きを読む

    015KAI319_TP_V

    疑問はあったがそのまま窓を跨ぎ二階へ足を踏み入れた、廊下は暗く湿っている。 
    当たり前だ、入ってあらためて見渡すと日の光が射せそうな場所が一切無い。 

    【【恐怖体験】廃屋 後編】の続きを読む

    015KAI319_TP_V

    たぶんみんな経験があると思うけれど、小さい頃って「廃屋」があるって聞いただけで冒険心が疼いて仕方ないと思うんだ。 
    俺自身もあの日は家からそう遠くない場所にまだ探検してない「とんでもない廃屋」があるって聞いて、狂ったように喜んだのを憶えてる

    【【恐怖体験】廃屋 前編】の続きを読む

     
    TKL18063005_TP_V
    母が親父と離婚して母親が看護学校へ行っている間に自分は叔父の家でお世話になることになった夏の出来事です 
    叔父は人の良い爺さんで川沿いで近くに少し大きな橋がありちょっとした古い武家屋敷でした 
    当時の自分は中学1年生だったかな?夏休みと言う事もあって親戚の子供3人が叔父の家に泊まることに 


    【【恐怖体験】田舎で遊ぶ物もなく川でよく遊んでた】の続きを読む

    kazuhiro17810001_TP_V

    僕が小学生の頃、自殺をする人が増えそれに関するニュースも 
    よく目にするようになりました。その頃は自分で自分を殺すなんて怖いなあ位で 
    あまり深くは考えていませんでしたが。 

    【【不思議体験】この人は飛び降りる気だろうか】の続きを読む

    ELFADSC06499_TP_V

    今はもう取り壊されたが、昔一軒家で家族と住んでいたときのこと 

    【【恐怖体験】この日を待ってた】の続きを読む

    このページのトップヘ