SIN0I9A3648_TP_V

もう10年くらい前になるんだけど、 

当時、夜勤終わりに家に帰ろうと、朝方いつもの田舎道を車で走っていたら、 

車に轢かれた犬の屍骸が横たわっていた。(田舎なのでよくある光景) 

俺はいつものように軽快なハンドルさばきでそれを回避する。可愛そうとも思うが、 

正直車が汚れてしまうって思う気持ちの方が遥かに上回っていた。 

家に帰りその出来事を早くも忘れ、豪快に朝食を食らっていた時だった。 

「何だろう...あの犬が無性に気になる」急にそう思った。死ぬほど気の毒になって、起きてきた母に
 
「道で死んでいた犬可哀相だからちょっと埋めて来るわ」

「は??」
 
物置にあったスコップを手に取り、現場へ直行した。 

車を降りて横たわった動物に近づくと、見事に内臓が飛び出していて見るも無残の状況だった。 

さらにさらに近づき顔をのぞきこむと、その動物は犬じゃなかった。 

キツネだった。 

その時はなんだキツネだったのかーくらいしか思わなくて、

近くの川原に穴を掘り、軽く手を合わせ家に帰った。 

家に着いて途中だった朝食の食いながら、母に言った。

「たまには墓参りに言った方がいいかなー?」 

すると母は「あんたそれ以上気にするのやめな!

埋めに言ったのは偉いけど、可哀相、可哀相って思われ続けてたら 

そのキツネいつまでたっても天国行けないよ!」 

言われて、俺は目が覚めた気がした。俺は何やってんだろうw自分の行動が笑えた。 

今思えば、俺キツネに呼ばれてたのか化かされてたのかなーとマジ不思議な体験だった。