AMEMAN17826009_TP_V

小学生のときラブラドールを飼っていたんだけど、首輪から抜けて脱走して、近所の人がうちまで連れてきてくれるということが度々ありました。

田舎の住宅地なので、だいたい「あの家はあの犬を飼ってる」とかご近所なら把握してます。
当時白のラブラドールを飼っていたのはこの辺では我が家だけだったので、
脱走した時は親切にうちまで連れてきてくれるんです。 

その日も夕方家でテレビを見ていたら、またうちの犬が脱走していたようで、
近所の人がうちの玄関まで連れてきてくれました。 

でもうちのは脱走せずにちゃんと庭にいました。うちの犬はラブラドールにしては小柄で結構太っており、何より子犬の時の手術の跡が左前脚にくっきり残っており、まさか他の犬と間違えることはありません。 
うちの庭にはうちの犬がおり、ご近所の人が連れてきてた全く同じ体型で手術跡もちゃんとある犬が玄関にいました。 

結局連れてこられたラブラドールは、うちのじゃないです、ということで、またご近所の人に連れ帰ってもらいましたが、なんだったのか分かりません。 

うちの前の家では、白いピレネー犬を飼っていて、当時その犬種を飼っていたのはその家だけでした。 
ある日うちの車庫にそのピレネー犬がいたので、前の家のが脱走してきたんだと思って連れて行ったら、前の家の庭に本物?がちゃんといました。 

私は小学低学年でそのとき家に一人だったのでどうしていいか分からず、そのまま前の家のおばさんに犬を渡してきてしまいました。 
この近辺は山を削って造った団地で結構他の集落とは離れているし、他所から犬が迷い込んでくることはまずありえないです。 

2度も犬の空似のようなことがあったので、どうしようもなく不思議でした。