kazukihiro512078_TP_V

曾ばあちゃんは、中部地方の山の中の集落の出らしい 
子供の頃に両親が亡くなって、兄は奉公に出て、幼かった婆ちゃんは庄屋の家に引き取られた婆ちゃんは二歳年上の庄屋のお嬢さんの遊び仲間兼お付の女中になった。 

それで婆ちゃんも礼儀作法や読み書きをを厳しく仕込まれたらしい。 
年が近かったせいか、お嬢さんが姉のようで、お嬢さんも婆ちゃんを妹のように可愛がってくれたらしい 
婆ちゃんが今の中学2年の頃に、村に問題が起こった

最初は村の鼻つまみ者が死んだ。神仏を信じないで地蔵や岩に彫った神様に小便を引っ掛ける、 
お供え物を蹴散らす、入っちゃいけない場所に入る、天狗を見た、梢に化け物がいると言い、 
夕方に枝の上から大声を出す、水をかけるといった具合で、親もさじを投げて村八分状態。 

そんな男が死んだので、村では神様の祟りだ、天狗の祟りだという話になった 
山中の高い木の下で死んでたのも、天狗の仕業とされたらしい 
そのうちに立て続けに、村の人が事故にあうようになった。慣れた道で転ぶ、木から落ちる、 
という小さい事故が相次いで、村に天狗の祟りが続いていると噂がおきた

初めのうちは宥めて回る者もいたらしいが、そのうち噂が噂を呼んで話が大きくなったそうだ 
祟りを恐れてこっそり逃げ出すものも出てきた。村では祟りを沈める方法が色々話し合われたらしい 
天狗に生贄を捧げればというものもいて、婆さんは生きた心地もしなかったらしい。 
生贄といえば若い娘に決まっている。山の中の集落だから年頃の娘は少ない。となれば身内の少ない自分が選ばれるに違いないと思っていたそうだ 
話し合いの末に庄屋が金を出すからと説得して、山をいくつか越えた先の集落に婆さんの拝み屋を呼ぶことになって迎えの者が出発した。 

ところが、迎えの男たちが半月経っても戻ってこない。 
婆ちゃんもお嬢さんが屋敷から外に出るとじいっと見る村人もいて、気味悪くてほとんど屋敷の外に出なかったらしい 
年嵩の女中仲間も他の奉公人も、祟りの噂話をすることもなくなってしまっていた。庄屋も顔色が優れないようなった 
婆ちゃんは、生贄を出すことに決まったんだ。自分が生贄にされるんだとうすうす察して、怯えたそうだ。 
ただお嬢さんだけが変わらずに振舞っていたらしい