moroSIMG_4278_TP_V

幼児の記憶を侮ってはいけない。
 
うちの子が小学校高学年の時、何かの話題のついでに 

「私、保育園の頃キャンプ行ったよね?川の近くの。あの時、黒い犬いたよね。」
 
と話し出した。 

確かに2歳の時キャンプは連れて行ったが、

犬などは連れても行かないし、キャンプ場にもいなかった。 

一瞬、小さい子どもの10年も前のただの憶違いだと思ったが、なんか気になって、 

じっくり、親としての記憶をたどってみた。 

封印が解けたように思い出した。確かに「黒い犬」の存在はあった。 

キャンプ場ではなく、駅からキャンプ場に行くまでの長い川沿いの道の、

全然関係の無い民家の前につながれていたのだ。 

駅から歩きで、我々親子は元々時間より遅れての参加だったので、

私は早くキャンプ場に着きたかったので、 

「黒い犬」と遊び始めた子どもをたしなめて、

手を引いてキャンプに向かったのを思い出した。 

親はキャンプ参加のイベントはしっかり記憶していたが、

そこから逸れた行動は記憶からすっかり排除していた。