KUMA1892103_TP_V

山村で生まれ育った爺さんがまだ少年だった頃、テツという犬を育てていた 
朝と夕方にテツと散歩をするのが爺さんの日課だったんだけど、長雨の後、数日振りに散歩へ行くとおかしな物を見つけた 
川の澱みに何か黒っぽいものが浮かんでいたそうだ 
「土左衛門か?」と思ってそれへ駆け寄ろうとしたら、テツが唸り声を上げて近寄ろうとしない 

仕方なく、テツをそのままにしてその物に駆け寄ると、それがのろのろと立ち上がった 
それが何だったのかは爺さんにも分からなかったらしい。肌は白いような灰色のような感じで、着ている着物のような物は汚れて泥まみれ 
黒い空洞のような目と口をしていて右腕は枯れ木のように細いのに左腕はがっしりしていたそうだ 
それが「あー・・・」といううめき声を上げながら少しずつ爺さんに近寄ってきた

爺さんは身が竦んで動けず、それがちょっとずつ近づいてくるのを見ていることしかできなかったんだけど 
もうちょっとでそいつの手が届くという所で、いつの間にかやって来ていたテツが飛びかかってそいつの腕に噛み付いた 
そいつは「あー・・・」と同じうめき声を上げながらテツを払いのけようとしていたんだけど、テツも必死で噛み付いているので引き離せない 
やがてテツとそいつとバランスを崩して川へ落ち、流されていってしまった 

爺ちゃんはまだしばらく動けなかったが、ハッと気が付いて「テツ!」と名前を呼びながら下流のほうへと走っていった 
300メートルくらい先の川べりにテツの死体が流されていたそうだ。何かで突き刺したのか胴体に刺し傷が何箇所か残っていた 
そいつがいないのを確認した後、テツの死体を担いで村へ戻って起こったことを村の人に話した 

「山の悪いモンが雨で川に流れて、澱みに溜まって形を作ったんだろう」と爺さんの爺さんが教えてくれた 
その澱みはすぐに村の人間に埋め立てられて、そいつの姿を再び見ることはなかったらしい 

事件の次の日、子供の頃からかわいがっていたテツを亡くしてショックを受け、家に篭っていた爺ちゃんの許へ近所に住む女の子がやってきた 
その女の子は「大の男がいつまでメソメソしとるんや!みっともない!」と言って爺ちゃんを張り倒したそうだ 
まあ、その女の子が俺の婆ちゃんになるんだけどさ