KM18923020_TP_V

後輩は4人兄弟で体験したのは1番上の兄貴。 
その兄貴が小学校低学年の時の話だ。 
その日、兄貴は友達数人と近くのグランドで野球をして遊んでいた。 
グランドの周りは雑木林になって薄暗かったそうだ。 

野球をしていた兄貴がふと雑木林の方を見ると誰かがこちらを見ていることに気づいた。 
よくみると、それは自分たちと同じ歳位の女の子で木の陰から顔を半分だけ覗かせてこちらをじっと見ている。

知らない子だったがずっとこちらを見ているので、一緒に遊びたいのかと思った兄貴は友達と相談して女の子に声をかけ仲間に入れてやろうということになった。 
野球を中断しみんなで雑木林の方へ行くと 
「一緒に遊ぼうよ」 
と相変わらずこっちを見ている女の子に声をかけた。 
すると女の子は木の陰に顔引っ込めて隠れた。 
兄貴達は女の子が恥ずかしがっているのかなと思い「ねぇ」と声をかけながら木の陰を覗き込む。 
しかしそこには誰もいなかった。

「あれ?」 
おかしいなと思いながらあたりを見回すと、別の木の陰からさっきと同じように顔を半分出した女の子がこちらを見ている。 
兄貴たちはまた声をかけながら女の子の方に近づいていった。 
しかし女の子はまた木の陰に隠れてしまう。 
またみんなで木の影を覗くが女の子はいない。 
そしてまた別の木の陰からこちらを見ているのに友達が気付いた。 
兄貴たちが近づくと顔を引っ込め、木の陰を見ると誰もいない。 
しかも女の子が移動する瞬間は誰も見ておらず、いつの間にか別の木にいる。 
そんなことが何度も続き、兄貴たちはだんだん気味が悪くなってきた。

そのうち誰からともなくもう帰ろうということになり、女の子はほっといて帰る事にした。 

帰り道、さっきの子 
気持ち悪かったななどと話していると友達の1人が急に叫んだ。 
そいつは後ろを見て 
「あれ!あれ!」 
と何かを指差している。 
みんなが後ろを振り返るとさっきの女の子が電柱の陰から顔半分だけ出してそこに居た。 
気味悪さを通り越して怖かった。 
それは友達も同じだったようで 
「逃げよう!」 
誰かが叫んで走り出そうと前を向くと、今まで後ろにいたはずの女の子が前方の電柱の陰から顔を半分出している。 
ありえない。 
これは人間じゃない。 
兄貴たちはパニックになり悲鳴を上げてばらばらに逃げ出した。

兄貴は目をつぶって電柱の横を走り抜け全速力で家まで帰ると、押し入れの中に逃げ込み親が帰ってくるまでずっとそこで泣いていた。 
「家に入る瞬間、振り向いたらまた居たんだよね。電柱の陰からこっち見てた。」 
その後、この女の子を見た事はなく、この一回だけらしい。 
遊びたかっただけなのかも知れないが、顔を半分しか出さないのに何か意味はあるのかな?と想像すると結構怖い。