5V7A0980_TP_V

地元の山中に「突然現れる池」があった。小学生の頃に父親と見に行った覚えがある。登山道から外れて少し、木々の中に巨大な水溜まりが出来ていた。もう20年以上前の話。 

最近、地元に帰った時に叔父と話してたらその山の名前が出て、思い出したんだ。 
それで叔父に「昔、あの池を見に行った」と言ったら変な顔された。母に聞いても知らないと言う。 
「新聞にも出てて、おやじと一緒に行ったんだ」兄や妹に言っても分からない。 
父はもう他界してる。 

変だと思って同級生に会う事にした。ちょうどお祭りの日だった。

夜、騒がしい詰め所に行ったら懐かしい顔が何人もいた。 
取り敢えず飲まされ、近況等を語った。昔のあだ名で呼ばれて何だか恥ずかしかった。 

少し酔ってきた頃、例の山の事を聞いてみた。 
「そういえばそんなのあったあった」 
「今は現れないの?」 
「全然聞かねえ」 
区長さんに酒を注ぎに行って話してみた。 
「あれか。昔は何年毎に現れるなんていわれてたもんだ。気候も変わったからな。こんなに暑くなかったろう」 
明日、登ってみようと思った。

朝食を食べながら家族に池の話は夢じゃなかったと話した。 
昨日居なかった祖母は池を知っていた。これから一人で行ってくると言うと「止めろ危ない」と。 
友人と行く事にして許してもらった。もちろん一人で行った。

登山口の駐車場には俺の車しかない。 
曇っていて登山道は暗い。急な斜面を登ると汗で背中が冷たくなった。 

20分位登った頃、林の中に猟銃を持った男がいた。向こうはこちらに気が付いていない。とっさに木の裏に隠れてしまった。 
危ないんじゃないか?こんな所で銃使っていいのか?男は藪の奥へ入っていった。 
俺は銃が怖くなってきて、そこで登るのをやめてしまった。

実家に戻って「場所がよくわからなかった」と家族に嘘を話した。 
祖母は「無事で良かった。あそこは何だか気持ち悪い話もあるみたいだから」と言った。 

その夜にあの山の夢を見た。暗い林の中に池がある。白いワイシャツを着た親父が隣にいる。
池を眺めている俺達を後ろの木の裏で猟銃を持った男が見ている。
そんな夢を見て夜中に目覚めた。 

有名な「幻の池」があるのですね。私の山は全くヒットせず。地元民でも知らないからなあ。 
猟銃の使用エリア等はどうなっているんでしょうか。藪こぎしてたら死亡とか怖すぎる。