P1000370_TP_V

俺んちの家系は男は霊感が0のかわりに女の霊感が強くなる傾向があるらしい。 
実際俺も霊感はまったくない、親父は婿養子だから当然ない。妹はしらん。 

子供のころ、小便がしたくておきた俺が用を済まし時計をみると夜の二時だった。 
そんな時間に起きていたことのないおれはなんかテンションがあがり深夜の家を探検することにした。 
母ちゃんのうなされる声が聞こえて、暗がりからふすまを覗くとベッドでうなされている母ちゃんの腹が妊婦みたいに膨れ上がり布団からニョキと足がはみ出していて、どうみても2mくらいの大きさになっていた。 

人間本気で恐怖すると声なんて出ないんだな、おれは四つんばいで部屋に帰り、布団に包まって泣きながら震えていた。 
頭の中はパニックでこれからどうしようどうしよう、父ちゃんに打ち明けるべきかどういったら信じてもらえるか、自分の母ちゃんが化け物だった。母ちゃんは化け物だった母ちゃんとの思い出がぐるぐる回って声が出ないように布団を噛んで嗚咽を隠した。 

やがて寝てしまったらしく朝になり母ちゃんが起こしに来たのだが目が明らかに変わっていた・・・ 
爬虫類というか、どこか他人を見るような目で俺を見るようになった。

・俺が話しかけても一度目は無視をする。 
・話してるときに表情が全くかわらない。 

そのときの母ちゃんの症状は俺や親父に対してもこんな感じなのに親父は全く気にした様子もなく会社に行ってしまった。 
 
困り果てた俺は霊感が強く、自分が体験した心霊体験をよく俺に聞かせてくれたばあちゃんに相談することにした。 
俺が泣きじゃくりながら母ちゃんが化け物だったこと、俺はそのうち捨てられることを話したら 
「母ちゃんはきつねがトリついてるわしがなんとかする」といって俺を抱きしめてくれた。 
婆ちゃんの匂いは嫌いだけど我慢した。 

その日の夜中、俺はばあちゃんに起こされると母ちゃんの寝室に連れて行かれた。 
ふすまを少し開けて覗くと、母ちゃんがうなされていて、だんだんと布団のお腹の部分が膨れていった。 
俺が泣きそうな顔で助けを求めると、ばあちゃんがガラッとふすまを開けて、持っていた竹箒で母ちゃんの腹を叩いた。 
すると一瞬蒼白く光った母ちゃんのお腹は元のサイズに戻った。 
これでもう大丈夫、おまえが見つけてくれたおかげで母ちゃんは助かった。 
そういって泣きじゃくるおれをあやしてくれた。 
あれから親父転勤で引っ越して、久々に今日実家に帰って婆ちゃんにあってきたので記念に書いとく