pakuakkdajk_TP_V

入学して1年は戦前から有る古い木造校舎で過ごしました。 
2年生になって木造校舎建て替えで自分のクラスだけが 他の校舎と離れた体育館脇のプレハブの仮校舎で勉強することになりました。 

一番近いトイレは体育館の近くの離れにあり、昼間でも薄暗く、男女兼用で 汲み取り式の為、何時も異臭が漂っていました。 

便壷への転落事故が過去何度も有り、低学年は個室に入ることを禁止されてましたが 新しい校舎の便所が遠く、良く女子もその便所の個室で用を足していました。 

ある日の休み時間トイレに逝くと真ん中あたりの個室が1つ閉まっていました。 

イタズラ好きの自分は女子が入ってると思いその個室の戸を叩いたり、 

「お~い誰が入ってるんだ~」と叫んだりしたのですが、中からは返事は帰ってきませんでした。 

戸も引っ張ってみたんだけど鍵が掛かってるらしく開きませんでした。 

その後もその個室だけが戸が閉まっており、幾度となく戸を開けようと引っ張りましたが 
開きません、何かの故障で閉鎖してるんだなと思いました。 

1週間くらいして休み時間に用を足しに逝くと、その個室の中から「カラカラカラ」とトイレットペーパーを引っ張る音が聞こえてきた。 

自分は怖くなり立ちすくんでしまいましたが、A君が「誰か入ってるの?」って聞いたら 
個室から「鍵が開かないの助けて」と返答が有りました。 

声の主は直ぐにクラスのN美って判りました。彼女はおとなしい子で今思えば陰鬱な子供です。 

B君が直ぐに先生を呼びに逝き、大人2人かかりで戸を引っ張って無理矢理開けました。
 
個室の中はすごい事になっており、床一面にトイレットペーパーが散乱していて トイレットペーパーにはところどころに血が付いていました。 

N美は呆然として便器にまたがり立ちつくしていました。 

直ぐに先生が保健室に連れて逝き、その場に残された自分たちは怖い物見たさに個室に入ってみました。 

臭い便壷の中を覗くと何と! 青い手首が生えてたんです。 

3人ともものすごい勢いで教室に戻り、その事をみんなに話しました。 

そしたらクラスのほとんど香具師が見に行き目撃しました。 
みんなで出した結論はあれは粘土の作り物だという事になりました。 

それにしてもリアルでとうてい小学生には作れそうも無いようなものでした。 
翌日N美は何事も無かったかの様に登校してきましたが、幾ら聞いても覚えてないと返答するだけでした。 

個室のほうも翌日には使用禁止の紙が貼られ、男子も女子もそのトイレは怖くて使わなくなりました。 

時が過ぎて冬になり漢字の書き取りをしていたときに 教室の真下あたりから「どすんっガラガラ」と静かな教室に音が響き渡りました。 

崖が崩れるような音です。外もみましたが何事も起きてないようです。 
先生も小さな地震でもあったんだろと言ってました。 

春休みにN美は真相を語らぬまま転校していきました。 
噂ではM沢病院に入院したとも聞きましたが・・・ 

3年の夏休みになり2学期から、できたての新校舎に移ることになっていました。 
夏のプール授業に逝ったらちょうどプレハブを壊しているところで、プール授業が終わってみていると床のコンパネを外してました。 

2~3枚外したところで、怒鳴り声が聞こえ現場は騒然としてきました。 
何事かと思い工事のオッサンを振り切り駆け寄って床の下を覗くと 2mX5mくらいの大きさで深さ2mくらい陥没しており陥没してる土の中から骨と思われる白いもの多数と、なんとあの青い手首がみえました。 

これも10人くらいクラスの人間がみています。 
その後の話では陥没したのは防空壕で、出てきた骨は防空壕とは関係ない相当古い人骨だという事を聞きました。 

誰も入れない個室に入っていたN美の行動は? そしてあの青い手首は何だったのでしょうか? 今でも謎です。