20140126-P1010474_TP_V

7年位前に2年ほど、千駄ヶ谷某トンネル近くの設計事務所に 
勤めていました。

小さな事務所で実際に働いていたのは、私と 
社長だけのハズですが、気配だけの人も数人いたようです。 

よってその事務所、日中奇妙な物音がするのは当たり前ですた。 

社長はあっちの席、私はこっちの席、 ほんじゃあいだをウロウロしているこの足音だーれ? と言う程度に。 

そうそう、人影がスッと通りすぎることもあった。 けどもうどうでも良かったんで覚えてないのです。 かまっているほど暇じゃなかったのです。 

で、そんな事務所で何が妙だったかというと 夜になるとむしろ静かになったこと。 
出払った、と言う表現がふさわしいほど気配が 消えるのです。 

それともどこかから通勤してたんですかね? 

辞めるまで残業時に勤務時間中のような体験をすることは 一度もありませんでした。