PAK36_hikagenikakurerukaerusan_TP_V

小学生の頃に金の蛙の置物を拾った話をしよう 

高さ5センチほどの小さな金の蛙 
今思うと金メッキされてたのかもしれんが、大きさの割にずいぶんずっしりしてたのは覚えてる 

親戚の家に行った時、家の周りを一人で散歩してたらブロック塀の上に鎮座してたので拾ったのだ 
それを持って帰って、家の居間の窓際のコンポの上に置いておいたんだが、 
それから不思議と色んな親戚からお小遣いをもらうなどが続き、やたら金が入ってきた 

ラッキーと思ったが、なんとなく蛙のおかげかなぁとも思った 
なので褒美にフキフキでもしてやろうかと思ったらいなくなっていた

家族に蛙について聞いたらそんなのなかったと言われた 

ここからが不思議なので今でもよく覚えてるんだが、思い返すと拾ってから家に帰るまで、
金の蛙を拾ったと家族や親戚には何回も言ったけど、見せようとすると、
俺が落とす→探すけど見つからない→見つかったらまた見せてね→相手が去った直後に見つかる 

または相手がばたばたしてて、あーはいはい後で見せてねって感じになってしまい 
親戚の家の周りで拾って、俺の家の居間に飾るまでは 
結構堂々といじってたにもかかわらず俺以外の誰も見ていない 

そんなわけであの幸運の金の蛙は、俺以外の誰にも認識されることなく訪れそして去ってしまった 

今も誰かを幸運にしてるのかなぁ、と思い出したのでカキコ 
もう一回見つけたら、幸運はいらんからお礼にちゃんとフキフキしてやりたいなぁ