P1000370_TP_V

先日亡くなった暗子(仮)が実は生きてて、暗子を助けようとしていた陽子(仮)が行方不明になった。ということがありました。 


今年の夏頃、高校の連絡網で暗子が亡くなったと知らせが入った。 
私と陽子を含めた3人は高校の時の同級生。 

高校入学当時人見知りだった私に気さくに話かけてくれた陽子。初めてできた友達だった。陽子は本当に元気いっぱいで、明るくて、正義感の強い子。クラスのムードメーカー的存在だった。 

私達の住む町は何年か前にA村とB町が統合したもので、私と陽子はB町の子。 
A村の山の麓を開拓し、できたのがB町。 
B町ができてすぐに私の両親はB町に引っ越してきた。 
陽子は高校になってB町に越してきた子だった。

私は子供のころからA村にはいくなと両親に良く聞かされていた。 
中学校になるとA村の子と同じ学校に通うのだが、そのときも両親はA村の子とは仲良くするなと言っていた。 
なのでB町の子はA村の子とは話さなかった。 
A村出身の同級生は4人。暗いオーラというか、何か不思議な感じのする子たちだった。 
でも陽子だけはA村の子とも分け隔てなく話していて、その子たちの中でも暗子とは特に親しくしていた。 
私も陽子を仲介として暗子とだけは話すようになった。 

でも高校を卒業して、暗子は県外に行った。 
成人式も同窓会も1度も参加していなかったので、卒業してから1度も連絡を取ることはなかった。 

また、あんなに明るかった陽子も大学生になって、原因はわからないが軽い精神病といった感じになり、なかなか連絡を取ることがなかった。

私は県内の大学を卒業し、B町にある小さな店で仕事を始めた。 
仕事に慣れてきた今年の夏頃高校の連絡網で暗子が亡くなったとの一報を受けた。 
まだまだ24歳。まさかこんなに若くして友人が亡くなるなんてと大変ショックを受けた。 

ただ、葬儀については行くべきか大変迷った。 
連絡をくれた友人も連絡は回しているけど葬儀には参加しないと。親がA村には行くなというからいけないと言っていた。 

私はすぐに陽子に連絡しましたが、連絡は取れず。散々悩んで葬式だけは参加することにした。 

葬儀に来ているB町の子はやはり私だけだった。 
知らない人ばかりに話したことのないA村の同級生4人。正直行ったことを大変後悔した。 

それに葬儀もいくつか変だなと思ったことがあった。

一つ目は喪主の方の名前が暗子の名字とは異なっていたこと。 
もしかすると何か理由があるのかもしれないが、喪主は暗子の親ではなかったのでは…と思った。 

二つ目はなぜか棺・ご遺体共になかったこと。 
普通は遺影と棺とその中にご遺体、そしてご遺体に向かってお焼香という形だと思うが、棺はなく、皆遺影に向かって歌いながらお焼香をしていた。 

最後、三つ目がお経。 
お経は色々な種類があるが、普通お坊さんが唱えるものだと思う。しかし暗子の葬儀では椅子に座っている参加者ほぼ全員が何か暗い歌のようなものを歌っていてた。そして皆一様に口角を無理に上げているよな、笑っているような表情であり大変異様だった。 

私はお焼香を済ませて逃げるように会場を後にした。