003KZ1868_TP_V

樋口関太夫という者が言い伝えを無視し、家来たちを引き連れて土佐山北の山に 
入ったところ、17,18歳程度の女性が関太夫を指差して笑っていた。 

次第に笑い声が高くなり、周りの石、植物、水、風までもが大笑いしているように笑い声が轟いた。 
関太夫たちは慌てて逃げ帰った。 
家来たち は麓で気絶したものの、関太夫はどうにか 無事帰還した。 
関太夫が死ぬまで、あの笑 い声は耳に残っていたいう。 

なお、文化時代の土佐の地誌『南路志』 に、これとまったく同じ物語があるが、 
題は「笑い男(わらいおとこ)」であり、登場する妖怪は女性ではなく、 
十代半ばの少年とされている。 
逃げ帰った関太夫が後にその笑い声を思い出すときには、耳に鉄砲 を撃ち込まれたような音がしたという。 

「笑い女」の名の妖怪は、同じ高知の 幡多 郡宿毛市と土佐郡土佐山村にも伝わってお り、 
夜の深山で姿を見せずに笑い声をあげるものといわれる。 

芸西村白髪では、タカサデ山という場所に2人の老婆が山菜を採りに行くと、 
若い女が現れて笑い出し、 老婆たちもつられて笑い、女がいなくなった後も笑いこけ、 
その挙句に何日も熱病に侵されたという。 

香我美町(現・香南市)では、笑い女を退治した際に用いたと いう剣が、 
土居城の跡地にツルギ様という祠として祀られている。 

土佐山村 (現・高知市)では、笑い女は麦の熟す時 分に現れるという。 

西土佐山村では、山女郎が人前に現れて大笑いし、一緒に笑うと食われるといわれる。 
タヌキが笑い女の正体とされることもある。