P1000381_TP_V

義父が亡くなった後の墓参り兼の精進明けで我が家に集まった(お墓の最寄りだったw)際に故義父が好きだった店のうなぎを出前で取った。 
義兄嫁が私に「葬式関係の集まりで鰻なんて非常識って知らないの」って怒り出したの思い出した。 

旦那が精進落としについて説明し、義母が「自分がそこの店を指定した」と説明してくれたところ義兄嫁の怒りがなぜか義兄に向いた。 
義兄は「そんなことは普通に知ってると思っていた」と返事したため、義兄嫁は「わたし帰る!!!」と席を立って騒いだけど車で来たので運転できなくて帰れず。 
私に「客なんだから駅まで送って」と騒いで義兄に怒られて、うちの廊下でしくしく泣いて見せていた。 
うなぎ美味しかった。 
義兄嫁の分は手つかずだったので、入れ物(お重はあちで回収に来るから)移してラップして夜食べた。

そしたら、数日後に義兄嫁から電話が来て「あの鰻どうなった」と聞いてきた。 
私と旦那で半分して食べましたよと言ったら、今すごい鰻が食べたい・・・と泣き出した。 

友達に愚痴ったら精進落とししなかったから、廊下で泣いてた時に餓鬼がついたんだって言われたと。 
廊下って玄関からまっすぐいろいろ入ってくるから、泣いたりしたtら真っ先にとりつかれるらしい。

義兄嫁の友達曰くはもう一回「やり直し」して帰ってもらうしかないと言ってるそうだけど、我が家は義兄嫁に来て欲しくなかったから断った。 
かなり食い下がられたし、泣かれたけど車じゃないと行き来しづらい距離だったこともあって断った。 
翌年の夏ならお彼岸でうちに集まるから、どうしてもならその時にって返事した。 

会ったのは2年後だけど、義兄嫁はもともと細い人じゃなかったけどブクブクに肥えていた。 
何を食べてもお腹がすくと、病院にも言ったけど病気じゃなかったそう。 
そんなになってるとは知らなかった、遅まきながら「やりなおし」をやった。 

墓参りしてから鰻を食べて和やかに別れた。 

翌年あったら確かに痩せてきていた、つきものが落ちた気分だそう。