MZ18063DSCF4751_TP_V

普段夫婦で安旅行を趣味にしている者です。

先日平日にちょっと大きめの休みが取れたので○○県の有名な温泉ホテルへと行きました。
普段は安ホテルを信条としていますがこの日はいつもよりグレード高めのホテルへ。

ホテルに着くとシーズンオフだったこともあり、
「スイートルームが空いておりますのでそちらに変えておきますね。料金は同じでいいですよ。」とうれしい申し出が。

ところがスイートルームとして通されたのはただの広い和室。調度品は少しいい物が使われている感じでしたが、階数も中途半端で(8階建ての6階)眺めもいまいち。

まあ、ホテルのご厚意だったので文句は言えません。
しばらくして街を散策しようと、タクシーを呼びました。

ところがそのタクシーの運転手から衝撃の事実が。

「あなたたちの泊まってるホテルの606号室で殺人があったのよ。あなたたちは何号室?気を付けてね。」

その話を聞き、ピンと来ました。私たちの泊まった部屋は605号室。
無駄に広いのは、殺人のあった606号室を拡げて隣の605号室と一つにしたから。
その日のうちにチェックアウトしましたが、大きなホテルで、殺人・自殺などあった場合は、

その部屋と隣の部屋をつなげスイートやセミスイートに改造して部屋番号を無くすという話を知ったのは後日でした。皆さんも不自然なスイートルームにはご用心を。