nichinan0I9A3655_TP_V

小学校前の横断歩道、信号待ちの車に単車が追突した。 
横断中の児童及び乗用車の教職員には怪我は無かったが、 
単車の男は死亡したそうだ。 

男の親が小学校にやって来て、息子を返せと騒いだが 
校長はのらりくらりとかわしていたらしい。 
しかし、この親にしてこの子あり。 
児童の枕元に男の幽霊が出ると複数の保護者から連絡を受け、 
校長は墓前に教職員で謝罪しようかと考えていたそうだ。 
そんな時、保護者の一人である神主が「任せろ」と電話して来た。

神主に言われた通り関係者を集めたら 
「幽霊は祓うから心配しなくて良い、念の為、今すぐお墓参りをしなさい。」 
と言うと神主は横断歩道に行ってパタパタとお払いをしたらしい。 
それで、幽霊騒動は収まったそうだ。 
貧乏神社の兼業神主がお礼を受け取らなかったので 
PTAの役員達が別名目で一席設けた、 
その時、追突された教職員には幽霊が一度も現れなかった事を聴くと

「多分、男は追突して死ぬまでの刹那 
 目にした子供達に恨みを抱いたのでしょう・・・ 
 車の中にいたので男に見られなかったとは言え 
 いい迷惑ですね。」 
と赤ら顔で言ったらしい。 
後日談だが、その後 
神主の元に色々な相談者達が駆けつけたらしいのだが 
なんだかんだと言った後 
「念の為、お墓参りをしなさい。」 
と言って100円のお守りを売り付けていたらしい。