P1020408_TP_V

まだ車の数も少なく、道もほとんど整備されていない戦前、 
足腰の悪い両親の代理で、親戚の結婚披露宴にに出席する為に 
小学生低学年だった叔母は、足の届かない大きな自転車を押して親戚の家に行ったそうです。 

道中、山をひとつ越えるのですが、当時は舗装もなく、半分けもの道のような感じだったそうです。 

披露宴も無事終わり、自転車の荷台に引き出物のごちそうを満載しての帰路、 
山道を倒木が塞いでいました。。 

行きの時はこんなもの無かったはず、と思いながらも、早く帰りたかった叔母は 
必死で自転車を持ち上げて倒木を越えようとしたのですが、荷台に満載した大きな自転車です。 
どうしても超える事が出来ず、途方にくれた叔母は、 

「誰か助けてよ・・・ごちそうあげるから・・・」 
とつぶやいたのだそうです。 

途端、ふいに自転車が軽くなり、簡単に倒木を超える事が出来、 
ほっとして後ろを振り返ると倒木は消えていたそうです。 

不思議に思いながらも帰宅すると、荷台に満載していたはずのごちそうが、 
入れ物だけを残して綺麗になくなっていたそうです。 

「もじなに化かされたんだっぺなぁ」 
叔母は笑いながら話してくれました。