tokunoshimaIMGL4607_TP_V

東京都F市に引越した当日、友人のMが歩いて20分ほどの所に住んでいると聞いていたので、訪ねてみる事にした。 

「多摩川沿いをずっと来ればオレのオンボロアパートがあるよ」
 
そうMが言ったので、自分は土産のビール片手に散歩の感覚で出発。 

時刻はすでに午後23時を回っていた。 

しばらく川沿いを歩いたが、結構曲がりくねっていて「これ遠回りじゃないか」と考えた自分は、川の横にあった採石場を突き抜けていく事にした。 

砂漠の様な無人の採石場を月が煌々と照らしていて、なかなか幻想的。 
しかし、行けども行けども採石場が続く。小高い丘や森も見えてきた。 

時間は20分どころか、いつのまにか50分ほど経過していた。 

「変な方向に進んじゃったかな…」と不安になった矢先、遠くからシャアー、シャアーという音。「何の音かな?」と耳を澄ますと、

だんだんと
近づいて来る。シャアー。シャアー。シャアー。 

やがて、前方から自転車が来ているのだとわかる。 

「ちょうど良かった道を訊こう」 

この採石場の会社の人で、怒られるかもしれないけど、迷子よりはましだ。 

そう思い、近づく自転車を待っていると、何かおかしい事に気付く。 
妙なのだ。自転車には紫色の着物を着た女性が乗っている。 

「なんでこんな採石場にあんな人が?」 

顔に前髪がかかっていて(…というよりも、芸子さんの髪を上げてるスタイルが前後逆になっていて、顔に髪のかたまりが乗っかっている感じ)表情が見えない。 

声を掛けようか掛けまいか、ためらっている内にその女性はもの凄いスピードで自分の横を走り抜けていった。「一体何だ?」と思い、ふと振り返った瞬間、全身に鳥肌。 

女は蛇行してから、大きな弧を描いて、今走って来た方向に戻って行ったのだった。
 
まるで特に行く先もなく、いたずらにこの採石場で自転車を乗り回してるかの様に見えた。 

怖くなった自分は全力疾走して、何とかその採石場を脱け出た。 
Mの部屋に着いた時には夜中の1時近くになっていた。