G145_syakutorimurishitokamakiri_TP_V

寄生虫は人間に感染するだけで死に至らしめるやっかいなものもいる。

北海道に多いエキノコックスや地方病として恐れられた日本住血吸虫などは致死率の高い寄生虫としてよく知られている。

しかし、感染したら致死率100%という恐ろしい寄生虫がいることを皆さんご存じだろうか。

その名は『芽殖孤虫』(がしょくこちゅう)。世界各地で発見されており、感染後生き残った人間0という恐ろしい寄生虫だ。

その生態は全く持って不明。もともとは何かの動物に感染する寄生虫の幼虫らしいのだが、人間に寄生すると成虫になることが出来ず、体内で延々と分裂を繰り返し増殖する。

皮下で増殖した幼虫はやがて全身にまわり、
喀血、嘔吐、下痢、腹痛、胸痛、脳障害などのさまざまな症状を引き起こし、人を死に至らしめる。

実はこの寄生虫の成虫は見つかっておらず、感染ルートも不明。恐ろしいことに感染報告例が一番多いのは日本だ。

とある生物学者は真剣に「この寄生虫は地球外生命体の可能性がある」と真剣に研究しているらしい。

ある日突然、あなたが皮下にうごめくものを感じたら『芽殖孤虫』に感染しているかもしれない。