bitcoinIMGL3746_TP_V

A美さんは地方の公立高校に通う普通の高校生だったらしい。 二年生に進級した春、
新しくクラスメートとなったY子からイジメを受けるようになった。 
それまでA美さんはY子と話をした事も無く、イジメの原因にも 
当初、心当たりは無かったそうだ。 

しかし、Y子がクラスの中心的存在であった為、ゴールデンウィークを過ぎた頃にはA美さんに話かける女子はクラスにいなくなっていまう。 

それでも、A美さんは学校を一日も休む事無く体育祭、試験、修学旅行そして文化祭を 
孤高を守ったのだった。

A美さんの毅然とした態度に、Y子を中心とするクラスの女子達はイジメを執拗に
そしてエスカレートしていったそうだ。 
かなり、惨い行為もあったそうだが 

11月のある日、担任の中年女性教師の授業の事である 
クラスの男子C男が突然立ち上がり、クラスで起こっているイジメ問題について話をしたいと
言い出したそうだ。 

教師は今は授業中だからと言い席に付くように言うが、C男は今までイジメを
見てみぬ振りをして来た担任教師を逆になじった。 

C男に同調する野次を飛ばす男子達、 
互いに顔を見合わせ怯える女子達、 
生徒の反抗に狼狽し、ヒステリックな怒りを男子にぶつける教師。

結局、事態の収拾したのはA美さんであった。 
A美さんはこんな事を言ったそうだ。 

「このクラスにイジメ問題は無い、 
 何より私がイジメを受けていると思って欲しくは無い。 
 大人の世界でも困った人達は嫌がらせやストーカーを行う。 
 偉い人達が動かす国際社会でもそんな事はあるでは無いか。 
 日本が隣国からイジメを受けていると言うだろうか? 
 否、困った隣人から嫌がらせや、ストーカー行為を受けていると言うだろう。 
 私はクラスのみんなと仲良くしなければ成らないと言う事は知っている。 
 しかし、困ったお友達の相手をしてまで人としての誇りを無くしたくは無い。」

A美さんの凛とした姿に、クラスの男子達のみならず意に反して
Y子のイジメに同調していた女子達の気持ちを変えた。 

未成熟な集団ほど人間関係のパワーバランスは脆いものである、その時をきっかけに
A美さんとY子の立場は逆転したそうだ。 
Y子はそれから三日後より登校しなくなる。 
  
話は続くこの後、多くの事があったのだがまとめて話すと 
・Y子と彼女の家庭は有能な人権派弁護士を雇って人権侵害でA美さんを訴えると言い出す。 
・慰謝料はきっちりと刈り取り、払えなければY子の家庭が経営する店で働かせる・・・

そこまで追い詰められ 
小さな工務店を経営するA美さんの父親はY子とその家庭に屈する事にした。 
A美さんはクラス皆の前でY子に謝罪し学校を退学する事を約束したのだった。 

さて、ここから話が始まる。 

退校の準備を進めるA美さん、相変わらず不登校を続けるY子師走に入り、そんな中まず担任の
女教師が気の病で倒れた。 

次にY子の側近で、Y子の不登校以来クラスの中で一人浮いていたZ子が
原因不明の発疹により病欠がちになったそうだ。

奇妙な事にY子とその母親も原因不明の発疹に犯されていると言う。 
クリスマス前になるとY子のほうが退学してしまった。 
結局、Y子がいなくなり問題は終結A美さんはそのまま学校に残り卒業、そして地元の国立大学に進学した。 

何があったのか? 
A美さんの父親が裁判と言う男の戦いをしている時

A美さんの母親もまた女の戦いをしていたそうだ。 
寺で生まれ育った母親は古い十円玉の裏側、つまり10と製造年月日が刻まれている面の 
刻印をサンドペーパーで削り取った。 

次に麻布に水で薄めた酢を浸し、それで十円玉を丁寧に磨き上げた。 
(※日本の硬貨に手を加える事は違法です。) 
出来上がった十円玉と小さな釘をお守り袋に入れると、A美さんに持たせ、 
十円玉の刻印を落とした面を常に前に向くようにして首に掛けていろと言う。 
そして、家に帰った時に十円玉と釘を取り出しきれいに磨くようにと言ったそうだ。 

ただそれだけ・・・

後に母親がA美さんに説明した事をまとめるとA美さんからY子による嫌がらせを受ける
きっかけに思い当たりが無いと言う事とクラスの人間関係について色々聞いた後に 
母親は原因が色恋沙汰では無いかと推測した。 

実際に、Y子はC男に好意を持っており、C男はA美さんに好意を持っていたのだった。 

普通に生活していればA美さんもC男の思いに気づいたのだろうが・・・ 
その頃はY子達からの嫌がらせの日々、A美さんはクラスの中で生きるだけで精一杯であったのだそうだ。

ともかく、色恋沙汰が原因とは言え開き直ってここまでするY子の事だから 
呪い】も仕掛けてくるだろう・・・ 

しかも、A美さんの発言を逆手に取って人権派弁護士を持ち出す手法より
Y子は海外の【呪い】を繰り出すと母親は考えた。 

海外の【呪い】には詳しくは無く対処法も分からなかった母親は【呪い】を
そのまま返す事を思いついたのだった。 

結果、呪いの中心であったY子とその母親に呪いが返ったのみならず 
呪いに協力したZ子、そして呪いには無関係であったが 
A美さんに担任と言う立場を忘れ 
逆恨みをしてしまった教師にも災いが起きたのであった。

つまり、磨いた十円玉は呪いを返す鏡で釘は呪いを増幅する役割を果たしていたのだそうだ。 

さてこの後、A美さんとC男が結ばれて話が終わればスカッとした話となる。 

しかし、実際はA美さんとC男は結ばれる事は無く別々の大学に進学したのだそうだ・・・