KAI427014_TP_V

タモリが言ってた話。 

青山墓地のすぐ側の、何の変哲も無い小さな路地に「!」の看板が立っている。 

そこは地元では相当やばい場所として有名らしくて、 その噂がタモリの友達の耳に入った。 

その友達は霊とかが全然平気らしく、試しに通ってみようと思ったそうだ。 

ある夜、その友達は自転車でその路地に入っていった。 

入ってみると何のことはないただの暗い道。 友達はどんどん進んでいった。 
路地の先は坂になっていて、さらに先には交差点がある。 

「大した事ねぇな。」 

友達がそう思いながら路地の中程まで来た瞬間。 

ズシッ 

急に後ろが重くなったかと思うと、耳元に吐息のようなものがかった。 

後ろを振り返れずにいると、男の太い声で 「急げ…急げ…」と囁く声が聞こえてくる。
 
怖くなった友達は、自転車を飛ばし、あっという間に路地から出て坂道を下った。 
しかし、後ろは重いまま。 

自転車も相当な速度が出ている。

このままでは交差点に突っ込むと思った友達は、 
勇気を出して自転車を止めると、後ろめがけて肘を食らわした。 

その瞬間にフッと自転車が軽くなって無事だったそうだ。