Yamasha181026109_TP_V

彼はかつて漢方薬の買い付けの為、中国の奥地に入り込んでいたことがあるという。 
その時に何度か不思議なことを見聞きしたらしい。 

「大陸の奥の奥、それこそシルクロードに繋がるあたりに、奇妙な砂丘があったんです。 
 緑成す山を登り切ると、いきなり目の前が見渡す限り砂に変わりまして。 
 ついさっきまで木々が茂っていたのに、それこそ地形に線が引かれたかのように、 
 スパッとそこから砂丘になっているんですよ。不思議な光景でした」 

「地の人に聞いたのですが、この砂丘には不思議な泉が現れていたそうです。 
 森から砂に踏み込んでしまい、行き倒れになり掛かった人がいると、そのすぐ前に 
 突然水が湧き出すのだとか。 
 水はあれよという間に大きな泉へと変じ、その人の喉を潤してくれるそうです。 
 なぜか小さな魚まで泳いでいて、手掴みで取れる程なのだとか。 
 遭難者が活力を取り戻すと、現れた時と同様、あっという間に泉は姿を消すそうで。 
 救われた者も多かったそうですよ」 

「残念ながら、今は森も荒れた兀山に変わってしまい、砂丘も砂漠と呼んでいい程の 
 大きさになってしまいました。 
 不思議な泉も、目撃した人がいなくなって久しいようです。 
 こういうのも自然破壊って言うのでしょうかねぇ」 

彼はどこか寂しげに、この話を締めくくった。