tatamiDSC01216_TP_V

今の私はあまり何かを見たりとかはしませんが、小さい頃はそれなりに霊感がありました。 
ちなみに、幼稚園生ぐらいの頃は社宅に住んでいたんですが、ある日、床に正座してグッと上半身だけ前に傾けて、調度床を覗き込むようにして見たんです。 


そしたら普通はただフローリングしか見えないはずなのに、私はそこに人が居るのが見えました。 
木で出来た人形のような人で、同じように木でできたキッチンと机と、どうやらそこで暮らして居るようでした。

息を潜めてじっと見ていたんですが、その人は私に気づいたのか、おもむろに顔をあげようとしたので、目が合うのが怖くてパッと床を離して、起き上がりました。 
なんとなく、この人は小人だと確信して、その後も何度もそれを見てみようとしたけれどもう一度その人を見ることはできませんでした。 

それから小学生にあがって、一戸建てに引っ越しました。 
その家の二階には畳の部屋が一室あったのですが、一人でその部屋に入った時、なんとなく昔の体験を思い出して、今なら見えるような気がしたんです。 
それで、昔やったのと同じように床を覗くと、今度はイグサで出来た人が居ました。

やっぱり怖くて離してしまったんですが、どうやらその小人たちはその床の材質で出来ているようです。 

ネットで同じような体験をした方がいるか、その小人の正体は何なのか調べてみたんですが、結局分かりませんでした。 
何かご存じの方が居たら教えていただきたいです。 
イグサを見た家は今でも住んでる家なので、それが良いものなのか、悪いものなのが気になるので。 

と、こんな感じであんまり怖くはないんですが、もしかしたらどこの床にも住んでいるのかな、みたいなことは思ってます。