DSCF0433_TP_V

男女の産み分けは難しいと言われているが、とある民間伝承においては80%以上の確率で産み分けられると言われている。

その方法はいたって明快。

男女の性別を分けるのは、女性が“感じる”時間で左右される、ということらしい。

女性が30分以上持続して快感を得ていた場合に生まれる性別は圧倒的に男の子が多く、
その逆で、あまり快感を得られなかった場合は女の子が多いというのだ。

その理由は、女性の分泌液が関係している。

女性があまり感じない場合、分泌液は酸性だが、十分な快感を得るとそれがアルカリ性へと変わる。

その違いが、産み分けに大きく影響しているのだそうだ。

この事実からこのような噂もある。

二人の子どもの性別で夫婦仲がわかるというものだ。以下がその例だ。

兄と弟の場合、夫婦は新婚から現在・未来までラブラブ。
姉と弟の場合、最初は遠慮がちだった二人だが次第に打ち解けあって現在・未来は幸せに向かっている。
兄と妹の場合、最初は仲が良かったが徐々にマンネリになり、現在・未来は冷え切っているか、何らかの問題を抱えている。
姉と妹の場合、最初からあまりうまくいっておらず、現在・未来においては離婚や別居等の可能性が高くなっている。