Sneko210DSC03408_TP_V

M先生が中学生の時猫が毎日のように轢かれていた。
それを見た校長先生が思いつきで猫の遺体の回収・埋葬のボランティアを決意。 

その場にいたM少年、他数名の生徒にも手伝うよう要請(巻き添え) 
毎朝遺体を袋に入れて回収して校長先生に渡していたそうな。そして一応校長先生に塩降られてからそのまま授業へ。 
(M先生は「今思うと毎日全身塩だらけで授業受けてたwwwww」と草生やしてた。)

ある日、手間取って遅刻寸前になり校長先生から「もういいからクラスに行きなさい」と塩撒きなしで出席。 
その晩の事、M少年が寝ていると金縛りにあい、どこからともなく猫の鳴き声が聞こえてきた。 
そして足元から大量の猫が体の上をダッシュ。 

「あーこれまで回収してきた猫たちか。お礼でも言いに来たのかな」と思うも
「みゃああああああああああああああ」という鳴き声とともに顔まで遠慮なく踏まれていったそうな。羨ましい 
(顔を手でムニムニしながら「こんな感じだったよ」と言ってた。)

翌日からはそのボランティアもなくなったそうです。おわり 
話してもらったのが10年近く前だからあやふや