HIRO_20130407-P4070174_TP_V

荒川の河川敷に設けられた秋ヶ瀬公園は、様々なスポーツや、また人々の憩いの場として楽しまれている。

公園の敷地は広大で、一通り廻るのにもちょっとした時間を費やしてしまう。

そんな広大で人々に親しまれている秋ヶ瀬公園には、ここ近年になりちょっとした奇妙な噂が聞かれる。

夜な夜な赤子の泣き声が聞かれたり、雑木林のなかで首のない霊が彷徨ったりと多種多様である。

この噂は、どうもこの公園で起きた事件などが関連しているようだ。

公園内には外灯はなく、深夜になれば“真っ暗”になってしまう公園では様々な事件が起きたという話だ。

それらの“浮かばれない霊”たちが、
様々なかたちで現れているのだと人々に噂されている。