AL203elvdoki320140830110541_TP_V

一年くらい前、前の職場で外回りから後輩と帰ってきて、 
ぼーっとエレベーターを待ってた。 

時間は20時ちょい前でエレベーター付近は何人かいたけど、 
乗ろうと待ってたのは俺と後輩二人だけだった。
 
で、エレベーターが開いた時ぎょっとした。

全く同じ表情というか顔をした10人がボーリングのピンみたいに並んでた。 
そいつらはどっか明後日の方を向いたままニヤニヤしてた。 

その光景があまりにも異質で、声も出せず動けずにいたら、そのまま扉が閉まってエレベーターは上に行ってしまった。 
なんだあれ?とパニクってたら後輩が 
「ここ一階っすよね?あの人達なんで降りなかったんすかね?」 
と言われてはっとした。 

結局あれがなんだったのか未だに不明。 

その後、仕事で理不尽なことが続いて降格を機に退職して地元に戻った。