UNIDSC04356_TP_V

数年前に面倒になって以来、ブログはやってない。 

気づいたのは遠方に住んでる何人かの友人から時折来る携帯のメール。
 
「そういやお前先月、香港に行ってたんだね」やら
 
「車のキーなくして大変だったんだって?」やら 

「彼女もうすぐ退院できるんだって? 良かったね!」など、身近の人間や 
会社の人間、ましてやまだ入院中の彼女ですら知らないことまで、全国あち 
こちに住んでる友人からメールの折にそういう内容を書かれてきたんだ。 

その彼女のことを書いてきた友人(Aとしよう)の電話で判明したんだけど。
 
俺「彼女はまだ入院中だよ!それにしばらく退院の目途たってないし」 

「うそつけ、昨日のブログに書いてあったじゃん」 

俺「俺のブログはだいぶ前から放置してんだよ、何言ってんの!」 

「またまたw 来週16日、やっと退院できますって写真まで載ってるし」 

「人違いじゃねーの?マジでブログ放置中だって!」 

「だって「○○のシュウちゃん(HN)」ってお前だろ?」 

「確かに俺らにしか分からないHNだけど、誰か勝手に載せてるんだろ。 
ちょっとそのリンク貼ってメールで送り返してくれない?犯人捜すから」 

「いいよ。でも絶対お前だって!画像まであるし」 

「だから俺見て確認すっから!」 

Aからメールで送られてきたリンクに飛んで、唖然とした。 

確かに彼女と看護婦さん達が写った画像が載ってある。 

海外のレンタルサーバーであったが、全く身に覚えが無い。 

確かにオーナー画像のところに俺が載ってる。  

メールアドレスもこのPCのアドレス。 

週に2~3日の頻度で更新されてあり、過去実際に起きた出来事で印象に 
残っているものは100%と言っていいほど正確に記載されていた。 

電車内で痴漢の捕物があったことや、近所の家事で自分のマンションから 
車で出れなくなり困ったこと、最近スマホに変えたことなど。 

しかも、自分目線の画像が載っていたのには、さすがに身震いがした。 

怖いのと勝手に載せられてる怒りとで、かなり複雑な心境であったが、サー 
バーの運営会社に連絡を取ってみる事にした。 

海外ということもあり翻訳サイトを酷使し、やり取りをしてみたが上手く通じて 
いないようだった。 

IPアドレスが添付されてきたので照合すると、やはりここ。 

ムカっ腹と恐怖に怯えながら一晩寝て、携帯が鳴り目が覚めた。 
彼女からであった。 

「あのね、もう病状大丈夫だから、来週の16日に退院できるって!」 

・・・。 マジかよ。 でも、 

「本当に良かったね! 夕方会社帰りに寄るから」といい電話を切り会社 
へ行く仕度を始めたが、こんな状況で仕事へ行く気にもならない。 

その日は徹底的にブログのことを調べることにしてみた。 

PCを起動させ、問題のサイトに飛んでみて、またも恐怖に晒された。 

○日 タイトル:今日は会社を休みました。  

内容は書いてなく、マンションの窓から河川敷を眺めた、晴れた風景の画像 
だけが載っていた。 

そう、今PCに向かってるこの、ポジションからの眺めで あった。 

また携帯が鳴った。

彼女からのメール。 

添付された画像は、このブログに載ってる一昨日の退院決まったときの画像。 

・・・。 

しばらく放心していて、窓からの平和な景色を眺めて、ふと部屋の中を見ると、 もう一人の自分がいた。 

どう見ても自分以外の何者でもない。
 
でも双子ではないし、兄弟は隣県に住んでるし、何よりももう一人の自分に 
「生気」というものが全く感じられない。

全体的に薄く青がかっている。
 
そして、ただこっちをボーっと立ったまま見ている。 でも怖さは無かった。
 
不思議って感じだったし、なんか妙に落ち着いた感じ。 距離にして2mほど。
 
俺もしばらく釘付けになり、ただそいつをボーっと見返した。
 
そのうち寝たのであろうか、PCの前で目覚めた。 

それ以来は数日平穏に過ごし、彼女も無事に退院。
 
病み上がりの彼女にはこの事はまだ話してない。