PP_temizuya_TP_V

小学校低学年の頃親父に連れられて家の近くにある神社に行ったんだ

今はもう埋め立てられて無いんだけどそこの神社には龍神様をおまつりしてる池があったのよ 
その池ってのが神社が山の中にあるってのもあるんだけど木がたくさん生い茂ってて真昼間だってのにいつも暗くて不気味なのな 

じーちゃんからはよく池に近づきすぎると龍神様の手が出てきて引きずり込まれるとか言われてたし、俺は正直その龍神池があんまり好きじゃなかった 
その日は夏の暑い日で神社の本殿に御参りした後に神社の敷地内にある英霊殿や観音様にも御参りしたのよ 

もちろん龍神様にも御参りに行った、親父が「怖いか?ん?w」って俺の背中を押しながら煽るもんだから俺はムキになって「怖くないし!」つって池のすぐ近くまで歩いて行ったんだ 

そんで池の近くまで行ったはいいけどやっぱり怖い、俺はなんとか平常心を保とうと池の淵に置いてあったカエルの置物の頭に手を載せて「ホラ!大丈夫やん!」と強がって見せた 
その瞬間に鳥が鳴きだしたんよ、しかもかなりでかい声で 

今まで木々がざわめく音くらいしかしてなくて生き物の声なんか一切聞こえなかったもんだから俺はめちゃくちゃびっくりした 
しかもその鳴き声がずっと

「タータイタ!タータイタ!タータイタ!タータイタ!」

って 叩いた 言ってるの 
俺は何が何やらわからなくなっておどおどしてたんだが親父は笑いながら

「あーあ、神様のお使いの頭叩いたりするからやw」

と言ってきた。俺は必死に

「ちゃうもん!手乗せただけやん!叩いてないもん!」

と弁解したが親父が素直に謝っとけと言うので池に向かって手を合わせながら(叩いてごめんなさい、もうしません)と心の中で謝った 
そのあとすぐに神社を出たんだが結局神社から遠ざかって声が聞こえなくなるまでその鳥はずっと鳴いてた

これ全然信じてもらえないけど実話なんだ 

俺の家の近所の人たちはみんなこの神社の前通りかかったらちゃんとお辞儀していく人たちが多かったんだけど 
最近都会から人がたくさん引っ越してきてそういう事をする人が減ってきた(俺は今でもちゃんとやってるが) 
それどころか最近神社の大きな石灯篭が倒されたりする事件もあったりして神様や仏様に対する畏怖の念みたいなのが薄れつつあるのを強く感じるよ