P1040481_TP_V

春の晴れた日のこと。友人宅に遊びに行き、ドアチャイムを押した。 
友人は在宅のはずだったが、応答がなくしんとしている。 
玄関先を離れると、庭におじいさんがいるのが見えた。 

大きなブリキ製のジョウロに、ホースで水を注ぎ込んでいる。 
庭には簡易な造りの台がいくつも並べられており、 
その上にはシクラメンの鉢植えがずらり。100鉢ほどありそう。 
立ち去ろうとしていたのだが、目が合ったので挨拶をした。 

「こんにちは。○さんはおでかけ中ですか?」 
おじいさんはそれには答えず、ブリキ製のジョウロを手渡してきた。 
「向こうから…」と、台の端を指さすおじいさん。 
なぜか鉢植えの世話を手伝うことになった。 

足つきの陶器の鉢だったり、黒いビニール製のポット苗だったり、 
シクラメンの花も桃、白、紫とさまざま。 
たまにシクラメンに似た、だけど葉っぱが違う、別の花がまじっていた。 
「全部シクラメンかと思ってました、これカタクリの花ですよね」 
返事はない。おじいさんはとても寡黙な方のようだ。 
「きれいに咲きましたね」と言うと、無言でうなづいていた。


…という夢をみたんだ。 
どこかほほえましい内容だったので、その友人に 
「こんな夢みたよ、○さん居なかったけど」とメールを送った。 
夢に出てきたのは、友人が以前ひとりで住んでいた家だった。 
持ち家だと聞いていたが、家族は他県へ移住しており 
その後友人も引っ越してしまった。今は空き家になっている。 

「出窓に置いてたクラメンの鉢植えが、今日一輪咲いてた。なんか偶然」 
友人から、花の写真が添付された返信がきた。 
次の日、もう一通メールが届いた。 
「じいさんが生きてた頃、自分は覚えてないけど 
 あの家の庭にカタクリが植えてあったって叔母が言ってる」 

夢に出てきたおじいさんの風貌を聞かれたので 
「登頂部不毛、細身長身、すこぶる寡黙。 
 全体的に肌色だったから、ひょっとして全裸だったかも」と答えた。 
「それ全裸じゃなくてラクダの上下。水やり手伝ってくれてありがとう」と言われた。 
単なる夢と偶然と言ってしまえばそれまでだが、何だか嬉しかった。