NGkotobashi_TP_V

群馬県大間々町に存在する「はねたき橋」は 
かつて自殺者が続出した事で有名である。 

短期間(具体的には1ヶ月弱)で、2桁にも及ぶ投身自殺が 行われたらしく、その強烈な事実には“異常さ”さえも感じられる。 

その事が手伝ってか、霊の目撃談も多く聞かれる事でも有名であり、 具体的な例として 

「何かに引き込まれそうになる」 

「赤子の泣き声が聞こえる」 

「母親と赤子霊体が出没」 

等の目撃情報や体験談が聞かれる。 

自殺者が続出したのは、“以前の橋”が現役の頃だったらしく 現在は老朽化で撤去された“以前の橋”に代わり 夜間にはライトアップされる綺麗な橋として生まれ変わっている模様。
 
以前の「はねたき橋」は、昼間でも薄暗く不気味だったらしいが 現在は、その面影は見られないと思われる。 

かと言って霊が出現しなくなったとも言えないのだが・・・ 

また橋周辺の慰霊碑や、鬱蒼と生い茂る木々の中に佇む神社が 見所と言えば見所。 

何年か前、何人かでつるんではねたき橋に肝試しに行ったそうです。 

橋を渡っている途中何人かの女の子の話し声や笑い声が聞こえてきた。 

自分達と同じように肝試しに来ている女の子がいるんだろうと思って 橋の反対側まで行ってみたが誰も居ない。 

不思議に思って橋を引き返すと、靴が揃えて置いてあったそうです。