KIJ_hukitunakotogaokisounanote_TP_V

前の会社がサンシャインの中にあった。 

結構仕事の忙しい会社で、アップの期日も間もないので その日も10時を過ぎてもウチのチームだけは残っていた。 

プロデューサとチームの面子で今後の進行についてのことを話し合っていた時 
プロデューサーがいきなり叫んだ 

「いま、そこ・・・そこで何かが横切った!!」 

プロデューサー曰く、机と机の通路の床の上を何かが横切った、というのだ。 

「はあ?別に何もないじゃないですか」 

異常にプロデューサー怖がるので、ディレクターが調べに行ったが何も見つからない 

そりゃそうだ。

人が隠れるスペースもないし、別に周りには特別怪しいものは見当たらない。 

「でもさあ何かが横切ったんだよ、ちっちゃなのが、なんか転がってるみたいに・・・・」 

「猫とか入ってきたんですかね?・・・・ありえないけど」 

「まだ幻覚見える歳でもないでしょw」 

「ヤバイ薬でもやってるんですか?」 

みんながからかい半分で囃し立てる。 

「このごろ皆疲れ気味ですしねえ、どうです、今日はもうお開きにしてみんな帰りませんか?」 

漏れがそう提案すると、プロデューサーも納得し、結局その日は解散ということになった。 

駅で皆がそれぞれの電車に向かい、怖がっていたプロデューサーも少し落ち着き始め 

「じゃあみんな、また明日」そういってホームに足早に消えて行き、チーフのT氏と漏れはその後姿を見送った。 

そこでT氏がポツリと喋った 

「俺さ、何も見えなかったから言わなかったけど、紙、ゆれてたよな・・・・」 

何かが横切ったとされる場所の近くに、今後の予定表が貼られており、 確かにその時、その予定表が不自然なほどゆれていた。 

「見間違いじゃないんですか?」 

そんなことはない。それは漏れが一番わかっていた。けどそういって誤魔化した。 
漏れには見えていた、横切ったものが。 

ゴロゴロと転がっている生首だったことが。 大口を開けて、まるで笑っているように。