PP_sabisisounashika_TP_V

鹿がいると噂の山へ行った。 

現地へ着くとがっかり。 
とうてい山と呼べるものではない。 
面積はあるが正直言って森。森が中央部へ向けやや高くなっている程度。 
中へ入るとバラックのようなのが建ち並んでた。 

バラックは橋に沿い一列に並んでて、橋の下はちょっとした峡谷だった。(と言ってもミニサイズだが) 
川が橋の下で行きどまりになってる様子で、地下へ続いてるんだろうか? そのへんはよくわからない。

橋を渡る最中に、キツネが走ってきてすれ違った。ちょっと驚いた。山奥と言うほどじゃない場所にキツネ? 
バラックの前に住人らしき人がいたから聞いてみた。 

「ここに鹿はいますか?」 
「知らんね。でも人魚ならいるよ。ほら」 

は? 人魚おォ? と思いながら川を覗くと、でっかい魚がゴボゴボちょうど渦巻いて潜ってくとこだった。 
下半身(て言うのか)しか見えなかったから、確認出来た限りでは魚だったけど、人の背丈以上あると思った。 

さすがに人魚と信じるのはアレだろうけど、振り返ってもあれだけ大きい魚は見た事が無い。なんだったんだ・・・・