HIRO_DSCF2573_TP_V

この前、終電に間に合わなくなった友達を車で送っていったときのこと。 

友達の家からの帰り、新興住宅地の中のどれも同じような道でちょっと迷った。 
気がつくと行き止まりの袋小路に突き当たってた。 

よく見るとそこは駅前の広場だったのね。 
東武野田線の増尾ってところ。 

駅の照明も落ちてて、コンビニが1軒あるけど明かりといえばそれだけ。 

ついでだから何か買い物していくかとその前で車を止めて降りて、えっ、と思った。 

電柱という電柱、歩道の並木の一本一本、コンビニのまわりのフェンス。 
どれにもゴミ捨て場の看板みたいなのが張りついてて、葬儀場がどうとか書いてある。 

駅の真っ正面が大きな建物の建設現場で、それがどうも葬儀場らしかった。 
広大な住宅地のど真ん中なのに。 

こんなところに葬儀場?と思って近づいてみた。 
薄暗い闇に、シートで囲まれたまだ鉄骨の建物が立ちはだかっていた。 

そのとき、誰もいないはずの建物の中から、何かを叩く音が聞こえた。 

コンコン、コン、って。コンコン、ピシッ。 

工事やってるはずないし、人がいる気配もないのに、音だけが響きつづけている。 
あたりは駅前だっていうのに薄暗くて、街もコンビニも静まりかえってた。
 
この世のものともつかない、違う世界に踏み込んだような感じだった。 
なんだか背筋が寒くなって、コンビニにも入らず、すぐに車を出した。 

また友達を送ってくことになっても、もうあの行き止まりには迷い込みたくないな。 
「気」が溜まってるていうか、あそこには何かがありそう。