miya1021DSC_4716_TP_V

群馬県太田市北金井町の「北金井キャンプ場」。 

戦前この場所の近くには「中島飛行機薮塚地下軍需工場」があった。 

この地下工場の掘削の際、強制連行されてきた朝鮮人の方々の多くが 、落盤などによる事故死をしている。 

切迫する戦況の中、学徒動員で徴兵された多くの若者が 米軍の絨毯爆撃により青春を謳歌することもなくこの地で短い一生を終えた。 

犠牲者の多くは工場労働者として働いていた若い女性だった。 

この地を彷徨う数多くの怨念が影響したのか、 数人の若者がキャンプに訪れていた時、 
そのうちの女性のひとりが突然狂い出しキャンプ場脇の 貯水池で入水自殺をするという事件が起きた。 

以来キャンプ場では狂った笑みを浮かべた女の霊が多く目撃されている。