HOTEL86_datuijyo20150125021400_TP_V

私がまだ4~5歳の頃の話です。 
当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。 

まだ小さかったので母と女湯に入っていました。 

或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の 
中でプールよろしく遊んでいました。 

今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドア 
が付いているんですね(何処もそうなのかも知れません) 
私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。 
ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。 

ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。 
なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。 

何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。 

ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました 
おわースゴい。夢中になって覗いていました。 

ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか 
突然、私は目を離し身を引いたのです。 

そして次の瞬間、鍵穴からはマイナスドライバーの先端が狂ったように 
乱舞していました。・・・・・・ 

私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした。